2016/2/29  22:27 | 投稿者: Ikuko

0

2015/3/6  16:24 | 投稿者: Ikuko

0

2014/10/16  17:01 | 投稿者: Ikuko

ということで、恐ろしく更新していませんでしたこのブログ、また頑張っていこうと思います(笑)

タイトルはそのまんま、大学生の頃は学生街として知る人ぞ知る「江古田」に住んでおりましたので、「行きつけのカフェ」にはことかかず、寧ろそういうカフェでバイトしてたくらいですw

ですが、実家のある浜松でも高松でも

@ゆったりできて
Aコーヒーが美味しくて
B近くて・・・
Cマスターorママの雰囲気がよくかつ、ほどよくほっといてくれて、でも話すときは話す・・・

なんてカフェ、なかなか見つけられなくてこの歳まできてしまいましたwww

で、最近気になってるのが牟礼にある「Remza」

http://remza.jp/

B意外は◎かな?(何せ家から車で20分かかるw)

そして更なるプラスポイントとして時々ライブするんですよね〜♪
Remzaさん、また行きますね☆



0

2014/5/16  20:20 | 投稿者: Ikuko

0

2014/5/16  20:18 | 投稿者: Ikuko

0

2014/2/26  20:37 | 投稿者: ikuko

ピアノの先生方やお子さんにピアノを習わせているおうちの方、気になったことありませんか?
子ども達の何割かが、ピアノの鍵盤を人さし指などで上に持ち上げる動作をしていること。
調律師さんに聞いてみました。




最近ピアノの生徒(小学校低学年くらい)からよく聞かれることがあります。ピアノの鍵盤を(指で)上に持ち上げ「どうして上がるの?」と。何かいい回答があれば教えて頂きたいです。



低学年でしたら、モデルアクションを見せるしか手は無いような。。若しくはスケッチでしょうか。




ありがとうございます。 えっと、多分質問の真意は「持ち上がらない構造にすればいいのに?(そうすればそこを持ち上げた自分が先生に注意されなくていいのに)」みたいな?(^o^;) 持ち上げて遊ばない方がいいですよね?(^o^;)



持ち上がらない構造=鍵盤の高さを均一にする事が困難になるので、少しだけ遊びが作ってあります。持ち上げても自然に鍵盤が元のポジションに戻る感じでないと、何かの拍子に鍵盤が上がったら高さが不揃いになります。もし、お子さんが鍵盤を持ち上げて手を離しても上がりっ放しでしたら、調律師さんに相談して下さいね。



ありがとうございました


よい子の皆さん、あんまり鍵盤を持ち上げてあそばないようにね♪
0

2014/2/26  20:37 | 投稿者: ikuko

ピアノの先生方やお子さんにピアノを習わせているおうちの方、気になったことありませんか?
子ども達の何割かが、ピアノの鍵盤を人さし指などで上に持ち上げる動作をしていること。
調律師さんに聞いてみました。




最近ピアノの生徒(小学校低学年くらい)からよく聞かれることがあります。ピアノの鍵盤を(指で)上に持ち上げ「どうして上がるの?」と。何かいい回答があれば教えて頂きたいです。



低学年でしたら、モデルアクションを見せるしか手は無いような。。若しくはスケッチでしょうか。




ありがとうございます。 えっと、多分質問の真意は「持ち上がらない構造にすればいいのに?(そうすればそこを持ち上げた自分が先生に注意されなくていいのに)」みたいな?(^o^;) 持ち上げて遊ばない方がいいですよね?(^o^;)



持ち上がらない構造=鍵盤の高さを均一にする事が困難になるので、少しだけ遊びが作ってあります。持ち上げても自然に鍵盤が元のポジションに戻る感じでないと、何かの拍子に鍵盤が上がったら高さが不揃いになります。もし、お子さんが鍵盤を持ち上げて手を離しても上がりっ放しでしたら、調律師さんに相談して下さいね。



ありがとうございました


よい子の皆さん、あんまり鍵盤を持ち上げてあそばないようにね♪
0

2014/1/8  14:35 | 投稿者: musikko

前回の書き込みは昨年11月、今年はもうちょっと書こうかな?と思いつつ、昨年並みになる予感www

さてさて、お正月気分も抜け、レッスン始まりまして・・・
今日は去るレッスンでのお話。

とある大学生の生徒がおりまして(きてくれるようになってかた2年くらいでしょうか?)このところめきめきと成長(曲の構造を考えて演奏できる・自分の演奏を客観的に聴けるなど)してくれているのが嬉しくてご報告したくなりました。


ステージでの演奏も近いとあって、前の小学生姉妹の前で本番を見据えての演奏をしてくれたのですが(MOZART ソナタK310第1楽章)本番直前の集中力と気迫のこもった演奏を聴いて小学生ちゃん達は

目を見開いて拍手!

小学生「どうしたらそんな風に弾けるようになるんですか?」

と質問。


大学生「脱力かな?まだまだ出来ないときもあるけど、うまくいった時ってだいたいよく『聴けた』とき。気持ちが焦っていると身体も堅くなって音楽も聴けずに速くなってしまうんだよね

と、脱力と耳と精神のかかわりについてアドヴァイス。隣で聞いてらした姉妹のお母様も大きく頷いてました。

私(ほおお〜!いいこと言ってくれて〜)

小「どのくらい練習するんですか?」

大「う〜ん時間が取れないので(1日)1時間くらいかな」

に、またまた姉妹ビックリ!

大「中学生くらいの時はうまく弾きたくて焦ってたけど、今はピアノが楽しくて」


姉妹は目を輝かせて聞いていました。
先生やお母さんが王道を説くより、こういうちょっとお姉さんの実体験を聞くほうがきっとすっと心に入っていくんだろうな、機会があればまたこういう体験をさせてあげたいな、と思ったのでした。

また、その後自分で選んできてくれたBEETHOVENソナタ(Es dur第3楽章)をとてもステキに弾いてくれたので(選曲と演奏を)ほめたら「最近やっと自分の力で理解して弾ける曲が分かってきたんです」とのこと。

これが成長なんだなあ〜、ととても嬉しくなったひと時でした。
0

2013/9/13  9:40 | 投稿者: musikko

っていうか

『紅蓮の弓矢』ブーム(笑)

でしょうか?www


でもってようつべを観ていると・・・出るわ!出るわ!
皆さん、中毒症状・洗脳症状を引き起こされて・・・
↓これなんかかわいいものです(^o^;)


0

2013/5/21  15:17 | 投稿者: musikko

さて、最近気になったことがありました。
生徒の何気ない一言だったんですが・・・

私はデジタルピアノ所有の生徒にはボリュームを真ん中(50%)より少しあげて練習するよう伝えています。所有楽器はデジピでも、ピアノのレッスンをし、発表会にはピアノを弾いて参加するということは、

生徒が「打鍵の仕方を変えてディナーミクを表現できる」ようにするのがレスナーの務め

だと思うのです。
ということは

「速く打鍵したら大きな音が出て、ゆっくり打鍵したら小さい音が出る」

という体感を味わわせてあげる、人前でそれができるようになってもらう必要がある

と思うのですよ。

ところが生徒いわく

「お母さんが、うるさいからボリュームを小さくして弾きなさい、って言う」

とのこと。
これは大変危険なことですね。
ディナーミクの感覚がつきにくいだけでなく、私なら「練習してる音がうるさい」って言われたら、悲しいです。
ましてやお母さんが観てるTVドラマの声が聞こえないから・・・なんてことだったら、子どもがピアノ好き、音楽好きになるはずがない。

大音量にする必要はありませんが、昼間ならそのお部屋の中で生ピが響く程度に設定し、音楽に合わせてディナーミクをコントロールできる環境にすべきだと思います。


どうかご家族ぐるみでお子さんがピアノで奏でる音楽を楽しんであげて下さい。
0




AutoPage最新お知らせ