2009/10/23  9:35 | 投稿者: ikkomusic

韓国で不振、最終話を待たずに打ち切りか?なんていう記事がネットに出てましたが、私に言わせれば「当り前じゃん!」です。
彼らは、5人で1つのアーティスト!!!片手間にドラマ出演させてはユノも他のメンバーも気の毒です。
0

2009/10/23  8:42 | 投稿者: ikkomusic

レスナーとしての経験からだけの判断なんですが、日本の老若男女の多くは3拍子系(6/8を含む)が苦手だと感じています。農耕民族だから、或いは騎馬民族ではないから→2拍子系の民謡・労働歌が生まれ受け継がれてきた=舞踊にも3拍子系は見られない。また以前にも書きましたが明治以降の3拍子はヨーロッパの音楽を無理やり取り入れたベタッとした3拍子で、もともと持っていたリズムではないし躍動的でもないんです。そう!3拍子系ってダンスや乗馬から生まれた楽しくて躍動的な拍子なんですね。ピアノや歌・その他楽器を習得して音楽を楽しむなら、3拍子の楽しさを知っているにこしたことはありません。でもほっとくと日本人はその楽しさを知らずに生きていきますよ、きっと。
そこで、幼児期のまっさらな脳にきちんと躍動的な3拍子を入れてあげればいいんじゃないかと思ってかなり幼児期の音楽指導の要点として捉えているんですが、前に書いたとおり、週に1回レッスンの時だけ指導しても限界があるなあと思っているんです。では、幼稚園・保育所ではどう?と思っていたら以前書いたとおり。かなり危機感があります。最近は『ぞうさん』すら知らない幼児も増えてきたような・・・どうしたらいいんでしょうねえ。
1

2009/10/23  8:04 | 投稿者: ikkomusic

外がうっすらと明るくなる夜明け直前!意識が少しずつ覚醒するとき、私はよく「何か」がひらめきます。
今回も・・・このテーマが。
彼らが「かっこいい」ということはけして否定しませんが、ここでいう『東方神起』とは、表面に出ている彼ら5人+バンドの5人の10人だけではなく、多くのコンポーザー・アレンジャー・有能な音楽プロデューサー・ダンスや映像の関係者などなど全てを含めた『東方神起(音楽&ヴィジョン)プロジェクト』のことだと思ってください。
で、テーマの答え!「『東方神起』は今自分が持っている『音楽』という概念(言葉で言い表せるものも表せないものも含め)の『象徴』」だから☆と思ったわけです。
彼らの音楽は、もちろん個性的なものもありますが、全てじゃない。バラードなどは万人に受け入れられるいわゆる「フツー」のものもたくさんあります。ジャズっぽいものもあればクラシックっぽいものもある。あくまで「ぽい」です。それから、『舞曲』であるところのダンスナンバー、これも直線的なものもあればグルーヴ感の強いものもある。そしてフォーメーション。
・・・アコースティックっぽいものもあれば、アカペラもでき、かと思うとコンピュータ処理された近未来的なものもあり、それと同化された映像・照明も・・・
そう彼らは私の中の音楽の過去・現在・未来の全てをみせて(魅せて?)くれるものなんです。
そして、何より素晴らしいのは、それがとても多くの人々に受け入れられているということなんです。一体彼らを統べる方というのはどんな人なんでしょう?!
0




AutoPage最新お知らせ