2009/10/6  22:00 | 投稿者: ikkomusic

以前から、生協カタログのCD,DVDのコーナーはごく一般の方の好みを写す鏡だと感じて注目しているんですが、今回のカタログになんと!『TOHOSHINKI 4th LIVE TOUR 2009 -The Secret Code-FINAL in TOKYO DOME』のDVDが出てました。生協会員の皆さん、買いますかねえ?(@0@)
でもこのDVDは一体どのくらい売れるんでしょう?そのカタログにのべ25万人をライヴで動員!って書いてありました。やっぱすごいです!『世界の東方神起』です。
以前にも言いましたが、質の高い物を作り上げたい人がいて、それを表現できるアーティストがいて、その良さを認められるお金持ちがいて、投資して、さらに良い物に仕上げて、世界中の人に聴いて(観て)もらって多くの人とその良さを分かち合えて・・・投資した人にはそれなりの利益が戻ってくる・・・なんか真っ当な芸術活動&経済活動のように思えるんですが、皆さんはどう思いますか?
そこには個人の想いを越えたそれぞれの大切な役割が存在すると思うんです。アートを創る人、表現する人、投資をする人、正しい判断ができる多くの人・・・それぞれにはそれぞれにしかできない役割があります。誰が見ても不当なギャラに文句を言いたくても、お母さん孝行したいと純粋に望んでも・・・その役割を遂行しましょう。それが天があなたたちに与えた役割であり、新しい芸術の歴史を創るということだと思うんですよ。
0

2009/10/6  12:53 | 投稿者: ikkomusic

用事もあったので、高松市美術館に行って『高橋留美子展』覗いてきました。いやぁ!高橋留美子ファンにはもうサイコーの企画ですね!また行きますよ。っていうか1人で平日昼間に行ってきたので大ファンの娘達に怒られてしまいますから(;^_^A連れて再び行って来ますよ。何がよかったかと言うと基本全てがよかったんですが特に『MY LUM』という有名漫画家が『うる星やつら』のラムちゃんをを描いたものがずら〜っと展示してあります。『タッチ』のあだち充さん、『名探偵コナン』の青山剛昌さんらホントに「超」がつく有名漫画家さんらが『讃歌』と呼んで過言ではないコメントを付けて提供してるんです!
ついついお土産買って帰ってしまいました(笑)写真は消しゴムとクランチチョコ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/5  22:51 | 投稿者: ikkomusic

音楽って得体が知れないっていうか・・・言葉や数式で説明仕切れない部分がありますよね。それが『音楽』の素晴らしいところなんですが。だから自分がなぜその曲を好きなのか、その曲のどこが好きなのか、その曲が好きなのかその曲を聴いていた頃の自分が好きなのか、などなどは一般的にはよくわからないのでは?
ただ、我々レスナーや演奏者・教師らはその音楽の1部分でもいいから『音楽そのものの良さ』を伝えて、皆さんに音楽そのものの良さを聴いて選べるようになっていってもらえる努力をすべきなんじゃないかと思うんです。それがひいては、前述の新しい音楽にも興味を持ってもらえる方を増やしていけることに繋がると思うんですよね!
まずは自分達がそうでありつづけることが肝要ですね☆
0

2009/10/5  22:29 | 投稿者: ikkomusic

最近、東方神起やらUNOのCMやらとイケメン好きで浮ついた感じになっているこのブログですが(笑)、ここらでちょっと中身のあることを書こうかなという気になりました。
でも結局一緒でしょうか・・・以前からいろいろな方々の前で演奏していて感じたことです。少しでも皆さんに喜んでいただこうと思い、機会がある度に「どんな曲がお好きですか?どんな曲が聴きたいですか?」とよく聴いてきました。「半ばは他人(ひと)の幸せを。半ばは自己の幸せを。」の言葉じゃありませんが、自分が演奏してみたい曲と同時に皆さんが聴きたいとリクエストしてくださった曲を混ぜ混ぜにして演奏してきたつもりです。
で、やはり年代を問わず感じるのはその方が一番多感だった時期に聴いた歌・好きだった歌手の歌・観てた映画やドラマのテーマ曲などが多かったかな?と結論が出つつあるんです。
で、ここで提案!40代でも50代でも60代でも70代でも80代でも・・・若いときに聴いた曲が記憶に残っているし、それを聴きたいとおっしゃっているんですが、是非ご自身の青春時代よりずっと後の音楽で好きな曲を探して実際に聴いていただくといつまでもお若くいられるのでは?と
人生の先輩方には、大変失礼な言い方かもしれませんが、いくつになっても10代・20代の頃に聴いた曲ばかりを懐かしがっているのはもったいないし、後ろ向きのような気がしますよ。「今の曲はどこがいいやらさっぱりわからん」とお思いでしたら、その質問を若い方にぶつけてみてください。まだ30代・40代・50代の方は是非今からとりあえずいろいろな曲を聴いて新たな音楽の世界を広げることをお勧めします。
0

2009/10/5  22:09 | 投稿者: ikkomusic

前に書いた東方神起のメンバーホメホメ第2弾です。ユチョンってとっても魅力的で、声も個性的でラップがうまくてきっと英語ペラペラなんだろうなって感じ。でも私の中では東方神起のいじられキャラというか・・・お笑い担当的イメージがなんとなくあったんですね(笑)
それが、-The Secret Code-FINAL in TOKYO DOMEではスマートでかっこいいイメージ全開!!!ヘアスタイルも今回のが好きですね。それにO型男性ですから情に厚くて涙もろいのでは?声質からの感じよりずっと高音も出るし・・・素敵です☆
0

2009/10/4  23:16 | 投稿者: ikkomusic

ブラームスの大学祝典序曲と交響曲の4番、グノーのファウスト〜というプログラムでした。皆さん一生懸命演奏されていました。予想通りブラームスの4番がよかったですね。ちょっとお客様が少なかったように感じられたのが残念でした。アンコールで初めてヒッチコック劇場のテーマがグノーの作曲だと知りましたよ。すみません、不勉強で・・・
で、今日の演奏とは直接関係ありませんが、オーケストラの演奏を聴いていてピピッときたことが。オーケストラの前方には弦楽器が並ぶことは皆さんよくご存知ですよね。第1ヴァイオリン・第2ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバスの5つの楽器が並びます。後方には木管楽器・金管楽器・打楽器が配置されていますね。
ん?んんん?これって東方神起のライヴみたい(無理やりでしょうか?・笑)!
主役である東方神起の5人が前方で「メロディ&ハーモニー」を聴かせます。バックには超ウマイバンドが・・・DVDの中で紹介していますが、ドラムス(Toshiyuki Takao)+パーカッション(Masao Fukunaga)、ベース(Kazuhiro Sunaga)にギター(Kiyoto Kondo)そしてBAND MASTER&KEYBOAD(Yoichiro Kakizaki)という5人が。ベースを管楽器の低い音域の楽器、ギターを高い音域の楽器とすると・・・ね!東方神起は5人+5人=10人でオーケストラをしてるってことですよね!もちろん、彼ら5人にはオーケストラの弦楽器群ほどは、音域による明確な役割分担はありませんが(これは「Il DIVO」の方があるでしょうか?^^;)時にハーモニーをつくり、時にポリフォニックな動きをし、またあるときはトゥッティで盛り上げるという音楽のつくりは同じなのでは?低音の足りない部分はベースが補ってますね。
ただ、オーケストラの打楽器は全体のスパイス的な要素が強いのに対して、東方神起の楽曲ではほとんどはパーカッションなしには音楽が進行しないという違いがありますね。あと全体の音楽をまとめるのがバンマスかな?コンマスより支配しているって感じ。そしてステージには現れない『影の指揮者』=PAさん(彼らの中ではなんて呼ぶんでしょうか?何か違う呼び方・違う立場・違う支配力があるように思いますが^^;)
オーケストラという演奏形態から考察した東方神起でした☆
0

2009/10/4  23:09 | 投稿者: ikkomusic

いやあ、面白かったですね!今日の「おしゃれイズムSP」。以前に『注目』しているCMということで書いたUNO FOG BARのCMに出演してる妻夫木聡・小栗旬・瑛太・三浦春馬の4人がゲストという1時間SPでした。CMの間に腰掛ければいいや、なんて軽い気持ちで立って観ていたらなんと最後まで彼らのUNOのCMだけだったので、1時間中立ってるはめになってしまいました(笑)
2

2009/10/3  22:42 | 投稿者: ikkomusic

カラオケで歌ってきました。
PVのバージョン、いいですねえ☆☆☆マイナス1になっているっていうか・・・主旋律歌うとハモってくれます(笑)でメインヴォーカルの・ジェジュンのところは彼が歌っている映像は出ているけど声は自分!!!なんて最高!です(^^;)
皆さんも是非歌ってみてください。
0

2009/10/3  22:29 | 投稿者: ikkomusic

10月18日(日)13:30〜と15:30〜の2ステージ、高松市美術館講堂であります。昨年同場所で開催されたんですが、大変たくさんの皆さんが聴いてくださいました。講堂のキャパがあまり大きくないので、お問い合わせの際にお断りさせて頂いた方も多かったということで、今年はそういう申し訳ないことにならないよう2ステージでお届けします。
今年のテーマはズバリ「アンサンブル&ポピュラー」でしょうか。もちろんクラシックもしっかり演奏いたしますが、たかまつ楽器講師は、アンサンブルもポピュラーもOK!ということで、『イパネマの娘』『SHE』『めぐり逢い』などの往年の名曲もお聞かせいたしますよ。
え?私?私は『ダンスはうまく踊れない』を歌います(笑)だってそのままですものね!
なにしろ入場無料なので、整理券がなくなる前にとにかく「お早めに」087−866−5757(たかまつ楽器)までお問い合わせ下さい。
0

2009/10/2  0:26 | 投稿者: ikkomusic

またまた東方神起の話題ですみませんm(__)m
東方神起は5人が5人とも素晴らしい才能に恵まれていて甲乙つけがたいんですが、『歌』に限定してしまうとやはりジェジュンが一番!!私は長い間ベルカント以外の自分の歌い方を悩んできましたが、彼が答えを教えてくれそうです☆良い声で個性もある、でも上手に声を逃がしたりはったり…しかも観せ方も美しい(;^_^A私の先生です。
あ、でも他の4人もすごく誉めたいのでまた書きます。
0




AutoPage最新お知らせ