IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2006/2/28  21:33

ジョン・ハウ:ファンタジー画の世界展+レセプション  そんな日常

Zのシャアに骨抜きにされたまま、今日は、カナダ大使館で開催中の「ジョン・ハウ原画展(主に『指輪物語』)」+レセプションに行ってまいりました。レセプションは、ハリポタや指輪関係でいつもお世話になっているdinkyさんのお供で紛れ込ませて頂きました。

そして、ゲットしたのが、ジョン・ハウの直筆サインです!

クリックすると元のサイズで表示します

私は、運がいい・・・



レセプションの開始が18:00時。勤務時間は17:45時まで。しかし、しかし、これは行くしかないじゃないか!ということで、会社を早退していざ出陣。苦手な地下鉄「青山一丁目」駅で迷子になりませんように。この駅は、青山ツインタワーの中を通るせいか、出口がよくわからないのですよ。
大使館の受付でdinkyさんにお会いして感激!正直言って、この日一番ドキドキしました。先に来ていたdinkyさんは、既にジョン・ハウに会ってサインとツー・ショット写真までゲットしたことを伺いました。彼って、そんなにカジュアルな人なんだ、とちょっとびっくり。
早速レセプション会場に行くと、原画展の会場とレセプション会場は同じフロア。おかげで20分程、じっくり原画を見て回ることができました。原画展を見る時間はないと端からあきらめていましたので、時間を延長して開けていてくれた大使館の方に感謝であります。私は、運がいい・・・。そこで販売していた、『トールキン〈中つ国〉地図』(原書房刊)を購入。広げるとすごく大きな地図と、解説本の2冊がセットになったものです。これにサインを頂きました♪でも、サインが無くても、前から欲しかったものなので後悔はしませんでしたよ(笑)

原画は、どれもこれも素晴らしい絵ばかりでしたが、中でも印象的だったのが:

大きな木の前に立つガンダルフ(原画展のポスターになってます)
レゴラスとギムリのツーショット(2人とも、無茶苦茶かっこいい)
サウロンの目と一つの指輪 (やっぱり「指輪」といえば、これ)
アルゴナスの像(剣ではなく、斧を持っていました)

等など・・・。要するにキリがない、てことですかね。
今回、ご本人にお会いして初めて気付きましたが、ガンダルフの目はジョン・ハウの目でしたよ。絵は、それを描く人に必ずどこかが似るものですが、彼の場合は、ガンダルフの目ですね。厳しくて、でもふと優しげで、深くて、おちゃめで。私が受けた印象だけですが、そっくりだと思いました。

そして、改めてジョン・ハウやアラン・リーがあの映画に与えた影響の大きさを実感しました。この2人が映画の製作に関わったことに感謝であります。まあ、オークは映画の方がずーっとおっかないですけど。

さらに詳細は、トラックバックからdinkyさんのブログでどうぞ。ジョン・ハウのご挨拶ビデオが見られます。

そして、今回誘って頂いたdinkyさんに改めて感謝です。お会いできて、本当に嬉しかったですよ〜。dinkyさんは、イメージ通り、元気溌剌で、しっかりもののお姉さんでいらっしゃいました。次回は、もっとゆっくりお話ししましょうね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/3/2  23:08

 

2006年2月28日(火)
 カナダ大使館に於いて、オープニングレセプションが開催されるに先立って、応募しておいたのですが、見事に、本当に見事に当選致しました。びっくらこきました。だってこれまでパスポートサイトのイベントを始めとしてLotR関連の物ってことごとおおおおおっっく外れておりましたので(爆)

ジョンハウの原画展についてはこちらをご覧下さい。
 まぁさんと一緒に行こうと思っていたんですが、どうやってもその日仕事が休めないと言うので、ハリーポッターマラソンでお世話になっているJさんにご一緒いただける事になりました。

 が、お仕事はレセプションに間に合うのがぎりぎりとの事で、原画展は一人で、、、と思っていたらLotRのコンベンションで知り合ったFさんがご一緒して下さる事になり、新幹線の指定席など押さえて、旅立ちました>大げさじゃ(爆)

 今回初めて、品川で新幹線を降り、新橋へ出て、そこからメトロ銀座線なる物で青山一丁目まで行きました。全部初めてです(爆)Fさんが遅れるとの事で、改札出た所のカフェクロワッサンでカプチーノ(かなり熱かった、、)とソーセージクロワッサンでちょっと腹ごしらえ。いや、新幹線に乗ってすぐに天むすをいただいたのは内緒です>こら(爆)で、ここで、よっこらしょっと腰掛けた途端にスーツに衝撃がっ。木製のテーブルが節だっていて(?)ちくちくのとげがスーツに引っかかってしまいほつれてしまいました(号泣)一張羅のスーツなのに。しょぼーん。すかさずお店の人に報告!と思ったのに忙しすぎて誰も呼びかけに反応してくれなかったよ。その内Fさんがいらしたので、そこでお喋りした後、極寒の外へ出て大使館へ。

大使館の壁がこんななってました♪

こういうのもありました♪一個欲しいなぁ。。。

 エスカレーターで上がってからエレベーターで下に降りるわけわかめの構造でしたが、お約束のトイレ(笑)豪華なトイレでした。素敵。。。。さすがだ>何がだ。

 で、エレベーターを降りて原画展を、、、と思ったら、なんといきなりそこにジョン・ハウご自身が立っておられました。ご案内の途中だったらしいです。でも、すかさず声を掛けさせていただきました>身の程知らずなのはもうご存知ですよね?(爆)。ご本人の写真だけでなくツーショットも撮らせていただけて望外の喜びです。感涙です。緊張してあたふたしてました。で、ELFやORCでキャストにサインをもらったミドルアースのパスポートに「サインをお願い出来ますか?」と言ったら優しく受けて下さるだけでなく「これ良いね」ってな感じで褒めて(?)下さったので「DVDについてきたんですよ〜」とか何とかしゃべってました。他にも数名のファンがそこに居合わせたので皆さんサインや写真をゲットしてました。むっちゃラッキーでした。はい。

 ご本人。着替えの前でカジュアルでした。すらーっとして素敵。ぽっ。

パスポートにサインをいただきました。感涙。

 さらに、その後、原画展を何とかして今見ておかねば、東京へ又来るなんて大変すぎるしと、ジョンハウさんご本人がそこにいらっしゃるのに、原画を見てしまいました。でも、これは本当に素敵な作品ばかりで、涙が出そうでした。ご本人はとってもシャイでおとなしい感じの紳士なのですが、作品には愛が、あふれる思いが込められていると私みたいなバカにもわかりました。すごかったです。特に気に入ったのは、矢が何本も刺さったボロミア(それだけで泣けました)とガンダルフはもちろん、サウロンの目、それからヘルム峡谷のレゴラスとギムリ。どれもこれも素敵すぎて、全部を語るのは不可能(目録もなかったし、作品名をメモする余裕もないので、はっきりわかりません、ごめんちゃい…汗)。是非、機会を作ってお出かけになってみて下さい。入場無料ですよ、太っ腹ですよ、カナダさん>いや、違うんだけど(爆)


 一旦ロビーに戻ってJさんをお迎えして受付も済ませてはやる心を抑えて会場へ戻りました。レセプションの時間になっても始まる様子がなくて、普通にご本人はサインをしていたり、原画展の会場へいらして大使館側からどなたかのご紹介を受けていたりしてました。そんなのを横目に原画をみたり、オレンジジュースやウーロン茶(ワインもありましたが、下戸なので…笑)をいただいて、サンドイッチやフライドチキンもちょびっとぱくぱく(爆)

 スピーチはカナダ大使とこれを企画したらしいトムさんのユーモア溢れるスピーチに続いてジョン・ハウさんがご紹介されて登壇されました。その様子は暗い中でぼんやりながらも動画を撮ったので、 こちら でご覧下さい。

登壇前に大使やトムさんのスピーチに聞き入るジョンさん

スピーチでご本人もおっしゃってましたが、印象としてとても静かな方だな〜と。きっと静かで平和な雰囲気の中で暮らしておられるのかな〜と勝手に想像。奥様思いのとっても素敵な方でした。うっとり。ってか、本当に目の前にいらっしゃるんだと言うその事実が信じられかったです、いや、本当に。すごすぎますって。はい。

 そうそう、原画展の会場(小さなお部屋ですが)では、Lord of BrushのDVDが流れてました。公式サイトはこちらです。インターナショナルの送料は2つまで$12らしいです。誰かと一緒に申し込んだ方がお得かな?

 レセプションが始まっても一応サインは続けてされていたので、Jさんと一緒に並びました。そしてJさんがサインをいただく時に横から記念撮影しておきました。この時点ではもうツーショットはお断り状態だったので残念ですが、混雑とお疲れもあるから仕方ないですよね。もっとも、何やらプレゼントを持参されたグループの皆さんは特別に写真を撮ってましたので、それを見て「あ、写真とらせてもらえるんだ」と勘違いしちゃったんですけど。

後半のサインはこんな感じでした。

 これで無事にJさんもサインをいただけたので、ホッとしました。でも、そろそろ時間が。。。と言う事で、なんだかまだ続きそうな雰囲気はありましたが、Jさんと一緒に退散する事になりました。外は雨がぱらついて、さらに寒かったですが、興奮と感動の中にいたので、なんだか、平気だったのでした>本当か?(爆)

 まだ、疲れと興奮が残っているので、順番とか、ぼけぼけで抜け抜け(笑)ですみません。あー、興奮してるんだなーってのだけでもわかっていただければ嬉しいです>え?(爆)くじ運、使い果たしたかもしれないし、現場でついつい本まで買ってしまい、散財で大変ですけど、まぁさんも報告を聞いてとっても喜んでくれたし、ずっと仲良くしていただいていたお友達にもようやくお会い出来たし、さらに前からのお友達はお仕事帰りに品川で待っていてくれて一緒に夕食をいただいて、新幹線に乗る前にコーヒーも慌ただしかったけど、おごってもらっちゃった上にお土産までもらって、あっちこっちでばたばたばたばたやらかして来ましたが、とっても素敵な一日でした。皆さんどうもありがとうーっ。
 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ