2010/1/31  23:41 | 投稿者: ikko

今日は観ました!「竜馬伝」。考えさせられました。懸命に剣の修行をしてきた竜馬は黒船を見たことで心が乱れます。日本人の想像をはるかに超えた黒船、それに剣で立ち向かうことなどできはしないと。
この図式ってデジタル音楽とクラシックのアコースティック音楽のようで・・・
まあ音楽は勝ち負けではないので、そんなに単純なことではないんですが。私は「道」という字がつくものが好きです。「茶道」「書道」「華道」「柔道」「剣道」「合気道」「装道」などなど。心身の姿勢をただし、鍛えてくれます。ピアノの習得もどちらかというと「ピアノ道」っぽいでしょうか?姿勢をただし、心身を鍛えなければよい演奏ができませんから。それに対して、今われわれの身の回りに氾濫しているのがデジタル音。いつでもどこでも気軽に音楽を楽しめますし、PCを使って作曲をすることもできます。望めば世界中の音楽を聴き世界中の人と意見を交換したりもできます。これも立派な音楽活動。
今後の竜馬は、黒船と戦うことではなく外国の文化を上手に取り入れ自身のなすべきことがしやすいように考えて行動していくことになるでしょうが、私も考えていかねばんりません。
0

2010/1/31  23:31 | 投稿者: ikko

え?コンサートの報告ってカテゴリ、間違ってない?って思われた方もあるかもしれませんが、「オーシャンズ」の自然界の映像からめっちゃ音楽感じたんです!!!もちろんバックにもいい音楽がつけられていてそれはそれでよかったのですが、それがなかったとしても、そこに音楽は確かに存在したのです。
波・流線型のイルカや鯨の泳ぐさま・タコやイカの泳ぐさま・小魚がするまるで1つの大きな生命体のような動きなどなど・・・。自然はそこにあるだけで私たちに大きな感動を与えてくれます。
1つだけ気になったのは・・・もちろん海の生物を保護し、絶滅させることだけは絶対に阻止しなければならないのですが、海洋民族として魚や鯨を食してきた日本人としては、「保護=食べるな」という短絡的な話にみえて100%納得はできなかったでしょうか?皆さんはどう思われますか?
0

2010/1/29  22:12 | 投稿者: ikkomusic

you tubeで観ました。なんか悲しくなっちゃった・・・みんなで歌ったり踊ったりしているシーンなかったし。
これではもう解散したも同然ですね。残り火っていうか・・・あのハーモニーとダンスのフォーメーションが彼らの良さだったのにね。で、you tubeで彼らの若いときの(今でも若いんですが)「HUG」観ました!!!かわいいですね〜少年でしたよ。チャンミンもジェジュンもかわいかったけど、1番ギャップがあったのはユチョン(@o@)男の子って感じ。彼らが東方神起として過ごしてきた歳月を感じます。これから離れ離れになるとしても、それぞれが新しいアートに向かって頑張ってくれることを祈るのみです。
0

2010/1/29  16:51 | 投稿者: ikko

やっとちょっと面白くなってきました!勝之進とのLOVEや「発心」のことなどなど。会社のポリシーって大事ですよね☆人と人とをつなぐ・・・私の役割でもあります。
0

2010/1/27  22:58 | 投稿者: ikkomusic

母校の武蔵野音大演奏部長池田先生と一緒に高松でおうどん食べました。指揮者の北原幸男先生はスッゴク素敵な方で、きっと創られる音楽も素敵なんだろうな、と思いました。今秋武蔵野音大管弦楽団を率いて演奏にいらっしゃいますから、皆様是非是非お誘い合わせの上ご来場下さいm(__)m池田先生も物腰の柔らかい優しい先生で感激でした!!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/1/27  22:51 | 投稿者: ikkomusic

見てると、妙に腹立つのは私だけでしょうか?(笑)自分や周りの人たちにかぶる部分があるので、余計いらっとするんでしょうね(^o^;
彼らの身近な方の中にああいう人種たくさんいるんでしょうかねぇ。
0

2010/1/24  20:06 | 投稿者: ikkomusic

はハプスブルグ家がテーマでした。モーツァルトの『魔笛』、ハイドンの交響曲『マリア・テレジア』、ヨハン・シュトラウス二世の『皇帝円舞曲』・・・そしてちょっと前すごくはまっていた『エリザベート』〜『愛と死の輪舞』(紫月あさとさん が歌ってくれましたよ)。なかなか興味深い内容でしたよ。
で、考察として「現代は『公』が芸術を支援しているが、芸術にはその価値の認識において個人的な側面が大きい。ハプスブルグ家は莫大な富で芸術を支援してきた。ということは現代でも『公』が支援するというより、大企業などにその役割を任せ、その企業の支援を『公』がするべきでは?」
と、言っていました。
確かに、昔から芸術は王侯貴族やその後の富裕層の庇護なしではここまで残ってこなかったでしょう。彼らの業績は偉大です。自身がよいと信じたものには際限なく投資する。
でもね、これからの世界はどうでしょう?
私の理想としては、『公』は教育を支援→より確かな価値観・審美眼を持つ一般人をできるだけ多く育てる→彼らが芸術を守り、新たな芸術の誕生を支援する
っていうのがいいなあと思うんですが・・・
やっぱり理想でしょうかねえ(^^;)
0

2010/1/22  9:36 | 投稿者: ikkomusic

高松公演が近づいてまいりました。
が!!!失敗してます(><)以前から興味があっていきたいと思っていたのに、忙しくしていて気がついたら『完売』!!!!!
う〜ん、残念!
0

2010/1/17  22:48 | 投稿者: ikkomusic

NHKっ子の私は以前から大河ドラマと朝ドラについてしばしば言及して参りましたが、最近ちょっとご無沙汰ですよね。理由は一つ「あんまり面白くないから」。
2010年の大河ドラマ『竜馬伝』なんて今日やっと全部観たという始末(--;)
朝ドラ『ウェルかめ』は最近ちょっと面白くなってきたので、よく観ています。やはりドキドキする展開がなくちゃ!『竜馬伝』は・・・悪くはないんですが・・・福山さんは私的に「なし」なのが「熱心に観られない」もっとも大きな理由でしょうか。
私の最高は未だに『てるてる家族』です。

0

2010/1/15  22:31 | 投稿者: ikkomusic

昨年に引き続きお招きに預かりパーカッションのN先生と、ピアノのT先生と行ってきました。今年はパーカッションがメインのコンサートでした。子供たちのよく知っている曲や、スネアの難曲、ピアノのソロで『子犬のワルツ』、楽しいリズム遊びなどなどあっと言う間の45分間でした。
子供たちの素直なリアクションに、N先生も私達もいっぱい元気をもらって帰りました。
「また、来てね〜☆」という子供たちの言葉に大感激でした。
0




AutoPage最新お知らせ