2009/3/31  22:37 | 投稿者: ikkomusic

「変わる 見る 聴く 遊ぶ〜最新AV機器案内」にいつも私が感じていた音楽観が書いてあり、びっくりしました。そう感じているのは私だけじゃないんですねえって素直に思ったわけです。
例えば「地球上のいかなる資源も使わず人間が脳を使って無から生み出し、言語や国境、人種の壁を越えて思いを伝える偉大な発明」とか
「21世紀に入り、音楽はその普及手段を一変させつつあります。従来のレコードやCDといった有形の記録・再生媒体から、インターネットなどからデータをダウンロードする『音楽配信』へ移行しているのです」とか。
でもね、ちょっと違うんじゃない?と思ったのは
「レコードが一般的でなかった19世紀には、楽曲を記号データ化した楽譜が唯一の普及手段でした。演奏をデータ化した音楽配信は考え方こそ違いますが、有形の記録・再生媒体ではない点で共通し、また理にもかなっています。」というくだり。
確かに楽譜は楽曲を記号データ化したものです。が、それを再生するためには才能や長年にわたる訓練が必要不可欠です。ちょっと操作を覚えれば聴けるiPodなどとは全く異なる記録・再生媒体です。有形無形を問わず、いつでもどこでもどんな形でもどんな演奏形態の音楽も聴けるAV機器とはかけ離れたものですね。前回のにも関連しますが、楽譜というものはいずれなくなっていき、楽譜から音楽を読み取る力=ソルフェージュ能力は伝統芸能的職人技となる日もそう遠くはないかもしれません。
0

2009/3/27  22:07 | 投稿者: ikkomusic

最近考えさせられてしまいます。
先日も名前は忘れましたが・・・若いアーティストの歌を何気なくTVで聴いてたんですが
上手いんですよ!ハモりが。そういえば今活躍している人達、皆上手いですねえ。歌唱力とハーモニーの上手さではコブクロが1番でしょうか?でもどのユニットもたいていハモれますよねえ。レミオロメン・スキマスイッチ・EXILE・そして東方神起(笑)
クラシックを勉強してきた私達は一体何をやってきたんだろう?!って思ってしまいます。
リズムのノリでもハモりでも、当然ダンスでも?かなわない。
音大でクラシックを勉強してきた人間はきっと『楽譜から音楽を読み取る』ことにかなり重点をおいた勉強をしてきてしまったんでよね。それって、過去の作曲家の作品を楽譜から読み取る(それしか方法はありませんからねえ)ためにはとても重要な作業なんですが、今の音楽はそこはあんまり重要じゃない。だってPCや携帯その他音源があれば24時間いつでもどこでも『聴く』ことができて楽譜から音楽を読む必要がないんですから。そのぶん音楽の本質をダイレクトに取り入れて自分のものにすればいい。リズム感・ノリ・ハーモニー・民族性などなど。
音楽的に劣っている人間が音楽を教えているなんて時代ですかね?
学校の音楽の先生、レスナーの皆さん、目覚めましょう!!!
0

2009/3/25  20:56 | 投稿者: ikkomusic

今NHKの『春うた』で大橋のぞみちゃんが『今日の日はさようなら』を歌っていました。それを聞いて思わず「ん?」
私の中では『今日の日はさようなら』は6/8拍子だったんですが…今のはおそらく4/4もしくは12/8。
最近という訳ではなくポピュラーの世界では8ビート中心ですし、またピアノを、音楽を教えていると、日本人はやっぱり3拍子系(6/8含む)が苦手だなあなんて思ってたから、ああこれもか〓っていう気持ちになりました。これって致し方ないんでしょうかねぇ?
そんな中、『獣の奏者エリン』のオープニング曲(スキマスイッチ)が新鮮です!Ikko Ishimoto
0

2009/3/18  23:04 | 投稿者: ikkomusic

今生徒がレッスンでしているので、CD借りて聴いています。そしたら次女がとても興味を持ち出して、「私が弾ける♪にしてよ」というのです。=1点ド〜2点ドくらいの音を中心に・・・ということらしいです。
必死でPCで打ち込みました。
『キセキ』のよさは・・・素直な感情の放出感でしょうか?アコピ+8ビートでナチュラルに始まったかと思えば16分音符の軽いスウィング〜はベースを効かせてドラムスもノリノリ、ラップもあって・・・でも詩は自然な若い人の初々しい恋をうたっていて・・・なんて感じ。好印象なんでしょうね、最大公約数的に。
レミオロメンの『粉雪』も好印象ですが、彼らの方が繊細で、美声かな?Greeeenはブルーハーツを思い出させるような強い感情の吐露があるような気がします。
もうすぐカラオケで歌えるようになりますよ。今度は東方神起の『呪文』歌える?(しゃべれる?踊れる?)ようになりたいな!
0

2009/3/10  8:17 | 投稿者: ikkomusic

流政之さんの言葉が四国新聞に載っていました。
とてもおもしろいと思ったのが「芸術は質より量だ」。
「量をこなせない作家に質の高いものは作れない」は実は音楽の世界にも通じるのでは?また「ただ遠くを見るんだよ」
私も香川にいながら幅広く音楽を感じ、遠い「これから」に想いを馳せながら今を走って行きたいと思っています。
0

2009/3/9  22:22 | 投稿者: ikkomusic

昨日でした。
演奏者の皆さんはそれぞれの個性をFULLに出し切られてとてもよい演奏をされてました。
来年も開催予定です!来年も是非ご来場下さい。
0

2009/3/5  23:17 | 投稿者: ikkomusic

です。一昨年は武蔵野音楽大学同窓会香川県支部の50周年記念演奏会を開催いたしましたので、アミーチムサシノとしては3年ぶりの開催となります。
今回はフルート2組、声楽2組、そしてピアノのデュオ3組の計7プログラムでの開催です。本番を3日後に控え、出演者の皆さん練習に余念がありません。
入場料も¥1,000ですので、どうぞ皆様ご来場ください。
おっと!!!3月8日(日)14:00開演、会場は高松テルサです。
1

2009/3/2  22:37 | 投稿者: ikkomusic

最近さっぱり書き込んでませんねえm(_ _)m
なんか音楽に関するすご〜いことを書こうと意気込みすぎたらだめですねえ。
そうそう今朝のワイドショー、EXILEが7人→いきなり14人になったという話題で持ちきりでしたね。
J SOUL BROTHERSだったっけ?EXILEの弟分だったグループを吸収合併?(笑)しちゃったんですよね?
EXILEはいまや押しも押されもせぬユニットですが、この地位をずっと続けていくためのメンバー補強だとか。徳川家康の幕藩体制のようにも取れます(笑笑)
彼らはこのブログのテーマでもある『これからの音楽』=音楽の未来を予見させてくれるようなユニットだなあとずっと思っていました。
歌とダンスのよいところだけをくっつけちゃったんですからね。こうしているこの瞬間にも世界中の音楽はすごい勢いでくっつき合っていていつどのようにかはわかりませんが、いつか飽和状態になるような気がします。そしたら次は一番近い音楽とダンスを同時に楽しめる「新しい何か」が生まれ(音楽とダンスは昔から結婚してたんですが)、その次は音楽と・・・???
0




AutoPage最新お知らせ