IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2008/2/29  21:22

洋菓子店とかスレイヤーズとか  アニメ・コミック

 『図書館戦争』がまだ始まってもいないノイタミ枠ですが、7月から、よしながふみさんの『西洋骨董洋菓子店〜アンティーク〜』がTVアニメ化されるそうです。しかも、“原作に忠実に”だそうですよ。『純情ロマンチカ』ですらTVアニメ化されるんだから、おっけーなんでしょう、きっと。
 そして、放送時期はわかりませんが『スレイヤーズ』も登場のようです。私は旧作を観た事がないので、ちょっと楽しみです。キャスト変更も無いようですが、できれば、ゼロスが出てくれると良いなあ、と思います(笑)
0

2008/2/29  21:17

ちりとてちん「聞かぬは一生の箸」day 5  テレビ

 す、すげえぇぇ!

 秀臣さんが川平さんでなきゃいけなかった理由まであったんですね!そして、秀臣さんだけ、なぜ標準語なのか、異様なほど丁寧な話し方なのか(川平さん、GJ!)、孫たちの箸使いを見て、感無量に「箸が使えるようになったんだね」と嬉しそうに呟いたのか。全てがさらりと説明されてしまいましたね。ていうか、何、この伏線の張り方!! おとといの順ちゃんの「生きている限り誰かを傷つけることもある」という台詞が、胸に染みました。お母ちゃんが一目会いたいとお父ちゃんに手紙を送ったこと、お父ちゃんが塗り箸の修行を捨ててしまったこと、その塗り箸を見て敵わないと思いながらもひたすら精進する秀臣さん。その秀臣さんのを、お祖父ちゃんがお父ちゃんが帰って来たと誤解してしまったこと。どれもこれも、誰も悪意があってやった訳ではなく、誰かが誰かを想うことで、他の誰かが傷ついてしまう悲しい連鎖。うぅ、書いていてまた泣けてきた。

 秀臣さんの箸への愛情は、食事をするためのツールなだけではなく、家族である証でもあったんですね。友春さんと順ちゃんの結婚を許したのも、秀臣さんにとっては家族が何よりも大事だから、そして自分の孫を自分と同じように父親がいない子供にしたくなかったから・・・。はっ、もしかして、友春さんと順ちゃんの結婚をあっさりと許したことを正典お父ちゃんが訝っていたのも、今日のための伏線だったのか?!

 奈津子さん、よくぞ聞いてくれましたね。

 それから、秀臣さんのモノローグ中、小次郎叔父ちゃんがちょっと一人で雰囲気違っていたのが気になります。秀臣さんに対しても、彼なりの想いがあるのではいでしょうか。

 昨日は、土曜日のことを想像して、ものすごくわくわくしたんですが、今日の回を見て、さらにわくわく感が高まりました。
0

2008/2/28  22:01

ちりとてちん「聞かぬは一生の箸」day 4  テレビ

 喜代美は、お見合い会場に乗り込むのではなく、製作所の事務所にいる清海ちゃんを訪れました。火曜日の清海母の回想シーンに登場した事務所は、明るくて暖かそうな陽射しをバックに、きれいなお母さんがソファに座り、その横では事務担当の男性が仕事をしていました。それが、今日、同じ事務所の何て寒々しく、がらんとしてしまったことか。そこに一人で座って、お見合い相手の写真を眺める清海ちゃん。しかも黒い服。喜代美は、いざ来てみても何を言ったら良いのかがわからない。でも、喜代美が来てくれたおかげで、清海ちゃんは本心を吐き出すことができ、それをたまたま聞いていた秀臣さんが、お見合いを断りました。誰か一人が頑張って何とかするのではなく、一人の何気ない行動がきっかけで、玉突きのように次から次へと影響して繋がっていく描写が素晴らしいです。こういうところが、このドラマを好きな理由ですね。

 清海ちゃんが親に初めて逆らって東京に行ったのは、喜代美が大阪で頑張っていた姿に触発されたから、という部分があったんですね。順ちゃんの、のほほんとしていても頑張っていても、人が人と関わる限り相手を傷つけることがある。でも、それはお互い様。と言うのが良かったな。そして、人と人とが関われば、無意識にせよ相手を励ましたりすることもできる。清海ちゃんだって、きっと喜代美が頑張っている姿を見て励まされていたんだと思うから。それでも、喜代美は、清海ちゃんの気持ちを思いやれなかった当時の自分がいやなんだよね。それは、喜代美が成長したことの証でもあるんだけど、辛いよなあ。それにしても、化石の嘘がこんなところでも効いてますねえ。

 小次郎叔父ちゃんの箸は、結局売れなかったようですが、その正平の箸を見て感慨にふける秀臣さん。何、何なの一体!!

 そして大阪では、小草若が「はてなの茶碗」を草原兄さんに稽古してもらっています。兄さんてば、昨日は「無理」とか言って逃げたくせに(笑)。後でそれを見ている四草が、「見物ですから」と呟いていましたが、これはもちろん小草若のことと、草々の例のスーツのことも含めてでしょうね(笑)。そのスーツですが、もういいかげん、女将さんに甘えるのは止めとけ、て感じでしょうか。自分が師匠なんだから。四草の厳しい表情に、何か気が付いたらしい兄さんでした。しかし、算段の平兵衛の前では、勇助君が小者に見えてしまいました。小草若は、どうして「はてなの茶碗」に拘るんでしょう。

 今週は、誰かの一言に、誰かが反応する表情を映すことが多い気がします。ドキドキしますねえ。土曜日が待ち遠しいですねえ。
0

2008/2/27  20:00

オリゼー、ゲット!!!  アニメ・コミック

 ダメもとで、本屋に行ってみましたら、まだ在庫があったんですよ、『もやしもん』6巻の限定版が!

 で、既にこの状態で売ってました↓
クリックすると元のサイズで表示します

 取っ手とカバーを取ると↓
クリックすると元のサイズで表示します

 中身です↓
クリックすると元のサイズで表示します
 限定版は、コミックスのカバーも限定仕様なんですね。

 で、このオリゼーが、激しく可愛いいいい!!!今も膝の上にいます。もう、抱っこして歩いてます♪(家の中をね)

 いや、漫画も読むんだけど(笑)
0

2008/2/27  19:57

ちりとてちん「聞かぬは一生の箸」day 3  テレビ

 続編がほぼ決まったらしいです!期待していいですか?答えは聞いてない!(爆)

 さて、本題です。
 お仏壇は、徒然亭の家に収まってました。良かった〜。四草のアパートだったらどうしようかと思いました(笑)

 さて、小浜では小次郎叔父ちゃん乱入!どうするつもりなんでしょうね、正平の箸。秀臣さんの謎の一言「同じだ、あの時と」は、秀臣さんが初めて正太郎ちゃんの塗箸を見たことではないかと推測する叔父ちゃんですが・・・。どうなるんでしょう。隔世遺伝かもしれないと言われた糸子お母ちゃんが、かなり嬉しそうでしたね。小梅さんの「どんなに可愛がっても、結局は赤の他人」という言葉を聞きながら、ああ、ここにおかみさんがいたじゃないか!と気が付きました(笑)。お母ちゃんに、昨日は「分からないなら調べなさい」と言われたのに続き、今日は、「やってもみないうちから駄目だと決め付けて」と言われた喜代美です。思わせぶりだなあ、こういう台詞の続き方は(笑)

 清海ちゃんのことを順ちゃんに相談した喜代美でしたが、何となくもやもやなままですね。確かに、清海ちゃん自身が自分で何とかしないといけないことではありますが・・・。今回ばかりは、誰に相談しても、同じ答えしか返ってこないような気がしました。私も、順ちゃんと同じことしか言わないだろうな。

 そう言えば、以前、寝床で喜代美が切れて清海ちゃんに八つ当たりした後、草若師匠がお茶を淹れてくれて、「心がようぬくまったら、いつかあの子に謝りなさい」て言ってくれたんでしたねえ。清海ちゃんには、師匠さんみたいな人がいないんだなあと思ったら、何だか悲しくなってきました。

 そうこうしている間に、清海ちゃんのお見合いが決まってしまいました。普通なら、こういうときに、異性キャラがぶち壊しに乱入するものですが(笑)、やはりここは喜代美の出番でしょうか?

 そして大阪ではと言うと、草々さんが、どうやったら師匠みたいな師匠になれるんだろう、と迷い、小草若はようやく、父親と向き合おうとしているようです。「はてな茶碗」を稽古してほしいと草原兄さんに頼む小草若に、おお、ガンバレや〜、と思った矢先、兄さんにっこり笑って「無理!」て!!底抜けに〜、ずっこけましたがな(爆)。あっちもこっちも、迷い道く〜ねくね〜。

 そんな中、算段の平兵衛と鉄砲勇助が、嘘対決?四草ってば、内弟子からお昼代巻き上げるなんて、酷くない?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ