2010/2/1

あの女はこわいです。  大家の話

本日の題名は、日本語歴数ヶ月のイヴォ君の宿題の作文からいただきました。
なんか、インパクトがありますね。
「あの女」と一体何があったんでしょうね彼は。
敢えて訊いてませんが、気になるところです。
それにしても、普通の会話の中で使うなら「あの女性」とか「あの人」とか、
「あの女の子」とか、使い分けなきゃいけないっていうのが日本語の難しいところです。
オランダ語なら一語で全部賄えちゃいますからね。

再び、「システムにより」コメントへのレスが拒否されています。
自分(投稿者!)のパソコンからレスしているのに、なんて事!?

ピアノを手放してしまったという物理的な理由も手伝って、オルガンを練習しに行っています。
かつて鍵を借りたりしていた聖リドヴィナ教会は今はもうなく、
オルガンは森向こうの教会へ。
このオルガンの移動を巡っては教会同士の政治的なあれやこれや、色々あったようですが
今は落ち着くべきところに落ち着いているんじゃないでしょうか。
その前に教会同士で政治的云々をしないで欲しいんですけど。
まあ、教会も所詮人間の世界に建っているものですからね。
もっとも、私がそこのオルガンに触ることは今では滅多にないんです。
練習してるのは別のところです。
ちょと淋しいですね。
しかぁし、暖房の入っていない教会に3時間ほどいれば、
身体の芯から冷えます。
床が全部お墓になってるような教会だったらもっと寒くなりそうですね。

ところで、大家が下のおにーさんに裁判で負けたことに逆上して
大変なことになってます。
昨日家賃を払いに行ったら、ひたすらおにーさんの悪口を言ってるんです。
「あいつは犯罪者の家系の出身だから、嘘しか言わない。
 僕のような真面目で正直な人間のことを『お前なんてヒルだ』と言ったんだ。
 僕の彼女のことを居候と言った。」
などなど。
なんと子供のようなことを。
彼女が居候なのは本当じゃないか。
真面目で正直な人間は違法なことはしないじゃないか。
彼が犯罪者の家系とかそんな事言ってたら今度は名誉毀損で訴えられるぜ。
あのおにーさんなら本気でやるぜ。
あー、お陰でマーリースとの約束に遅れちまったさ。
何でも今、新しい、「ちゃんと合法な」契約書を作成中だとかで、
それが出来次第サインをしろ、と。
そして家賃は上がると思う、と。
そして、自転車の駐輪代も取る、と。
サインをしなければ訴える、と。
誰か彼に天誅を加えてくれ。
他人の金をむしり取って醜くぶくぶく太って。
本当に、ヒルじゃないかい。
心臓発作でも起こせば良いのに。
とか思ったりして。
でも、面白いからもう少し様子を見てみます。
私、相手が逆上すればするほど、冷静になるタイプなんです。
そして、「キレる男」っていうのが何よりも大嫌いなんです。

そういえばだいぶ(1ヶ月くらい)前の話ですが、
スーパーの卵がことごとく品切れ、という時期があったんです。
なんだろ、と思いつつ特に普段卵を必要としていないので困る事もなかったんですが
知り合いの話によると「ドイツの方が高く卵を買ってくれるので
ドイツに輸出しすぎて、国内供給の分が足りなくなった」という事らしいです。
なんと、マンガのような話。
本っ当に、頭が良いんだか悪いんだか、全く分からない国ですね。

不覚にも、また風邪をひいた模様です。
鼻水が止まりません。
また明日から、「昼間」のない日々のはじまりです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ