今日は劇団四季『Song & Dance』でした

2010/4/16  0:03 | 投稿者: ikko

劇団四季の数多くのレパートリーの中から「これでもか!」というほど贅沢に歌とダンスを聴かせて&魅せてくれました。ダンスはすごいし、企画も参考になることばかり!
例えばダンスに使うステッキの先でリズムを取ったり、夏にやろうとしているストンプや、ガムラン、マーチングまでやってくれました。
でも、でもね・・・やはりあの昭和チックな日本語、ちょっとだけ気になります。音楽が日本人の作曲ならまだしもアンドリュー・ロイド・ウェバーやエルトン・ジョンのときはやはり違和感が拭えないかな。そういう意味では少し限界が見えてしまったようにも思えます。
公演前の宣伝にもかかわらず空席も見えたし・・・大丈夫でしょうか?
それとも変わったのは『私』?
ストーリーという存在が音楽を歪めているように思えてしまう今日この頃。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ