IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2006/4/30  18:23

ちょっと塗ってみた  ガンプラ部

天皇賞のディープインパクトは、強かったですねえ。3コーナー前から上がって行くのを見た時には、大丈夫なのかと心配しましたが、凡人の常識は通じない馬だったんですね。武騎手の判断も完璧だったということなんでしょう。しかし、ちょっと呆れてしまって、開いた口が塞がりませんでした。

***
『Blood+』を観た後、横になったらそのままぐったりと寝入ってしまいました。起きたら2時でありました。まあ、疲れていたんでありましょう・・・orz
流石に焦ってお昼をかきこみ、とりあえず腕と足、爪を塗ってみました。腕は接着済みです。この接着剤、ふたに刷毛が付いていてマニキュアのようなので、とても塗りやすいです。こんなところで長年のマニキュア経験が生きるなんて思いませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ガンダムマーカーは、何回も重ね塗りして、ムラをなくすのがコツですね。塗り方も、ちゃんと一方向に塗らないと、乾いたときにボテボテに見えてしまいます。これもマニキュアと同じ要領です。

一時的にバラバラなシャアズゴ↓

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、これで力尽きたので、続きはまた明日であります。
0

2006/4/30  10:09


第29話「呪われた血」

イレーヌの死は、ショッキングでした。シフは、普通に死ぬときは燃えるのに(あれ?陽に当たるとでしたっけ?)、小夜の血が入ると、全身が陶器のように固まって、ガラガラと壊れてしまいました。それを見て自分の血に改めてショックを受けた小夜を慰めるために、ハジとリクが彼女を夜の街に連れ出すシーンが良かったです。すがれる胸と、見守る瞳があるというのは見ているこちらも救われます。ハジが見つけた「答え」が気になるところではありますが、とりあえずカッコ良かった(笑)カイは、ここが踏ん張りどころだな。頑張れ!何にしても、シフはもう敵ではなくなったということなんですよね。

実際のところ、シフの寿命というのはどのくらいなんでしょうか。若い子もいれば、大人のシフもいますよね。どの時点でシフ化されたかに因るんですかね。兵器として作られた、というのは、戦う相手は「赤い盾」と小夜を想定していたということでしょうか。脱走したのは、シフ全員だったのか、一部だったのか。まだシフは作られ続けているんでしょうか。もう、謎だらけですね。

そんなこんなしている間に、カールが復活!て、手が・・・。赤い盾本部を襲うようなことを言っていましたが。大丈夫かな石田さん、じゃなくてジョエルさん。

何にしても、朝っぱらから観るアニメじゃないですね。
0

2006/4/30  10:06

興奮して  IgA腎症

昨夜はよく眠れなかった。よっぽど楽しかったらしいな、昨日は(笑)

尿蛋白値:1+
潜血:2+
体重:52.5Kg

あれ、ちょっと高めですね。大丈夫でありましょう、明日も休みであります。
0

2006/4/29  19:17

塗料購入  ガンプラ部

今日は、大佐と共に池袋の乙女ロードに出撃。したんですが、アニメイトでは塗料の品揃えがなく、とりあえずガンダムマーカーの黒、グレー、白、ピンクを購入して外へ出たら雨。だったため、乙女ロードそのものの散策はせず、ビックカメラへ。

こちらは、さすがの品揃えで、どれを買えばいいのやら迷うほど。持参した「シャアズゴ塗装図」を参考にして、ボディ用にサーモンピンクに近いピンクとあずき色に近いレッドを選び、筆2本と接着剤を購入しました。んー、慣れたら複数の色を混ぜたいですねえ。

購入品一式↓
クリックすると元のサイズで表示します

お買い物の後は、遅いお昼とお茶とおしゃべり。いやあ、本当に久しぶりに楽しかったです。どんなおしゃべりかって、そういうおしゃべりです(笑)
大佐から、『遥かなる時空の中で』がおもしろいと教えて頂きました。声優陣も豪華で、しかも石田さんが歌っているCDまであるそうです。次回、コミックとCDをお借りすることになりました。ヨロシクデス!
そうそう、大佐がこのブログを携帯で見ていることを知って驚きました。自分のブログのくせに、携帯で見られることを知らなかったのだよ・・・orz どうやるのか、これからちょっと探検します。

さあ、明日から塗るぞ!


0

2006/4/28  21:04

明日からGW!  映画

クリックすると元のサイズで表示しますポタ4映画(後編)

リドル家のお墓が、まともなお墓で良かった(翻訳版参照)。
結局、シリウスは声だけのご出演だったんですね。暖炉のシーンは「CGよ」とは聞いていましたが、あんなCGだとは思いませんでした。「チキン!」が無いことは、百歩譲るとしても、せめて(こざっぱりした)顔だけでも写っていて欲しかったです〜。
という、マイナーな親世代ファンのわがままは置いといて。今回一番楽しみにしていたのは、ハリーとロンの仲直りシーンだったんですが、ちょっと希望とは違ってしまいました。悪くはないけど、やっぱり原作通りハーさんには叫んでもらいたかったなあ(笑)そのハーさんのドレス姿は、さんざんTVCMで見てしまっていたせいか新鮮さはありませんでしたが、ちょっとはにかんだ表情がかわいかったです。「すべり止めじゃなくて!」という台詞もちゃんとあったし。
えら昆布をネビルが教えるというアイデアは良かったですね。ネビルの両親のこともちゃんと説明してくれていました。これがないと5作目に続かないですからね。
マッド・アイとヴォルが良かったです〜。マッド・アイのキャスティングを知ったときは、ちょっと太り過ぎじゃない?と思ったんですが、ぜーんぜん。不気味だけど根は優しいムーディーのイメージそのままでした。まあ、クラウチJr.ではありましたが・・・。ヴォル役のレイフ・ファインズは、期待以上でしたねえ。特に声がステキ。あの声を聴きながら、字幕の「俺様」は何とも不釣合いでした。そこまで翻訳版通にしなくてもいいのになあ。でも、鍋から出てくるシーンは、原作より良かったです。原作を読んだときは、悪いけどちょっと笑っちゃいましたので。あれ、ちっとも恐ろしくありませんよねえ。

あ、ハリーについて何も書いてない・・・(^_^;)追々、ということで、はい。
DISK2を観なきゃ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ