IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2005/5/29  19:16

姫路1  お茶

初めて姫路に行って来ました。前から興味はありましたが、なかなか行く機会がなかったところなので、今回はちょっと興奮気味。それに、退院後、ダンナなしで1人で旅行に行くのも初めてだったので、不安と期待がないまぜ状態。他の人の足手まといにならないようにと、ウィダーインゼリーやらミネラルウォーターやらを持参して、荷物もちょっと重め。(持って行かないで、あっちで買えばいいんだと後で気がついた。)

今回は、お稽古しているお茶の流儀「武者小路千家」の年1回の全国大会が主たる目的でした。しかも、稽古場からの参加者が20人近いという盛況ぶり。こんなことはお稽古場始まって以来だったのではないでしょうか。お茶会当日に一度も会わなかった人がいたなんて信じられませんね。

お茶会に先だって、前日の土曜日にはお献茶が姫路城の天守閣で行われたのですが、これはパス。ついでに夜のパーティーもパス。というわけで、土曜日は書写山円教寺と姫路城を見学しました。お城は、お献茶が終わった後に行きましたですよ。

円教寺は、途中までロープウェイで昇るという、山寺でした。「ラスト・サムライ」のロケ地となったところです。渡辺謙さんが座禅を組むシーンですね。映画だともうちょっとこじんまりした印象があったんですが、意外に広々したところで驚きました。まあ、山を登った先に開ける場所なので、余計にそう思えたのかもしれませんが。それにしても、あんな山中によくもまあ、あんなものを建てたなあ、と感心することしきり。

お寺は本当に山の傾斜を利用して建てられているので、往路はひたすら昇り坂でした。ペルサンチンの影響か、最初ちょっと動悸が早くなってきて頭痛もしてきて、やばいなあと思ってたら、ちょうど良い所に撮影ポイント兼休憩所があり、そこでしばらく息を整えていたら頭痛も収まり一安心。あとはゆっくり歩いて(なるべく頭を振らないようにね)行ったので、頭痛もなく無事に下山できました。

その後、姫路城に滑り込みました。4時頃だったでしょうか。4時半には天守閣の電気を落とすと言われたので、それまでに行って帰って来なければなりませんでした。なので、中に展示されている説明書きなどは全てすっとばし、ひたすら歩き、階段を昇りました。最悪の場合、途中で降りて来ようと言っていたんですが、天守閣内部は、昇りと降りで通路が完全に分かれていて、途中で降りるということができなかったんですね。いや、でも登った甲斐はありましたですよ。最上階からの展望は抜群でした。最上階が意外に広かったことも驚きましたが。あのお城は落城したことがないんでしたっけ???勉強不足ですいません。
それにしても、どこからどう見ても美しいお城でしたねえ。お城そのものの美しさはもちろんですが、電線やビルなどの余計な景色が全くないことも素晴らしかったです。聞くところによれば、お城より高いビルの建築は禁止されているとか。電線も、もちろん地下埋めだそうです。そこまでして景観を守っている姫路市の皆さんに敬意を表します。だからこその世界遺産なんですね。そういえば、外国人の観光客が多かったです。それも世界遺産ゆえでしょうか?

お城から出る直前に、「お菊の井戸」というのがありました。例の「番町皿屋敷」のモデルですね。その傍らにある説明書きを5-6人の若者が読みながら、「えー」とか「信じられないー」とかの反応をしているわけですよ。もしかして、あの怪談を知らないのか?とちょっとショックを受けた大人のお姉さん達ご一行様でした。

長くなったので、お茶会の模様はまた次回。クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/5/10  19:36

久しぶりなのに  そんな日常

たまたま読んだ日経新聞の連載小説に大笑い。

61歳の爺様と35歳(3人の子持ち)の主婦の不倫逢瀬のシーンだった。爺様は相手の主婦がスリップではなく、キャミとパンツという格好がお気に召さないらしく、なぜスリップではないのかと文句を言うのだ。

何がツボだったのかよくわからないけど、妙におかしかったなあ。「キャミソールとパンツ」という表現にも笑えた。今時ショーツではなく、パンツと言うのも珍しいよなあ。でも61歳の爺様では、ショーツと言えないのも無理ないか。その割りには「シミーズ」と言わずに「スリップ」と言ってたなあ。シミーズって言いそうなのに...。あまりにべたな設定が可笑しかったのか、なんだかよくわかりませんが、可笑しかったです。いや、しかし61歳の爺様と不倫するってのが一番ツボだったかな。信じられないけど、日経の読者は大多数が男性だろうから、これはこれで説得力があるんだろう。でも、ださっ。

でもさあ、同じべたな設定だったら、シャワー後にシリウスの脱いだままの白いシャツだけわざとはおって、濡れた髪をタオルでふきふきしながらさり気なく誘う先生、ていう方が萌だわ〜♪

ん〜、GW明けにこれかい。。。クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ