2010/8/27

世界の中心はmiddle of nowhere。  音楽

最近、女の子の名前で迷惑メールがきます。
裏DVDとかそういうやつ。
そして遂に、misakiさんからメールがきました。
ドキッとするので辞めていただきたい。
そしてこれをストップさせる方法を誰か教えていただきたい。

先日、地名も知らなかった某所に、行ってきました。
パウリーナのメルセデスで約2時間のドライブ。
着いた場所は。
クリックすると元のサイズで表示します

なんだここは。

と、思ったら、どうやら村人総出(?)で5年に一度、受難劇をやっている村らしく、
こんな大掛かりな野外劇場があるんだそうです。
地名は。
クリックすると元のサイズで表示します
Tegelen。
http://en.wikipedia.org/wiki/Tegelen

今年はちょうどその、受難劇の年らしく、衣装部屋があったり
写真がいっぱい貼ってあったり、ちょっとしたテーマパーク気分。
何て言ったって私は仕事じゃないし。
しかし、本当に何にもないところなので、この劇場のある場所を出ればあとは住宅のみ・・・?
という感じの場所でした。

そして聴いたのは、MonteverdiのVespro。
今年で出版400年なんですね。

昨日はコンセルトヘボウに行きました。
恐怖の(?)食堂でちょこっと食べましたが、今のところ体調に異変なしです。

そのコンセルトヘボウへ向かう途中、日本人が沢山いました。
何かあるのかと思ったら小ホールでコンサートがあったようです(今調べた)。
トラムが日本の通勤電車並みのスシ詰めで、お財布をすられた方もいたようで
ブレッソンの映画を思い出しました。
私は今までお財布を盗まれた経験はございません。
が、油断したらやられそうですね。

そんな昨晩もVespro。
頭の中がすっかり3和音です。
不協和音程といえば係留くらい。
でも、考えてみると和声的に複雑なことをしなくても
これだけのことが出来るのだから、
無調だとかあーだこーだ言う必要、全くないんですよね。
声部の使い方のバリエーションの豊富さとか。
天才のなせる技とはいえ。
凡人が書けば3和音で8声部とか、あり得ないくらいつまらなくなる、とはいえ。
でも、自分の個人的経験から言うと、
和声が単純であればあるほど、書くのは難しいですよね。
つまり自分は、逃げる為に自分の語彙を増やした訳です。
それは私だけではなく、和声というものの発展においても言えるのではないかと。
なんてことを二日間に渡って黙々と考え続けた訳です。
そしてあの悪名高きゲイダイワセイ3巻終了後、時間が余った(笑)ため、
シャラン大先生の3和音の世界へと足を踏み入れた時の衝撃を思い出しました。
そしてギャロン/ビッチュの本の表紙の色が昨晩から頭を離れません。
苦学がたたりますね。

話は戻りますが、一昨日パウリーナの家で猫3匹(実際飼っているのは4匹)
の大歓迎を受けました。
彼らの毛の柔らかいこと。
上等な毛皮。という感じ。
バーミーズという種類だそうで。
さすが、人なつっこさと言い、手触りと言い、
タダ(無料)のパンチ一家の素っ気なさとは大違いです。
でも、さくらちゃんは可愛いですよ。
昨日でパンチの子どもたちは生後2ヶ月でした。
すっかり「猫」という感じです。
写真は、目が開いたばかりのさくらちゃん。
まだ「毛玉」っぽい。
この頃はいつも、一番奥の方に隠れていて、なかなか写真を撮らせてくれませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

ところで最近、雨が降り過ぎだと思っていたら、
大家によるとうちの地下も浸水していたらしいです。
幸い、私の部屋は3階なので、何の影響もないのですが、植物は溺れそうです。
0

2010/1/10

まだらの卵  音楽

昨日洗礼式の後のパーティで、長男君を抱いたパパ君(友達)が、
この子に音楽と日本語を習わせたいんだけど、何歳からやればいいかなぁ?
と言い出してびっくりしました。
うむ・・・私は3歳から弾いてました。
だからピアノは3歳からで良いと思うんだけど、日本語、日本語、ねぇ。
イタリア人の子が日本語を習って将来役に立つのか不明です。
彼がこんなに教育パパだったとは。
面白いね。
「じゃ、3歳からお願いするよ!」
という訳でピアノ&日本語教室に予約が一件入りました(笑)
そういえばゲジーナのうちの娘ちゃんも3歳になったらよろしく、って言ってたなぁ・・・
まあ、それまで私がオランダに居れば、の話ですよね。
居るのか、私?
という瀬戸際に立っているような毎日です。
でも、自分では決められない。
だから、自然に決まるまで待つことにしました。
元々のんびりなのだよ私は。
急がなくて何が悪い。
焦らなくて何が悪い。

よし、こうなったら幼児教室を開いてオランダで早期教育を流行らせるか。

今日は割と時間がゆったりしていたので
気づいたらここ3週間くらい止まらなかった咳が治まっていました。
やっぱり疲れてたのかね・・・
明日はベビーシッターと生徒2件。
0

2009/11/28

靴下作戦  音楽

来週また、生徒の発表会をするんですが、
昨日レッスンをしたら、何を弾くかすら覚えていない。
どうやら本当に全く練習しなかったらしい。
「あのねぇ、発表会まであと何日あるか、知ってる?」
「知らない・・・」

この後彼は、私とお母さんに怒られ、トイレに入ってしばらく出てこなかったりしつつ、
「発表会まで毎日ちゃんと練習する」と本人とお母さんと約束しました。
ここの家はお母さんが働いて(お父さんはどうやら無職)、
お父さんが今ナイジェリアに帰っているため、
放課後は友達の家に預かってもらっていて(子供を家に一人で置いておいてはいけないので)
家にいる時間が短く、なかなか練習ができない。
という事情はよくわかる。
が、しかし。
発表会で弾けなくて困るのは彼自身なのでここはがんばっていただかないと。

連弾って、「この曲やったはずなのになんでこんなに弾けないんだ」と思うとき、
弾いたパートを勘違いしてるんですよね。

自分の曲を練習してます。
ちょっと必要なので。
心がけることは「嘘を弾かない」です。はい。
最初から自分が弾くことが確定してる曲は自分のパートすらまともに書かないんですが
(共演者には迷惑ですよね。反省してます)
別の人に初演してもらって、というか委嘱で書いた作品を自分で弾かなきゃいけない場合、
「なんか難しい」と自分に文句言いつつ、練習するしかありません。
とか言っておきながらちょこちょこっと楽譜の方を直したりしてますが。

あら、珍しく音楽の話題だわ。
靴下作戦の話はまた今度。
0

2009/8/21

視界狭窄  音楽

今まで、自分がマッテゾンのドイツ語に苦しめられる日が来ようとは
夢にも思ってなかったです。
はい、何言ってるかまったくもって不明です。
無理やり日本語にしたところで、何言ってるかわかりません。
あはははは。
こりゃあやっぱり文語文にすべきかね、なあんてそんな凝ったことはできませんが。

それよりも。
体調、わるいです。
晴れてるのに視界が暗い。
なんでだ。
0

2009/8/9

ひとりあるき  音楽

コーヒーは一日2杯まで、だそうですが、今日は何杯飲んだことか。。。
でも、日本で大学に通っていた頃はコーヒーなんて殆ど飲まなかったんだけど。
じゃあ、何を飲んでたかっていうと・・・
・豆乳
・飲むヨーグルト
・グレープフルーツジュース
以上の3点によるローテーション的波があって、飲むときはどれかひとつを
一日1リットルくらい飲んでました。
因みに作曲をしながらクッキーのファミリーパックを1晩で1袋あけてました。
作曲家は早死にして当然だと思います。

ちょっと飲んでれば身体によさそうなものでも、摂り過ぎはやっぱり毒でしょう。
でも、毎日ちょっと食べると良いといわれるものはたくさんあります。
例えば:
・ビターチョコレート
・赤ワイン
・納豆
・豆腐
・バナナ
・しめじ

何だか思い出せないけど、こういうものって結構あるでしょう。
でも全部やってたらそれはそれでカロリーオーバーよね。
それでも全部摂りたかったら、全部ミキサーに入れてガーッとやってみてはいかがでしょうか。
・・・って誰に提案してるんだか。

そんなわけで、読んでる本がようやく終わりそうです。
終わったら終わったで、まだ次のプロセスが待ってますが。

そんな今日この頃、何だか気が向いたので、シューマンの「色とりどりの小品」を初めて最後まで弾いちゃいました(いつも途中で挫折)。
ついでに、カバレフスキーのソナタの譜読みも。

新しい一週間。
何か発展がありますように。
来週末はまたドタバタの予感ですが。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ