2009/6/1

vs. 私  音楽

メトロノームを遅くすると止まるってことはやっぱりアレですかね、
家が傾いてるんでしょうかね。

クラス一モテモテのキャメロン君ですが、最近やたらとやる気があって、
「週に2回レッスンに来て欲しい」ということで週に2回レッスンしてます。
相変わらず部屋は臭いけどね。

昨日は祝日返上でアムステルダムの先生宅までレッスンに行き、
あーだこーだ言われて、珍しくたくさん書き込みもしてもらったのに
帰って楽譜を開いてみたら先生の字が汚くて読めない。
まあ、そこ、何か気をつけろってことで。
んでもって、私の前にレッスンをしていて、
そのままずっと聞いていたクリスティーナと一緒に帰ってくる。
私のレッスンが終わり、外に出た途端「あーお腹空いた」と彼女のリュックからオランダ風クッキーが出てきて、
駅に着くまでの間、トラムの車掌のおばちゃんに睨まれつつも、二人でクッキーをばりばり食べる。
彼女はスペイン人だと思っていたら「違うの、私はスパニッシュじゃなくてカタランなの!!!」と。
まあ、スペイン人だけどね・・・
というわけで彼女にスパニッシュとカタランの違いを語ってもらう。
そんなクリスティーナちゃん、実はご近所だという事が判明。

近所の誰かがスクリャービンの3番のソナタを弾いている。
音楽院の学生かねぇ・・・

日差しが強いので家に引きこもりつつも、お布団を干してます。
実家でお布団を干すと、取り込んですぐこりんが寝てしまうので、
折角「お日様の匂いのお布団〜♪」
と思って寝ようとしても、既に犬の匂いになっていて結構ショックを受けたりします。
0

2009/5/2

1/2の喪失  音楽

昨日、私の曲が日本で初演されたはずなんですけど、どうだったんでしょうねぇ。
録音しておいてねと頼むのを忘れましたので、自分で聴けるかどうかもわかりませんが、
まあ曲なんて終止線を引いてしまったら私とは別人格になってしまいますから、
作曲者なんて悲しいものです。
なぁんて思っているので、演奏者にこうして欲しいとか、ああして欲しいとか
そういうことは滅多にありません。
テンポ?自分で見つけてください。
で良いと思っています。
無責任な訳じゃないですよ。
もうとりあえず私に出来ることは全部やってしまったので、
あとは曲に訊いてください。
という感じ。
実際今回も、一度も彼が演奏をしたところを聴いてませんし。
自分が演奏をする際にもまずは「曲に相談」ですから。
それに私は単に曲を紙に「書いた」だけであって「創った」訳ではないと思ってます。
野原に咲いていた花が綺麗だったので摘んできた。
そんな感覚だと思ってください。
花は、私が咲かせた訳ではありません。

とりあえず今日は昼間ずっと具合が悪かったので死体のようにごろごろと転がっているしかなく、
起きていられないので練習も出来ず、何だか損をした気分でしたが
本を読み映画(DVD)を観たりして考え事をしていました。
あ〜誰かこのまま映画館に運んで行ってくれないかなぁ、と思いつつ。
夕方にはちょっと回復したので出かけてみました。
明日の朝はまた具合が悪いんだろうなぁ。。。

セントポーリア、咲いております。
が、さくら色の花だったので「さくらちゃん」と名付けていたのに(品種名が分からない為)
今回咲いてみたら色が濃くなっている・・・
むしろショッキングピンクみたいな色なんですけど。
改名しなきゃ。
名前、募集中。
0

2009/4/22

今日のお話は「雪女」でした  音楽

ラフレシアって、自分が世界一大きい花だって知ってるんでしょうか。

ふたごっちの片割れが、ものすごく猫かぶるんですよね。
何だそれ、ってくらいに。
私と喋ってるときは結構ドスがきいてるんですが(笑)
でもそれだけ両親に猫かぶって甘えるってことは寂しいんじゃないでしょうか、やっぱり。
余計なお世話ですけど・・・。

日本食スーパーに行ったら、お目当ての「米ぬか」がなく、聞いたら今月は発注しなかったので、
来月まで入らないらしい。
が〜ん。
ぬか床ちゃん、辛いだろうけどあと一ヶ月頑張ってください。
だいぶかさも減っちゃったし、このままだと小さい容器に移動しないとぬかが浅すぎるかも、というくらいです。
ぬか、求む!

カテゴリを音楽にしたのはいいけど、音楽の話がないじゃないか。
ってことで無理矢理音楽の話でも。
昨日エストニア人ソプラノのマリアとリハがあったんですけど、泣きながらやってきてびっくり。
レッスンから直接来たらしい。
彼女、レッスンに行くと泣いちゃうんですね。
そういえば、エストニアにも日本人ツアーが多いそうです。
ちょっとびっくり。
で、全然譜読みも出来ていなかったバーバーや、自分の曲(自作なのに弾けてないっていう情けない状態)をリハ。
夜はレッスン。
私の後だった子から突然連絡があって「代わって欲しい」と。
どうしたのかと思えば、あと一時間練習したいから、って。
レッスン前に一時間練習したところで疲労度がアップするだけであんまり良いことないんじゃないかと思いつつ、
私はレッスン時間が早くなるのは大歓迎。
試験勉強とか、しないタイプです。
んでもって、私にとって今月最大のミッションインポッシブルデーである25日に
事もあろうにクラスコンサートが企画されていて、話し合った結果私は出演しないことに。
5時起きで半日以上働いて、学校のホールに駆け込んでプロコフィエフを弾く。
無理でしょ。

さて、今晩は再びリリー・クラウス。
明日までに2章は無理だわ・・・1章で勘弁してもらおうかしら。
0

2009/4/1

コーヒーと赤鉛筆の関係  音楽

ぷろこふぃえふをレッスンに持っていったら「殻に籠もってないで出ておいで」
と言われました・・・
「毎日シェルのビル(あの、石油の会社ね。ふたごっちの家の近くなんです)を見てるからかなぁ」
などと言いつつ。。。でもまあ、本当に殻に籠もってたんですけどね。精神的に。

今日のふたごっちはいつもにも増してnaughtyで、帰ってきたら疲れ果ててました。
「落書きしたいからアジェンダ破っていい?」とか言って、良いわけないでしょー。
っていうか学校に行ってるのに何でノートを一冊も持ってないんでしょう、あの子たち。
不思議です。

そんなふたごっちを学校に迎えに行く途中、図書館に行くマーリースに会いました。
今、ボーイフレンド・・・から晴れてフィアンセになったカナダ人マイクのママが来ていて、
明日結婚パーティの会場を見に行くんだとか。
ウェディングドレスの候補がね〜、いくつかあってね〜、
と、楽しそうです。
結婚式は来年の3月。
「それまでちゃんとオランダに居てね!」と言われてますが・・・さてさて。

そんな感じでエイプリルフールに嘘なんてついてる余裕ないですが、
肉食竜でガウッってならないとここで生きて行くのは難しいんでしょうか。
常に獲物を狙ってる、みたいな。
でも怖い人いやです。
0

2009/3/21

ワサビをクサビに  音楽

ベランダのミニバラ様ご一行がどんどん育ってます。
春ですね。
今月の初めに強剪定をしたらしばらく変化がなく、
ちょっと早すぎたかな・・・と心配をしていたんですが、
無事、元気に育っているようで一安心。
日の出前にパジャマのままセントポーリアの植え替えしてました。
お陰さまでみんなスッキリ。
鉢が増えてどうすんの、と言う感じですが。
だってさ、ついやっちゃうんです。
挿し木とか葉挿しとか脇芽とか。
誰かもらってください。
ミニバラちゃんももりもり増えてるのでもらってください。

睫毛を引っ張ったらたくさん抜けました。
なくなったらどうしよう。

昨夜、学校が閉まるので練習を終わりにして鍵を返しにいったら、
受付のところでフォルテピアノの韓国人テヨンちゃんに会った。
丁度よかったので昨日の日記のようなことを喋ったら、
「じゃあ古典派を弾けばいいのよ。」と。
なるほどね。
それでも私のストライクゾーンを外れてるけどね。
それから「フォルテピアノでバッハ弾くとさあ」とか
「ファニーメンデルスゾーンが平均律暗譜で弾いてたんだよね」とか
「ゴールドベルク弾きたい」とか。

土曜日だけどふたごっち。
でも今日は片っぽだけ。
音楽院のヴァイオリン教室に連れて行くんです。
母校の東京音大にも音楽教室があって、
土曜日になると子供が(日本の場合ほぼ100%)お母さんに連れられて
わらわらうようよしてました。
そんな感じで音楽院にも音楽教室があって、
土曜日には子供がたくさん。
ふたごっちを教室に放り込んで練習でもしてようと思ったら
「今日発表会だから聴いていけば?」と先生に言われ、
グループの中ではシャイなふたごっちも居て欲しそうだったので、
そのまま残って全部きいた。
うちの弟もヴァイオリンをやっていたし、友達の生徒の伴奏をよくやってるし、
子供のヴァイオリンには慣れているけど、何度聴いても大変です。
音楽院の付属小?中?高校?(らしきものがあるんです)
に入ってやっていこうとしている子供たちなので、
普通のきんちぇすびおーるよりは上手いんだがしかぁし。
そりゃあね、器用に達者に弾いてる子もいます。
暗譜を忘れたことよりも何拍子か分からない演奏をしていることを注意した方が
良いのではないかな先生、と思ったりしてたら
予定時間より大幅にオーバーしていることに気づかず、
約束の時間に遅れましたとさ。

そんな訳でマーリースを図書館前で待たせた挙句、
一度家に帰らせてしまいました。
ごめんね。
今日はお買い物です。
「白い服」をね。
白装束。
リコーダーを吹きながらスキップして舞台に登場したとき以来です、白装束。
おらんだ人の子とお買い物したことがなかったんで楽しかったです。
彼女は全然おらんだ人に見えないけどね。
「どう?」と覗いたら「胸がつかえてボタンが閉まらない!」という
私には有り得ない自体が起こったりしてました。
むむむ。
最後には「今日暖かいね〜」と言いながらアイスを食べ、
身体の芯まで冷えました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ