しのびよる危機!2

2009/10/23  8:42 | 投稿者: ikkomusic

レスナーとしての経験からだけの判断なんですが、日本の老若男女の多くは3拍子系(6/8を含む)が苦手だと感じています。農耕民族だから、或いは騎馬民族ではないから→2拍子系の民謡・労働歌が生まれ受け継がれてきた=舞踊にも3拍子系は見られない。また以前にも書きましたが明治以降の3拍子はヨーロッパの音楽を無理やり取り入れたベタッとした3拍子で、もともと持っていたリズムではないし躍動的でもないんです。そう!3拍子系ってダンスや乗馬から生まれた楽しくて躍動的な拍子なんですね。ピアノや歌・その他楽器を習得して音楽を楽しむなら、3拍子の楽しさを知っているにこしたことはありません。でもほっとくと日本人はその楽しさを知らずに生きていきますよ、きっと。
そこで、幼児期のまっさらな脳にきちんと躍動的な3拍子を入れてあげればいいんじゃないかと思ってかなり幼児期の音楽指導の要点として捉えているんですが、前に書いたとおり、週に1回レッスンの時だけ指導しても限界があるなあと思っているんです。では、幼稚園・保育所ではどう?と思っていたら以前書いたとおり。かなり危機感があります。最近は『ぞうさん』すら知らない幼児も増えてきたような・・・どうしたらいいんでしょうねえ。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ