IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2006/10/31  21:09

『GONIN』by石井隆監督  映画

某所で勧められたんですが・・・。
今まで未見だったことが悔やまれた作品でしたよー。なんかもう、目茶目茶ツボ(爆)
登場する男たちのどうしようもなさ加減といい、追い詰められ方といい、殺され方といい、止めの本木雅弘&佐藤浩市のキス・シーンといい、うっとりしっぱなしでした。
極道物ではありますが、一番怖かったのが堅気の竹中直人さんだったというのも凄かったなあ。竹中さん、はまりまくりでしたね。そうそう、最後の最後まで椎名桔平がどこに出ていたのかわかりませんでした。あれじゃ、わからないですよねえ。それから、ビートたけしが脇役であんなにイイのを初めて見ました(笑)。彼は主役以外はできない人だと思ってたんですけど・・・。
そんなたけちゃんを始め、俳優さんたちがものすごく気持ち良さそうに演じているのも良いですよねえ。男って、本当にどうしようもないよなあ。 改めて、日頃俳諧しているJUNE系サイト様たちが、いかにこの映画に影響されていたかがよく理解できました。腐女子道に極道物は不可欠な要素なんですが、いやあ、ホントにごちそうさまだった。

で、思うに。やっぱり、今生のキスというのは、こういうキスなんじゃないか>本木雅弘&佐藤浩市(思い出すだけで、うっとり)
これに比べたら、ルーシェンのキョウちゃんへのキスは「親愛」のキスだよな。まあ、夕方のアニメだから露骨にできなかったのかもしれない、という可能性はあるけど。でもなあ、3回観たけど「友情以上、恋愛未満」としか思えなかった(笑)。そんなにこだわる必要もないんですが、ゼーガの感想で皆さんがあまりに「そうだ」と書いているので、ついね。そも、GONINとゼーガを比べてどーするのよ。

次は、三池崇史監督かな。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ