2010/6/25  22:14 | 投稿者: ikko

さて、間際になってしまいましたが、明後日の通称『クラコレ』のPRを致したいと思います。正式名称は『高松市民文化祭アーツフェスタたかまつ2010主催事業 クラシックコレクションコンサート2010〜わたしの街のソリスト達〜』という長〜い名前でして^^;「あなたの気になるクラシックの名曲の数々を、わが街高松を中心に活躍するソリスト達がお送りします!」ということで、気軽にクラシックが楽しめるコンサートとして市民にすっかり定着しております。
今年でもう9回目となるこのコンサート、どんなプログラムかと言うと、生誕200年を記念してトロイメライ(シューマン)やエチュード『黒鍵』・『革命』(ショパン)を演奏する他、楽しいクイズにチャレンジするコーナーなどもあり、例年にも増して楽しい企画が並んでいます。
もちろん演奏も折り紙つき!
6月27日(日)14:00〜サンポートホール高松第1小ホールにて。入場料は一般¥2,000、学生¥1,000です。
毎回ほぼ満席という人気のコンサートで、当日券も完売する場合がありますのでご希望の方はお早めにお買い求め下さい。サンポートホール高松プレイガイドもしくはヤマハミュージック中四国高松店にてチケット取り扱っています。
1

2010/6/18  9:42 | 投稿者: ikko

癒しの音色。
0

2010/6/17  8:21 | 投稿者: ikko

馬さまの画面が大きくて、アクセス数が見えない〜!!!ということで、新書き込みしてみました。
0

2010/6/16  11:05 | 投稿者: ikko

0

2010/6/15  13:27 | 投稿者: ikko

7月下旬にたかまつ楽器の発表会を控え、生徒の皆さんは今そこに向かって一生懸命練習しています。
そんなこの時期ならではのお母様の一言がありました。
ドビュッシーの「アラベスク第1番」を発表会で弾くRちゃんのレッスンでの出来事。
Rちゃんが弾いた後私が弾いて「先生の弾いたのと何か違うところあったかな?」と聞きました。
私はレッスンでは最初から「こう弾きなさい」とか「もっとこうしたら?」とはあまり言いません。子供たちが集中して聴くことによって自ら答えを出せる演奏者になってほしいので。もちろんこの手法に慣れていない生徒にはたくさんたくさんヒントは出しますが。
で、Rちゃんもこのときはなんと言ってよいのかわからずもじもじしていたんです。そこでお母様が助け舟。
「Rちゃんのピアノは白黒の絵みたい。(強弱がつくことで)黒っぽいところとグレーのところはあるけど。先生のピアノの音には色があると思うよ。」
その言葉にRちゃんははっとした様子でした。
お子さんにピアノを習わせているお母様の中にはご自身レスナー顔負けの演奏ができる方もいらっしゃいますし、かと思えば「お母さん、弾けんくせに何言うとん!」とお子さんに言われ「返す言葉がないんです」とおっしゃる方も。このお母様はどちらかというと後者なんですが、「のだめカンタービレ」大好き・音楽大好きでよく音楽を聴いていらっしゃったんです。
私、とても嬉しかったんです。ドビュッシーの音楽はとても色彩的・絵画的です。そこのところを聴きとってもらいたかったんですが、家でお子さんの練習をずっと聴いてくださってたお母様が気付いてくださったんだなあって。
(部分的ではありましたが)翌週のRちゃんの演奏が変わってくれたことは言うまでもありません。
0

2010/6/10  0:21 | 投稿者: ikkomusic

写真添付忘れてました。m(__)m

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/6/10  0:19 | 投稿者: ikkomusic

毎週通っている社交ダンスのお仲間と施設に慰問に行ってきたんです。写真はその様子。え?私が写ってない?だって撮ってるの私ですから(^^;)
感想は…練習の時はけっこううまく踊れるようになったなあと、感じてたんですが、本番はめちゃくちゃ(>_<)ドキドキして身体が堅くなっちゃいました。そうなるともうなかなか立て直せない(泣)
ピアノの生徒と同じで、人前でちゃんとできるようになるにはたくさん場数踏むしかないということがよーくわかりました。ああ〜!!!
0

2010/6/3  23:35 | 投稿者: ikko

ご存知「スナナレ」の『Hard to say I love you』を歌っています。でもYou Tubeで聴くと、彼らの曲の中では彼ららしくない曲。他のもいいですよ〜☆
(私も教えてもらって聴いたんですが)まあとにかく聴いてみて下さい。
0

2010/6/3  9:27 | 投稿者: ikko

最近よく、You Tube観ます。皆さんはどうやって音楽を楽しんでいるんだろうと思いまして・・・すると、出るわ出るわ!
「音楽教えています」なんていうのが恥ずかしいくらいに皆さん音楽を楽しんでいて、しかも超質高い!
例えば
一人で情熱大陸とかセッションしてみた』=馬の仮面?かぶった方が一人でいくつもの楽器(デジピ・ギター・ベース・鍵盤ハーモニカなど)を演奏、画面を区切ってセッションの形をとってます。
また別の方は
1人で同時に情熱大陸を演奏してみた』=この方はアコースティック系(ピアノ・鍵盤ハーモニカ・シロフォン?・打楽器など)やで重ね撮りせずその場でしています。
ひとりで「ルパン三世」を演奏してみた』=この方は女性で、主にヴァイオリンと歌の重ね撮り。うさぎの仮面です(笑)
私も「情熱大陸」のときはデジピでメロデイ&シェイカー&歌のオブリガートやって楽しかったんですが、それと似た発想ですよね!
そこで、今注目しているのが鍵盤ハーモニカ。「え?あれって幼稚園〜小学校低学年の子がする楽器でしょ?」って思っていらっしゃいませんか?
でもYou Tube上ではけっこう演奏率高いです。
鍵盤楽器でありながら、息を使っているところが歌や管楽器と通じてる。
1人で和音が演奏できる!しかもディナーミクがつけられ、伸ばした音に表情がつくんです!音色は、バンドネオンや、サックスにも似てたりして・・・ということはラテンやジャズの曲が似合うんですよ〜!
もうちょっと練習して、いつか皆さんにお披露目いたしますね☆
0




AutoPage最新お知らせ