IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2007/10/28  15:53

『電脳コイル』第22話   アニメ・コミック

クリックすると元のサイズで表示します
デンスケ

「最後のコイル」

 普通なら、この期に及んでの総集編なんて!と思うところなんですが、今回に限っては、ありがとう!!
 おばさんの頭はパニックでした。3回も見ちゃったよ。それでも、記憶が飛んでるところがいっぱいだったよ。以下、感想というか、自分用の確認メモよ。

 ヤサコ、いつの間にかランドセルしょってる。イサコがヤサコの家の玄関で、堰を切ったように号泣するシーンにこちらももらい泣き。やっと、2人がちゃんと話し合えるようになって良かった。と思う間もなく、デンスケが危篤!や、やだよ、やだよ、やだよ、助けてよ!でも、ヌルやミチコさんについては、イサコは否定しなかった。

 おじじは、以前猫目が言っていた「先生」だった。メガマス社と契約していたお医者さんで、ある実験をしていた。その実験が失敗して生まれた電脳の生き物を消滅させるために、Cドメイン(Coil's domain?)をフォーマットしようとして、出来なかった。そのため、その上に違う空間を重ねようとした。そのCドメインにアクセスするには、コイルス社製の電脳体(Coil's node?)が必要。それが、最後のコイル=デンスケ???

 新型サッチーがヤサコの家に攻撃できないのは、ヤサコのお父さんがメガマス社の人だから?ていうか、あれを作った本人?コイルス社は、最初に電脳メガネを作った会社。

 猫目とタケルは兄弟で、父親のために動いているらしい。メガマス社の言いなりに動いてる訳ではなさそうだけど、目的は不明。コイルス社と関わりが?

 学校でのイサコ苛めは、タケルの独断。この兄弟とイサコが原因でカナちゃんは死んでしまった。

 ミゼット型のマトンは、2体いる?1体は猫目の。

 猫目がイサコを使うのは、イサコがイマーゴだから。そのイサコがミチコさん?冒頭の、「この世界を望む者がいて、私は生まれた…」というモノローグは、何回聴いても桑島さん(イサコ)だったよ。それに、あの人形。消したくなかったのは、お兄ちゃんとの思い出?

 京子ちゃんとデンスケを助けるために、玉子おばちゃん出動!って、ダイチがおばちゃんの手下に!!ダイチ、頼んだよ!!!

 自分たちのピンチに、暗号札を自分に貼り付けるヤサコに燃えた。イサコとの共闘に燃えた。小学生に(しかも女子だよ)燃えてどーするよ>自分
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/10/31  16:25

 

コイルス社の作ったCドメインは様々な事件で使用された結果、未知の電脳体が存在している可能性がある。そのうちの一体はミチコさんの可能性が高い。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ