2011/10/23  14:11 | 投稿者: ikko

皆さん、お久しぶりです(^^)
そして、久しぶりに登場したかと思ったら、また韓国歴史ドラマの話w
娘にも「どんだけ韓国好きやねんw」と笑われますが、私としては偏見や先入観、そして過去の歴史的経緯などにとらわれずに観て、

日本のドラマよりいい!

と思うのです。
だからこれからも「いいものはいい」としてご紹介していきたいと思っています。
皆さんも偏見なしに聞いてね(^o^)

では『ソドンヨ』のいいところは・・・

@テーマがいい!
『ソドンヨ』のテーマは「もの作りと学び」です。昔、百済の大学舎では「もの作りと学び」は一体だった。医学にも科学にも物理学にも通じ、農業・工芸・手工業・兵法・政治学などなどすべてを学び国に貢献したものを「博士」と呼んだ。その目的は国が富み、民が豊かに暮らせることだった。
どうですか?今の「学び」の姿勢と大きくかけ離れていませんか?韓国も日本以上に学歴社会だそうな・・・そんな社会への痛烈な批判なんでしょうね。
Aそんな「重くて大きなテーマ」を一般の人に飽きずに観てもらうための工夫がなされている
私としてはややくどいかな?とも思うのですが日本の往年の名ドラマ『君の名は』的な恋人同士のすれ違いや三角関係など、重苦しいテーマの中に恋愛ドラマの王道みたいなものが盛り込まれてますね。そういう決まったパターン(それ以外にも三枚目的役柄が決まっていて「あ、やっぱり」と思わせたりw)オペラを観ているようです。
Bもう1つのテーマ『王の道=王道』
『善徳女王』のときもそうでしたが、「王=上に立つ者」の苦悩と孤独を描いています。これは「王」だけではなく、団体の長や会社の代表など各界のTOPにも通じる話で、勉強になります。


DVD出てます。ご興味が湧いたら是非ごらん下さい。

0

2011/9/1  10:30 | 投稿者: ikkomusic

何故この音楽ブログに…とお思いでしょうね。
地中美術館で一番気に入った作家はジェームス・タレルで、彼の作品にはジョン・ケージと共通点があるなあ、と思った訳です。
例えば…「制限(美術で言えば切り取られた面、或いは一定の空間。音楽で言えば時間)」は設けるものの、その中で主役となるのはあくまで受け手である、という作品作り。最初はそういう鑑賞の方法に気づかないで鑑賞を始めた受け手も、その作品に触れているうちにわかってくる、という点も共通していますね♪
また、意外な素材を扱う点。二人共、単に楽音かそうでないか、絵の具か光か、という違いではなく、もっと組合わせている使い方のように思いました。
タレルのは地中美術館の作品だけでなく、家プロジェクトの中の「南寺(みなみでら)」のも必見、要鑑賞ですよ(^o^)/是非どうぞ。
Ikuko Ishimoto

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/7/19  10:33 | 投稿者: ikko

皆さん、お気をつけ下さい(--;)
0

2011/7/11  10:44 | 投稿者: ikko

高松市国際交流協会主催のこの大会は、高松に在住の外国人の皆さんがお得意の日本の歌を歌う「のど自慢大会」と、母国の歌や舞踊などのパフォーマンスを披露する「お国自慢大会」の2部門で構成されています。
大変おこがましいのですが、「のど自慢大会」の審査員をさせていただきましたよ(^o^)

すっごく楽しかったです!!!

審査員としてでなく純粋に楽しむためにいきたいです☆

今回は中国・韓国・ベトナム・インドネシア・台湾・ネパールの各国から、15組の参加者がつどい、日本の歌を歌われました。少し古い曲・新しい曲、ポップな曲・しっとりバラードなど参加者の個性がよく出ていてしかも日本語は皆さんお上手、ホントに甲乙付け難い内容でした。
また、この季節なので、男性女性とも浴衣姿だったり、お国の民族衣装(中国の方ならチャイナドレス、ベトナムの方ならアオザイなど)だったりと、目も楽しませてくださいました。
そして応援団の応援も熱気がいっぱい伝わってきて、会場の皆さん全員で楽しむことができました。

「お国自慢」のほうも拝見しましたが、これがまたすごい!
目を見張るパフォーマンスで私自身の心も、会場も湧き上がりました。

司会者も高松在住の外国人の方でとっても上手でしたよ。

高松市在住の外国人の皆様、来年は是非挑戦なさっては?(^o^)
0

2011/6/24  13:06 | 投稿者: ikko

ピアノの先生方、お読みになったほうがよいのでは?^^;

http://ameblo.jp/jamsession-president/
0

2011/6/12  22:45 | 投稿者: ikko

本日を持ちまして、退任致しました。
今日まで12年間、いろいろとありがとうございました。
思えば長かったような、あっという間だったような・・・
12年前の『ウィンドアンサンブル演奏会香川公演』を期に発足した現体制でしたが、どんなに良い目的のためにできたものであっても、澱んだ水は腐る、とでも申しましょうか、・・・時には活性化のための大きな変革も必要かと思います。
同時期に役員となられた先生方も何人か本日をもってご退任なさいました。
今後、少々時間ができた分だけ、「これからの音楽について」もっともっと考えていきたいと思っています。
本当にありがとうございました。
1

2011/6/8  17:51 | 投稿者: ikko

肥満大国であるUSAが国策として打ち出したのがこのダンスだそうな・・・
私も覚えて、ダイエットしようかと思いまして(^^;)


0

2011/6/1  10:37 | 投稿者: ikko

いやあ、書こう書こうと思っていてはや今日はもう6月(苦笑)
5月27日(金)の高松DIMEライヴ行ってきましたよ〜(^0^)/
最前列でノリにノッてきました。
新曲も旧曲?wもたくさんやってくれて堪能してきました。
ピアノジャックと言うと、HIROが髪を振り乱してカホン叩いたりするので「激しいビート」って感じがしますが、私はスローやミディアムも好きだなあ。

特に

高松のサンポートの海辺で作ったという『Blue Moon』

はお気に入りで自分でもよく弾いています。
彼らの曲に限らず、若い人はよく
「なんかゆっくりした曲好きじゃないんだよね」
という方もいますが(自分の若いときがそうでしたw)、

「グルーヴを感じれば単なるテンポ=速い遅いはあまり好みと関係ない」


ことがわかりますよ。
逆の方もいますよね?
「癒し系のゆったりしたのが好きで、激しいのはどうも・・・(苦手)」
と言う方、音の大きさやスピードだけで決め付けずにグルーヴ、聴いてみてください。確かに「激しいだけ」の曲ってのも世の中にはあるのですが、きっと「これ、いいね☆」っていう激しい曲にめぐり合えますよ(^o^)
おっと!PJからちょっと話がそれました。11月にも高松でライヴがあるとのこと。今から楽しみです(^o^)v
0

2011/5/27  17:51 | 投稿者: ikkomusic

ワクワク\(^o^)/、ドキドキ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/5/16  8:06 | 投稿者: ikkomusic

たくさんの小さなお客様とそのご家族がご来場下さり、音楽で楽しいひとときを過ごすことができました。(^-^)
写真は特注のウェルカムボードです☆おしゃれでしょ?(^o^)

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ