2009/10/4  23:16 | 投稿者: ikkomusic

ブラームスの大学祝典序曲と交響曲の4番、グノーのファウスト〜というプログラムでした。皆さん一生懸命演奏されていました。予想通りブラームスの4番がよかったですね。ちょっとお客様が少なかったように感じられたのが残念でした。アンコールで初めてヒッチコック劇場のテーマがグノーの作曲だと知りましたよ。すみません、不勉強で・・・
で、今日の演奏とは直接関係ありませんが、オーケストラの演奏を聴いていてピピッときたことが。オーケストラの前方には弦楽器が並ぶことは皆さんよくご存知ですよね。第1ヴァイオリン・第2ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバスの5つの楽器が並びます。後方には木管楽器・金管楽器・打楽器が配置されていますね。
ん?んんん?これって東方神起のライヴみたい(無理やりでしょうか?・笑)!
主役である東方神起の5人が前方で「メロディ&ハーモニー」を聴かせます。バックには超ウマイバンドが・・・DVDの中で紹介していますが、ドラムス(Toshiyuki Takao)+パーカッション(Masao Fukunaga)、ベース(Kazuhiro Sunaga)にギター(Kiyoto Kondo)そしてBAND MASTER&KEYBOAD(Yoichiro Kakizaki)という5人が。ベースを管楽器の低い音域の楽器、ギターを高い音域の楽器とすると・・・ね!東方神起は5人+5人=10人でオーケストラをしてるってことですよね!もちろん、彼ら5人にはオーケストラの弦楽器群ほどは、音域による明確な役割分担はありませんが(これは「Il DIVO」の方があるでしょうか?^^;)時にハーモニーをつくり、時にポリフォニックな動きをし、またあるときはトゥッティで盛り上げるという音楽のつくりは同じなのでは?低音の足りない部分はベースが補ってますね。
ただ、オーケストラの打楽器は全体のスパイス的な要素が強いのに対して、東方神起の楽曲ではほとんどはパーカッションなしには音楽が進行しないという違いがありますね。あと全体の音楽をまとめるのがバンマスかな?コンマスより支配しているって感じ。そしてステージには現れない『影の指揮者』=PAさん(彼らの中ではなんて呼ぶんでしょうか?何か違う呼び方・違う立場・違う支配力があるように思いますが^^;)
オーケストラという演奏形態から考察した東方神起でした☆
0

2009/10/4  23:09 | 投稿者: ikkomusic

いやあ、面白かったですね!今日の「おしゃれイズムSP」。以前に『注目』しているCMということで書いたUNO FOG BARのCMに出演してる妻夫木聡・小栗旬・瑛太・三浦春馬の4人がゲストという1時間SPでした。CMの間に腰掛ければいいや、なんて軽い気持ちで立って観ていたらなんと最後まで彼らのUNOのCMだけだったので、1時間中立ってるはめになってしまいました(笑)
2




AutoPage最新お知らせ