IgA腎症(CKDステージ3)予後比較的良好群
薬:ディオバンバルサルタン錠40r
食事:たんぱく質51g(17単位)、塩分7g、1500kcal/日 現在は特に食事制限なし
その他:カーヴスで週2回運動

2012/5/22  5:25

石巻へ行ってきた  US生活

 4月の一時帰国の際、津波被災地を見ておきたいと思いつつも、この時期に観光客のような自分らが訪ねたら失礼じゃないかとか、行く前はいろいろ考えましたが、仙台の友人やダーリンの同僚たちから異口同音に、「見ておいてほしい」「見ておくべき」とアドバイスされたので行くことに。したんですが、そのダーリンがぎっくり腰やら扁桃腺腫れて発熱やらで全く動けなくなり、一時は諦めました(^^ゞ まあ、何とか回復して、帰米する直前、半日だけやっと時間が取れて石巻へ行くことができました。本当はもっとゆっくり回りたかったんですが、仕方ありません。

 訪れてみて、改めて今回の被害の大きさに言葉を失くしました。行けども行けども何も無い風景と、その風景の一部と化している巨大な瓦礫の山々。そんな中でも稼働していた製紙工場や水産加工工場、そして逞しく営業しているコンビニ!一日も早い復興を願わずにいられませんでした。今回、自分らはコンビニでしかお金を使えなかったのは残念だった。

続きを読む
0

2012/1/2  20:43

2012年お正月  US生活

 明けましておめでとうございます。本年も、どうぞ宜しくお願いします。今年は、良い年になるといいな。

 今年のお正月は、1月1日が日曜日だったこともあり、2日(月)は振替休日でしたが、ダーリンの会社は出勤日で...。つまり、いつもの週末でした(^^;)
 大晦日は、お昼に年越しそばを食べましたが、我が家には「ざる」というものが無いことを発見!今までダーリンの実家で食べてたから必要無かったんだわ。去年は「どんべえ」だったし(爆)

 それでもお正月くらいはと、迎春揃えを出してみました。去年は蒔絵の会津塗でしたが、今年は同じ会津塗でも赤い漆器で統一してみました。赤のお重の中には干菓子が入っています。ちょっとおままごとセットみたい(^^ゞ

あ、足が写っちゃった(^^ゞ
クリックすると元のサイズで表示します

一の重アップ。黒豆がもうちょっと多いと良かったけど、美味しかったです。ご馳走様!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/12/19  20:13

グランプリ・ファイナル2011観戦(おまけ)  US生活

 観戦には直接関係ないんだけど、今回訪問したモントリオールもケベックシティも本当に素敵な街でした。国境ひとつ越えただけで、この差は何なんだ?とちょっとショックでしたよ( ̄▽ ̄;)

 グレイハウンドでモントリオールのバス・ターミナルに着いたら、その建物の内部のおしゃれなこと!全体の色使いとか、タイルの大きさを変えて並べた床とか、何でこんなにアメリカと違うの?!で、ケベック行の長距離バス(オルレアン・エクスプレス)が、乗り心地が大変ヨロシイ上に、車内でWiFiが使えるというサービスまでありました。私はこのバスに乗った時点で既にケベック州の虜になっていましたよ。いや、バス会社の人に荷物を預ける時点で、かな。すごく紳士だった(^○^)。まあ、バスのアナウンスがフランス語しか無かったのでちょっとオロオロしましたが、その分、乗客の人が英語で教えてくれました。人も親切だった。

 ケベック・シティも噂に違わず、街並みも歩いている人もおしゃれ。食べ物も美味しいし、街のどこからでも視界に入るシャトー・ホテルも素敵だし、是非、次は夏に再度訪れたいと決心しました。

 モントリオールのバス・ターミナル内にあるカフェ。
クリックすると元のサイズで表示します

 商品陳列も暖色系で統一。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/12/18  6:11

グランプリ・ファイナル2011観戦  US生活

 カナダのケベック・シティで行われたフィギュア・スケートのグランプリ・ファイナルを観戦して来ました。こんな形でカナダに行くことになるんて、全く想定外でした。でも、とーーーっても楽しかったし、モントリオールもケベック・シティもまた行きたい!


続きを読む
0

2011/11/22  16:57

夫婦というのは深いものだ  US生活

 義父がレビー小体型認知症+パーキンソン病併発と診断され早1か月。もしや義母も認知症か?と疑われたんですが、こちらは老人性うつ病との診断。義父の認知症診断からくる不安とストレスが原因ではないかと。でも、きちんとフォローすれば治るということで、とりあえず一安心...していたら、こちらも一進一退で焦ってはいけない状態。
 義父についてはデイケア(週4回)が合っているらしく、意外と元気で、お菓子作りなどを楽しんでいる模様。作ったお菓子を義母と楽しそうに食べている、という報告を聞くとちょっと嬉しい。

 義母がうつ病と診断されたときは、まず義父が見かねて入院を訪問看護師さんに進言したらしいのです。息子夫婦(私らのこと)も義妹も、その方が良いんじゃないかと、義父のショートステイ先とかいろいろ調べたりしたんですが、最終的に義母が入院は嫌だと。
 どうして入院が嫌なのかと理由を聞くと、「お父さんと一緒にいたいから」なんだそうです。「お父さんが病気になってから、『○○さん』て名前を呼んでくれるようになったから」一緒にいたいんだそう。これを聞いて、息子夫婦はちょっと泣きました。夫婦って深いですねえ、とはケアマネさんの感想。全く同感です。こういう状況なので、診療内科の医師も、入院しないで今のまま2人で一緒に生活してもらいましょうと。そして訪問看護の回数を増やして、+ヘルパーさん+デイケア+ケアマネさん態勢で様子を見ることになりました。

 訪問看護師さん、ヘルパーさん、デイケア・センターの皆さん、そして毎日メールで2人の様子を報告して下さるケアマネさんの助力に心から感謝しています。ていうか、感謝してもし足りない。

 来年早々には、何とか一時帰国できると良いな。


 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ