IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2007/4/21  21:58

『王の男』  映画

 珍しく新作レンタルしてしまいました。しかも1泊。さらに、映画が観たかった、というより「吹替え」が聴きたかったという、作品ファンからは石を投げられそうな理由です。

誰がどの役とは、敢えて言うまい。

堀内賢雄
森川智之
石田 彰

 セルDVDのコレクターズ版には、この3人の顔出し座談会が特典映像に含まれているそうです。売る方は必死なんだな、と思ったり。

 吹替え、素晴らしく良かったです。期待以上でした。賢雄さんの「遊ぼ」は、タイミングといい息の抜き方といい、本当に「へ?」とさせられました(笑)。森川さんの声って、いつも不思議だなあと思うんですけど、いつでもどこでも耳に心地良いんですよねえ。それでいて凄く存在感があるというか、目立つというか・・・。今回も、沢山しゃべっててものすごい早口なシーンもあるのに、ホントに気持ちがいい声です。

 で、やっぱり石田氏なわけですが(笑)。役柄上、素のコンギル、演者としてのコンギル、といろいろな声が聴けて嬉しかったです。コンギルが女形を演じるときの声は、艶っぽくてかなりやばかったです。でも、ベスト・シーンは、酔っ払ったところをチャンセンに介抱されながら「嬉しい。全部嬉しい」(←こんな感じの台詞だった)って言うところ。

 この3人だけでなく、他の声優さん達も凄く良かったですよ。特に、最後の京劇仕立てのお芝居で、おめかけさんの一人を演じた方は、京劇の女形さんの発声していたのに驚きました。クレジットがないから、どなたかは不明なんですが。何にしても、1泊というのは慌しくてよくないですね。

 映画も良かったです。映像も綺麗でしたし・・・。でもね、やっぱりもったいない。イ・ジュンギという稀有な素材を活かしきれてない。ヴィスコンティを観まくった(元)耽美映画好きとしては、あれだけの素材を前にして、ああもあっさりした扱いというのが信じられません。もっとがっつり撮ってほしかったし、観たかったな。京劇の女形をやらせたのは、個人的にはマイナス。どうしても『さらば、わが愛/覇王別姫』での永遠の虞美人、レスリー・チャンとかぶっちゃいました。ああ、また観たくなってきた・・・。

*****
 さ、明日は『電王』ですね。鈴村さんが楽しみです。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ