2007/11/30

たぬきじじい  大家の話

うちの大家は違法行為を平気でする人物なので、
黙って絞り取られるのも限界に達した我々ニホンジンの小娘二人で
ちょっくら抵抗を試みることにした。

オランダにはよっぽど家賃トラブルが多いのか、
家賃のトラブルを専門に扱う事務所があって、
そこに相談し、査定に来てもらった。
まあ、どちらもオランダ人である場合、
貸す方も借りる方もドケチなのだろう。

家賃は毎年上がっていくものらしく、そのパーセンテージは国が決めるものなのだけど、
本当は1.1パーセントまでしか上げてはいけないものを
彼は私達の無知に付け込んで4.25パーセントも上げていた。
許せん。
あとは、私宛の手紙を勝手に開封したりとか。

私達から不法に搾取したお金で彼が何をしているかというと、
年甲斐もなく緑のメルセデスを買ったりウクライナ人の怪しい彼女に貢いだりしている。
あの彼女に保険金殺人でもされればいいと何度思ったことか。
オランダなんて沈んじまえ、とつい思ってしまう。

日本に来た外国人には優しくしましょうね。

続く。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ