2010/2/15  13:55 | 投稿者: ikko

遅ればせながら聴いてます。っていうかずっと前に一度借りて聴いたんですが、そのころは「all韓国語だからちんぷんかんぷんで」と早々に聴く気をなくしてたんです。
しかし!「Rising Sun」「Hug」「The way U are」などの韓国語バージョンを聴き続け、韓国語にも慣れてくると、韓国語の曲のほうがずっといいって思えるんです!
レンタルショップのポップに、「韓国語ならではの表現力!」とありましたが、まさにそのとおり!!!
それに曲的にもいいのが入ってます。なんでこういうの日本語バージョンで出さないんだろう???(ホントは知ってますよ^^;日本語ではこんなにアグレッシブにならないから)
0

2010/2/15  8:35 | 投稿者: ikko

今日の話題は文化・芸術の鑑賞者数についてでした。前半は美術について。
*大きい展覧会ほど人が入る
・・・そうですよね、私も昨年秋は「高橋留美子展」に数回足を運び、つい先日は岡山まで「ハプスブルグ定刻の栄光〜華麗なるオーストリア大宮殿展」に出かけましたから^^;

*美術を鑑賞したことのある人は6年前の調査より6ポイント増
・・・これもそう。知り合いの展覧会などにもちょこちょこ顔を出しますよ。

そして
*さまざまな文化芸術を鑑賞した人、12ポイント増
・・・そうなんです。自らの意思で美術館・音楽ホール・映画館に足を運ぶ人が増えたということなんです。ちなみに私は次女の影響で、映画館に足を運ぶ回数が増えました。

これはとてもうれしいことです☆!!!きっとたくさんの方がそうなのでしょうが、ずっと前から「企画の工夫」に一生懸命取り組んできた一人として、その成果が少しずつ現れてきたように思えて。「ハコモノの立派さを見せびらかす」のでも「経済振興などの別の目的を当て込む」のでもなく、皆さんの「心豊かに暮らしたい」という想い=「心の成熟」を大切に考えていけば、以前書きました「本当の芸術を残すのは1人の富豪ではなく、芸術を愛する世界中の人々」という理想に一歩近づくのだと、信じています。

0




AutoPage最新お知らせ