Amazon. disk union, HMV, Tower Record, 山野楽器、楽天等で予約受付中です。ジャケットを↓クリックどうぞ!

Live後記@渋谷Ko-Ko 20180301

2018/3/11  21:25 | 投稿者: MIE

3/1(木) 渋谷【Ko-Ko】
山本美恵(Piano)トリオ+
俵山昌之(Bass)岡部洋一(Percussion)
Guest: 金井拓明(Guitar)
http://jazz-koko.mods.jp/

クリックすると元のサイズで表示します
CD「Landscape final〜 Mie Yamamoto feat. Yoichi Okabe」に参加してくれた新潟のギタリスト金井拓明さんを新潟から渋谷に呼び、彼の作品と、New CDからお届けしました。
実際、ギターカルテットの演奏になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
日帰り強行軍。終演後もバスに乗り遅れないよう、そそくさと後片付けし、Ko-Koを後にした金井氏でした。そうそうギャラをまだ渡していない(笑)忘れるところでした。手帳に書いておこう。
( ..)φメモメモ

クリックすると元のサイズで表示します
おお、いいアングル!Mさま!いつもお写真ありがとうございます!
綺麗な写真ですね☆

クリックすると元のサイズで表示します
金井氏の曲は、コード進行が独特で、容易では無い。練習し甲斐が有りました。他人のオリジナル曲をやるのは勉強になりますね。

クリックすると元のサイズで表示します
演奏中、色々助けて貰った俵山さんのベース。
すごく心強いし、その姿勢から、私はやる気を頂いている。

クリックすると元のサイズで表示します
Groooveする雷様のようだった、岡部さんのドラム。
(注:パーカッションではない)非常にレアな経験をさせて貰いました!凄かった!
そして、ジャンベとカホンも映えました。

クリックすると元のサイズで表示します
同じ船で大海に漕ぎ出す。色々な突発的なアクシデント有り。その都度対処していかねばならない。今まで経験してきた事。勘。判断。精神力。直感。優しさ。時には厳しさ。全てが試される。技量が有ることは勿論だが。とにかく何とかしなくてはならない。そんな中で、音楽家としての先輩、俵山さんと岡部さんに、クールなプロ根性と粘り強さを見た。“しぶとさ“と言ってもいい。。どんなシチュエーションでも、最後の一音まで絶対に諦めちゃだめだ!と私は心に誓う。だが…

クリックすると元のサイズで表示します
集中の糸が切れ、自分の曲のエンディングで大コケしてしまいました。反省しきり。。
さて、次はどんな船でどんな波の中、航海するのか?また経験を積んで挑戦し、一つずつ経験値を上げ、また次の航海をする。もしかしたらナギかもしれないし、嵐になるかもしれない。でもいったん演奏が始まったら、最善を尽くす。。ことにしよう。
Ko-Koの小柳さん、見守って下さったお客様、共演ミュージシャンのみなさん、本当にありがとうございました。楽しかったです!
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ