今朝のNHKニュースで

2009/5/29  9:57 | 投稿者: ikkomusic

以前の同じコーナーで一度紹介されていましたが、ドラムの音が出るTシャツを実際にライブで活用してるバンドが出てました。ドラムってセットしてるから前に出てきてパフォーマンスができなかったけど、「目立ちたがり屋」のドラマーもいるということで(笑)、そのTシャツなら(前面のドラムの絵を指で叩くとバスドラムはバスドラム、シンバルはシンバルの音が出る)面白いし充分目立つこともできるよ、という内容でした。デジタルドラムの簡単版(ローランド「ハンドソニック」のもっと簡単にしたもの?)なんですね。
同時に、一人でもバンドの気分が味わえる大人のおもちゃ(変な意味じゃありません)も紹介されていて、テーブルに乗るくらいの小さなステージにドラム、ギター、ベース、キーボードなどの楽器を置くとそれぞれが音を出し、のけるとその音がしなくなるというもの。マイナス1ができるので、自分のパートを自分で演奏してバンドの気分が家で味わえるおもちゃということらしいですね。
こういうことは、Dピアノの上位機種ならどこのメーカーのものでもできると思うんですが、「へえ!」って思ったのは、我々にとって当然だった「鍵盤」が存在しないってこととごく少ないスペースがあればできるってことなんです。
「全ての家庭にこのおもちゃがある」なんて時代はこないでしょうが(笑)、音楽の楽しみ方はどんどん多様化していくということの象徴かもしれません。
「楽譜」「鍵盤」は過去の遺物となる時代がそのうち(100年後とか)やってくるかもしれません。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ