IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2005/8/28  16:51

14時間。。。つづき  そんな日常

ダーリンが仙台を出発する前に、在来線が復旧したので仙台まで各駅停車が出るというアナウンスがありました。どうしようかと思案した挙句、やめました。在来線のシートで2時間半はつらいし、トイレがついてないとねえ。それに、本当に2時間半で着くのか怪しいし…。それからしばらく、9時過ぎくらいだったか、妹からのメールで、「NHKニュースで、9時半に復旧すると言ってるという連絡が。ホントかい!こっちではまだ何のアナウンスもないぞ、と。それから10分後くらいに車内アナウンスが。ただし、9時半に動くのは、先頭で止まってる列車で、それが無事に仙台まで動けたら、順次動かすとのこと。それでも、在来線に乗らなくて正解だったか。と思い、ダーリンには帰るようにメール。が、結局動き出したのは11時過ぎ。まあ、それでも12時前には仙台に着けるなあ、とどこまでも甘甘の私。各駅で止まり止まりしながらちんたら動きながらも、「もうすぐ仙台に到着します」というアナウンスに、ああやれやれと思ったのが12時45分くらい。そして、荷物をかついでデッキに出たとたん、また止まりやがる。下りのホームがいっぱいだから、上りが空くまで待つとのこと。しかし、上りの列車がすれ違って行っても全く動く気配がなく。仕方がないので、また席に戻って待つことに。それから延々1時間待たされました。その間も、上りの列車はばんばん走っていく。結局、下りって、どこでも冷遇されるんだなあ、と…。最終的に仙台駅に入れたのは2時近く。私もぐったりだったし、駅で待っていてくれたダーリンもくたくた。そして、さらに八戸まで行く人たちは、その夜は新幹線ホテル泊まりとのこと。本当にお疲れ様でした。

今回身をもって知ったことは、東北人は、本当に粘り強いです。あんなに動かないうえに、情報不足、ひたすら「しばらくお待ち下さい」と繰り返すことしかしないJRに対しても、声を荒げて詰め寄る人もいなければ、切れる人もいない。皆さんじっと静かに待ち続ける姿に、私はちょっと感動してしまいました。大阪人や東京人は、あんなに我慢できないですよ。お国柄なんだなあ、と。

結局、そんなこんなで蛋白値は上がってしまうし、疲れてしまったので、仙台ではほとんど寝たきりで過ごしましたさ。それでも何とかキャスには2時間ほど会いまして、心配していたホシヤマ珈琲アエル店のカップたちは全部無事だったことに安心しました。
でもなあ、何のために仙台まで行ったんざんしょ。

土曜日、東京へ帰る新幹線は全く問題なくあっという間に東京に到着。しかし、疲れがとれきれなかったところに座りっぱなしが響いたのか、腰痛に。日曜日休んでても、もうひとつ調子が悪く、月曜日一日会社にいたらさらに痛みが酷くなったので、火曜日は午前半休してしまいました。もう、ほんとにさんざんな夏休みでした。そんな中で、日経に「JR東日本の収益増・地震の影響は軽微」とかいう記事が載っているのを見ると、「私の夏休みを返せ!」と腹が立ってしまいました。

JRさん、本当に、BCPのこともっと真剣に検討して対策して下さい。
0

2005/8/28  16:18

14時間はないよう  そんな日常

8月16日
診察結果も良好で、さあ夏休み!と乗り込んだ「こまち」。あと30分ほどで仙台というところで止まってしまいました。なあんかいやな予感、と思ったら、宮城県地方で震度6の地震が発生したとの車内アナウンスに驚き。即携帯メールでダーリンに連絡をとると、あちらは揺れは激しかったけど、被害はないとのこと。とりあえず一安心しましたが、じゃ新幹線はいつ動くんだ…!?

最近あった千葉が震源の地震では、復旧するのに5時間くらいかかっていたので、そのくらいかなあ、と予想していましたが、甘甘でした。とりあえず安全が確認された新白河駅まで移動したまでは良かったんですが、その後がねえ。新白石・石巻間で停電していて、さらに福島・新白石間で架線が500mも切断されているとかで、復旧のめどはたたなく、「しばらくお待ち下さい」と。

この「しばらくお待ち下さい」というのが曲者で、復旧のめどが立たないときに「しばらくお待ち下さい」とは言わないでしょう。結局、止まってから仙台に着くまでの14時間、JRはこれを言い続けました。車内でも、このせりふにはさすがに失笑が起こっていました。めどが立たないなら代替手段を講じるとか、せめて「あと10時間はかかります」くらい言わないと、情報が全く入らない車内でただひたすら待つしかない乗客は、本当に疲れます。線路も全線、目視検査で安全確認をするのも、もうちょっと何とかならないんでしょうかね。安全第一は大事ですが、地震国である日本で、毎回毎回これではちょっとどうなんでしょう。地震で、一時的に止まるのは仕方がないというか、当然だと思いますが、その後の復旧方法(BCPですな、正に)を見直す必要があると痛切に思いました。

それから、携帯の充電用コンセントが洗面台にしか付いていないということを初めて知りました。1車両に1つくらいはあるのかと思いましたが、意外でした。当然、1両おきにしかない洗面台のコンセントの前には行列ができてしまいました。郡山駅に停車中に、私は駅構内に降りて使えるコンセントを探しましたさ。そうしたら、トイレの前にすでに何人かが壁の花状態になっていて、一目で充電中とわかりました。そこで上りに乗っている人とちょっと話しましたが、上りは立ち客もいて、車内はかなり混んでいるとのことで、下りでまだマシだったなあ、と。その方は、どうしても今日中に帰らないと明日から仕事だからとおっしゃっていましたが、どうなったかなあ。東京に着いても、その先の在来線はもう終わってるだろうと言っていました。

「こまち」の車両は、座席が片側2列づつなので、比較的楽なんですが、さすがに夏休み中なので、東京駅を出たときは下りでも満席状態でした。隣には、秋田の温泉に行くというおば様方3人連れ、後ろには高校の野球部らしい団体がいて、彼らがまた行儀悪くてかないません。このままずっと一緒かとうんざりしていたら、学校からバスを出すことになったとかで郡山駅に移動したところで全員降りてくれました。これはかなりラッキーでした。そして、隣のおば様方も、今日中に秋田には着けないと判断して、東京に帰ることになりました。これも、かなりラッキーです。座席二つつなげてごろんと横になれました。郡山駅にいる間は、ほぼゴロン状態。

そのうち、ダーリンが車で迎えに来てくれることになりましたが、高速の上りも混んでいるはずだし、余震にも注意と言っていたので、ちょっと心配。
0

2005/8/15  20:54

診察日  IgA腎症

クリックすると元のサイズで表示します
次回の診察は、3ヶ月後になりました。前進です♪

主治医の先生の外来担当日が金曜日から変更になって初めての診察日でした。盆休みの時期のためか、かなり空いていました。レントゲンと心電図の検査もついでにしましたが、診察まで含めても待ち時間はほぼ0分。9時に入って10時にはもう終わっていました。が、薬局が20分待ちでございました。まあ、でもこの感じなら出勤日でも午前中には全部終わって、午後出勤には間に合いそうです。

CRE=0.96
BUN=13.8
ALB=3.95
Hb=10.8
TU−TP=19

検体検査の結果も良好でした。相変わらず、進行性ではないことも確認。ただ貧血が治らないので、たんぱく質の摂取量をちょっと増やしてみようということになりました。3表のじゃなくて、野菜ですよー、野菜。

ペルサンチンの副作用で、昨日から頭の左半分がズキズキしっぱなしでした。こんなに長い間痛みが続いたことがなかったので、最初は熱が出るのかと思いました。病院に行くのも大変でした。夏休みで、しかも診察日で良かったかも(笑)
とりあえず、ペルサンチンの量を半分(3錠/日)にすることにしました。頭痛があんまり酷くて日常生活に差し障りがあるようなら、1回くらい呑まなくても大丈夫とのこと。ということで、今日のお昼は呑みませんでした。夜は1錠。頭痛はかなり楽になりました。あとは、自分のペースで呑むように、とのこと。自己管理ですよ、自己管理。夜も早く寝ましょうね。
0

2005/8/13  21:11

かわいい〜  そんな日常

さっきまでスカパーで「氷の接吻」を観てました。久しぶりに観ましたが、ユアンが可愛いですvv しかし、若いですねえ。アシュレイ姉様にめろめろなユアンがたまりませんでした。とても今の「師匠」とは…。いやあ、ご馳走様でした。

で、今日から夏・休・み〜♪
な割には、翻訳の課題が終わらずに、半日PCに向かうはめに…。ちゃんと1週間に1ページずつやってたはずなんですけどねえ。なぜ?(笑)とりあえず、明日もう1度読みなおしてOKだったら提出してしまいましょう。ああ、この中途半端さがいかんのだよなあ…。
0

2005/8/11  21:22

エピソードIIIおまけのおまけ  映画

ふと、ダース・ベイダーの義体の重さと、攻殻機動隊の少佐の義体とどちらが重たいのかな、と。体の残った部分では、少佐の方が絶対に少ないんですが…脳と脊髄の一部ですからね。義体の使いこなし方という点では、少佐の方が上ですね。ダース・ベイダーの立ち回りは、あまり身軽そうではありません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ