IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2006/10/19  19:59

『起動戦士ガンダムF91 クロスボーン・バンガード(上)』  ガンダム祭り

by富野由悠季 表紙・挿絵=美樹本さん

 高村(合田?)祭りにかまけて、ずーっと積読状態だったF91です。8月のガノタ・オフ会でN大佐に薦められて買ったので、2ヶ月越し!読む前に、景気づけとばかりに映画を観ました。というより観たかっただけです。やっぱりおもしろい。

 N大佐から予め映画より過去の世代から物語が始まると聞いていましたが、ロナ家の成り立ちや、クロスボーン・バンガードの設立過程などがよくわかりました。何より、シーブックとセシリーがそれぞれ育った環境、2人の出会いなども詳しくて(青春してる!)、なかなか楽しいです。映画ではその辺りが全く説明されていませんが、きっとこんなだったんだろうなあと想像していたものと同じ印象だったので安心しました。富野監督が書いているので、当たり前なんですけど(笑)

 富野監督の著作を読むのは初めてですが、本の描写もアニメのまんまなんですね。小説を読んでいる、というよりアニメの絵コンテを文章で読んでいる感じがします。実際に絵コンテを見たこともないんですが、イメージで。台詞なんて、まんま富野節です。そうそう、挿絵が美樹本さんです。

 そして、上巻の終盤にきていよいよクロスボーン・バンガードの攻撃開始で、やっと映画の冒頭部分に入りました。

つづく
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ