Amazon. disk union, HMV, Tower Record, 山野楽器、楽天等で予約受付中です。ジャケットを↓クリックどうぞ!
2013/2/22  23:56 | 投稿者: MIE

居酒屋「くぼがた」に、櫛田哲太郎(Bass)あさおかゆう(Ts)Duoを聴きに行きました。
キーボードをキャスターで引っ張りながら40〜50分歩いて行きました。
クリックすると元のサイズで表示します

第一部は、お二人のDUO!
空間を生かした演奏が素敵でした!

私も二部から、持って来たキーボードで飛び入りさせて頂きました!
クリックすると元のサイズで表示します


そして、スペシャルゲストの登場!!
今日はライブが有る事知らず、たまたま飲みにいらしたのです!
クリックすると元のサイズで表示します

正直、安っぽいキ―ボードでしたが、名手に演奏して頂けて、光栄です!
Swingyな、素晴らしい演奏でした!
クリックすると元のサイズで表示します

場内、大盛り上がり!!

苦労して、キーボードを運んでよかったです!
シットインさせて下さった、櫛田さん、あさおかさん、ありがとう!
くぼがたのマスター、ママさん、棟梁、歓待ありがとうございました!
今度、普通営業の日に、ふらっと遊びに行きます!

久々、やましたさんにお会い出来て嬉しかったです。
演奏する時、緊張しましたが‥
これからも、頑張ります!

KINZAN 3rdCD 是非聴いてみて下さい!1500円です♪
(クリック↓)
0
タグ: ジャズ 音楽 ピアノ

2012/11/12  13:11 | 投稿者: MIE

1ヵ月前ですが、後追いレポします。

◆10/15(月)19:00 新潟【タカサワ洋服店2F】
≪Kinzan≫山本美恵(Piano)金井拓明(Guitar)
新潟県新潟市中央区米山5丁目14-11 
3000円(食事、飲み放題付き、ライブチャージ込み)
※要予約、限定20名様

クリックすると元のサイズで表示します

10月のレコ発ツアーの中で、2週間前急遽決まったこのライブは「タカサワ洋服店2Fライブ」
叔母から声を掛けて貰いましたが、その実体は謎が多いものの、面白そうでワクワク快諾致しました。

後で分かったのですが、会場は叔母が経営する「Wave」というカラオケスペースでした。
今から○十年前、そこは叔父が経営する建設会社の事務所で、音大目指して一浪中の私は、そこで事務のバイトをさせて貰っていました。
そして、稼いだお金(笑)で英語のイケメン家庭教師に月謝をお支払いしていたのです〜!

バイトは半年もやりませんでしたが、とても思い出深い場所なんです。
19歳、若かった。。
1Fのタカサワ洋服店は、今も変わらず営業しています。


さて、ライブはコンパクトなスペースに、定員20名を超える予約のお客様を迎え、熱気ムンムン。
クリックすると元のサイズで表示します
普段はカラオケ営業をしているので、演歌のポスターなど有りますが、事前に承ったリクエスト曲、KINZANのオリジナル、ジャズスタンダード、ポピュラーソングをアレンジして演奏致しました。

涙有り、笑い有り、最後は、立ち上がって拍手して下さるお客さん、握手を求めて下さるお客さん、鳴り止まぬ拍手を頂き、大変熱いライブとなりました。
特に、金井拓明のギターソロ「りんご追分」はしみじみとして、日本の情緒と彼のモダンな感覚がマッチング。泣きの演奏でしたね!

クリックすると元のサイズで表示します
お料理はすべて手作り、T叔母さん、従兄弟のTさんと奥様、気持ちの行き届いた企画を、どうもありがとうございました!(ここは控室です。)

お食事は、ビーフシチュー、サラダ、和え物、パン、唐揚げ、おつまみ等々、最後の締めはおにぎりでした。

お客さんはライブ中でも手を挙げるとお酒が振る舞われる仕組みで、食事付き飲み放題で3000円はお得!

クリックすると元のサイズで表示します
ところで、予め頂いたリクエスト曲がかなり難題であった。
1.聖者の行進(これは普通)
2.禁じられた遊び
3.ボレロ

3は、間際でも有り、パスさせて頂きました。<(_ _)>
ごめんなさい。

が!!禁じられた遊びはジャズアレンジしましたよ!
某ジャズ店マスター曰わく、禁止された遊び〜つまりヤバい遊び…風のアレンジ?

ちょっとアップしてみますね。さわりだけ‥
下の画像をクリックしてみて下さい!

この音源はバンドバージョン〜タカサワ洋服店の3日前に行われたJazzFlash での演奏です。

もちろん、タカサワさんのお客さんのリクエストに応える為、アレンジしたのですが、Jazzは応用が利くので‥!(^^)! 急遽フラッシュライブのメンバーにお願いしてみました。
ドラムの目黒さんとベースの東さんが渋いでしょ?

DUOでやった、タカサワLive、noanoaLiveでも、この曲は評判よかったんですよ。
原曲が素晴らしいので、本当は変えない方がいいのかもしれませんが、私なりのこだわりを曲に盛り込み、リクエストにお応えしましたー!

クリックすると元のサイズで表示します
この日は、KINZAN創設からお世話になっている、古沢氏にキーボードとアンプ類、マイクまでお借りできたので、ライブが実現しました。
そして、それらのケアや、細かい作業を快く受け持ってくれたのが、従兄弟のTさんです!
Tさん、楽器の運搬やクルマでの送り迎え、当日のセッティング、どうもありがとうございました。

お客さん、みな熱心に聴いて下さり感激しました。
CDも沢山お買い上げ頂きました。
Happyな一日でした。

これからも、頑張ります。

クリックすると元のサイズで表示します
タカサワ洋服店は、元々紳士服の専門店でしたが、久しぶりに1階にお邪魔したら女性物や、叔母さんがダンスをやっているだけあって、ダンスの衣装もありました。
そして、上の写真のボトムは、プレゼントして下さった黒パンタロン!!
あと舞台衣装にピッタリの赤いスパンコールの付いたトップもいただきました。

超派手派手なので、これを着て、いつみんなを驚かそうか、楽しみです(*^^)v

クリックすると元のサイズで表示します
生演奏を間近で楽しんで頂けたようで、嬉しかったです。
よい音を作って下さった古沢さん、素晴らしいパーティーを企画、準備して下さった‘タカサワファミリー’立ち上がって踊りださんばかりのノリのよいお客さんに感謝致します。
また宜しくお願いします!!!

KINZAN 3rdCD 是非聴いてみて下さい!1500円です♪
(クリック↓)
1

2012/11/7  21:03 | 投稿者: MIE

【As if in a dream】発売記念ツアー後半、ライブレポが遅れてごめんなさい!
10/14(日)18:30 新潟県燕市【noanoa】
≪Kinzan≫金井拓明(Guitar)山本美恵(Piano)
ゲスト;吉川ナオミ(Vocal)

クリックすると元のサイズで表示します
KINZAN〜金井拓明(gt)山本美恵(p)にゲスト、吉川ナオミ(vo)さんをお迎えしました!
(写真ナオミさんサイトから頂戴しました)
クリックすると元のサイズで表示します
昼は新潟市の西堀ローサでライブだったKINZAN
電車(越後線)で燕市に移動してきました。
思ったより遠くてびっくり!でもローカル線の移動も、いいものです。
クリックすると元のサイズで表示します
壁と床が木のnoanoa‥ガットギターのサウンドがとてもよく合い、暖かい雰囲気に包まれます。
写真はRさんのブログから頂きました。
Rさんは、私が初めてnoanoaに出演した2006年からのお客様です。
ありがたい!
Mie Yamamoto Trioの1st CDのレコ発でした。
あれから通算5枚のCDを出させて頂き、昨年11月の「Memories」記念ライブにもお越し頂きました。
今後とも宜しくお願い致します。
また、ピアノ談義しましょう!
クリックすると元のサイズで表示します
実は、最初にセッティングしたボーカル用の機材にトラブルが有り、マイクが使えない状態でしたが、本番の15分前にスタンバイできました。ハラハラドキドキ(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
まかないの「松茸のパスタ」
美味しゅうございました(*^_^*)

ナオミさんはスタンダード曲中心に歌いましたが、ユーミンの曲もこの3人ならではのサウンドでお届する事ができました。
構成も3人で演奏するだけでなく、独り占めシリーズ?
私とDuoでやったり、金井さんとDuoでやったり、お客さんは、色々なサウンドを楽しめたのではないでしょうか?

ピアノでも単独で伴奏できるし、ギターでももちろん出来ます。
そして、そのサウンドは全く違いますよね!

更に3人で演奏すると、もっと音楽が増幅して楽しかったです。

色々な発見もありました!

ナオミさん、noanoaのマスター、大きな拍手を下さった、ナオミ追っかけ隊の皆さま。
またお会いしましょう!!
また楽しみましょう!

ナオミさんの1st CD「Live is Beautiful」も好評発売中という事です。
ナオミさん、これからも新潟に熱い風を吹きこんで下さい!
0
タグ: ジャズ KINZAN ピアノ

2012/11/6  22:08 | 投稿者: MIE

やあ、cobaのコンサート「FESTA coba FINALE」に行ってショックを受けまくっている山本です。
相当な刺激を貰って来たので、ありがたく日記に書き記しています。
新潟ライブレポもまだ中途ですが、記憶が薄くならない内に書かせて下さい。

何か、表現する執念みたいなもの感じてきたよ。
アレンジ作業が終わったのは本番前々日だったみたいです。
(blog cobaによる)
大サービス!
つまり、書き下ろしのNew Versionが沢山聴けた訳です。
だって、斬新でしたもの‥

旅先でコンサートが終わって、毎晩譜面書きをしていたとの事で睡眠もままならなかったようです。

スケートの高橋大輔選手がオリンピックで使ったcobaの曲「eye」はオーケストラ編成。
それを、この日の為に、この編成で(Acc, 弦4,Cla,Fag,Gt, Dr, B)リアレンジ。
これが、素晴らしかったです。本当、もう一回聴きたい。

あと、メドレーものも奇想天外、楽しくて、練ってあって聴き応えたっぷり!
おしゃれカンケイテーマ曲メドレー
ハウス食品CM曲メドレー
シチリアの月の下でメドレー

しかし、超多忙でいつ練習する暇があるのか?と思うのですが、2時間半ものプログラムが構成も音符もすべて頭に入っていて、楽譜を見て弾いたのは、僅か1曲だけでした。

そう言えば今思い出した。
いつか「暗譜で苦労した事は無い」って豪語?していらっしゃいましたっけ?

元々非常に耳がいい上に、頭がよいという事なのでしょう!
素晴らしいですね。

そうまたまた思い出しました。
中学の時から、色々な曲を譜面見なくても弾けるので、ああ耳で感知した曲は弾けるんだなって恐ろしかった。
‥というのは、私はそれまで、地元のコンクールで賞を頂いたり、テレビに出たり、怖いもの無しだったのに、13歳の時cobaに出会って打ちのめされた訳(笑)
人生初の音楽的挫折!を味わったが、cobaさんは、中二の途中で新潟から名古屋に転校したので極力この挫折を忘れるようにしていた。
だけどまた10年後東京で再会するのだが‥

とにかく13歳のcobaはリコーダーを吹いてもトレモロ奏法とか言って独自の吹き方していたし、合唱コンクールではウェルナーの「野ばら」を自らアレンジ。声部がひっくり返ってメロディーが下にくる技法を使ったり、指揮もやったけど、私が伴奏で「山本、伴奏考えて来い!」って言われた。

ところが私は、自分で考える事をせずに近所に住むピアノの先生に楽譜を借りて来て、そのまま弾いたの。
そしたら、俺のアレンジと音が合わないな、て言った。でもそれ以上何も言わなかったし、手直しもしなかったし、私は売ってる楽譜通り弾いた。
きっと音がぶつかっていたと思う。
敢えて言わない優しさみたいなもの、感じた。

放課後に「鉄腕アトム」を階名(ドレミ)で歌えるか?歌ってみろ!って言われた事があった。
私はハ長調で「ミーミーミファーファ♯ソ―」と歌い始めたけど、すぐ分らなくなった。
アチャー、あれがショックだったんですよね。
要するに、ピアノ教室に真面目に通って、真面目に練習して、という普通のプロセスを彼は踏んでいなくて、その頃からとても独創的で感覚的であったと思います。(私はエレクトーンをやっていましたが)

級長と副級長だったし、勉強もその頃はライバルだった。
確か中学に入学して最初の中間テストは小林君11番で私12番だった。
それからテストの結果が出るたびに「山本何番だった?」って聞きに来てくれて、結構お互い直前に集中勉強してたような気もするが、ありがたい存在だった。

という訳で、大幅に話がずれましたが、今日言いたかった事は‥
「表現に対する並々ならぬ執念」ですよ。
そこに感動したのかも?私は。

すべてが表現に繋がっている、と感じたのです。
そして、それに私は憧れた。

自分は雑念が多過ぎるって反省した。
もうちょっと音楽に集中しなさい!私!

きっとcobaさんは純粋なんだと思う。

これがいい機会だ。
演奏を続けたいなら、もっと音楽に純粋に向き合おうよ私。
一点集中。
覚悟を決めて取り組もうよ私。

大きな花を咲かせるには努力が必要なんだよ私。。。

打ち上げ花火みたいだなーって思った。
音はその場で消えていってしまう。形があるようで無いもの。
でも人の心に残ると信じて、表現する事にすべてを賭ける人がいるものだね。


全くスケールが違うと感じたのです。

もしかしたら、cobaさんは私の知らない間にどんどん大きくなっていたのかもしれません。
そしてこれからも、もっとスケールの大きいパフォーマンスを繰り広げていく事でしょう。

その1秒が凄い1秒で、23時間59分59秒より凄くて
その1秒を得る為に、23時間59分59秒を無駄に使っていい覚悟?

どう表現していいのか分らないけど、
私は凄い1秒が好きだし、他の時間はどうでもいいと思った。
そして、その1秒を得る為に他の時間を使おうと思った。

それは練習する事だけでなくて、人に会ったり、色々経験したりも含まれているんだけど‥

結局それらすべてが、自分の表現に繋がる事を信じて頑張ろうと思った次第です。
長文、最後までありがとう!
3

2012/11/5  19:26 | 投稿者: MIE

2012年11月2日 渋谷さくらホール
〜coba 20th anniversary〜 FESTA coba FINALE

忘れないように、書いておきます。
この素晴らしい時間に感謝。

クリックすると元のサイズで表示します
あれ、coba〜新潟市鳥屋野中学時代の同級生小林君に最後に会ったのはいつだっけ?

2007年の2月27日 ホテルオークラ 金のリード賞受賞記念パーティーかしら?↓
クリックすると元のサイズで表示します

それとも、NHK第一ラジオの収録、新潟佐渡汽船の船着き場??
クリックすると元のサイズで表示します
調べてみたら、2005年の5月11日

いずれにしても、久しぶりでした。
今年5月の末に、新潟で同級生の‘cobaを囲む会’があり、東京の私に電話を下さった。
私は行けなかったので‥
その時、KINZANの前作CD「Memories」を絶賛して下さり嬉しかった。頑張れって!

久しぶりにcobaの音楽をじっくり聴けて、お会いできるこの機会、楽しみでした!
クリックすると元のサイズで表示します

身を乗り出して聴いて、ドキドキが止まらなくて、集中しすぎて、聴いてるだけなのに、自分はその後2日間疲れてだめだった。

自分のライブの後ぐっすり眠れる私が、他人のコンサートの後、興奮してよく眠れないなんて珍しい。

本当、中身の濃いコンサートでした。夢の時間‥
メドレーも凄かった。
一体何曲やっただろう‥
休憩無しで2時間半くらい。

編成がかなり変わっていて、行く前から興味をそそられていました。

coba : Acco
Joe Strings
十亀正司 : Cla
柿沼麻美 : Fag
Sublime : Vo
伊丹雅博 : Gt
天倉正敬:Dr
JIGEN : Bs

渾身のアレンジ‥美しい演奏‥美しい人たち‥

圧倒的な時間と存在。

すべてを呑み込んでしまうような‥

かなり反省したと同時に、ちょっと自分が変わったと思う‥
この場に居て。

自分の在り方を見直した。

小林君、ありがとう!

いつでも迷いを解いてくれる。


スケールが違うのだ。
間に合わせで何かを10やるより、大きく1つ実らせたいと思った。


彗星のように輝いていて、素敵だったなあ。


自分は周りを気にし過ぎる。
もっと、自分に集中すべきだと、
光を放つ人を見て思った。


つまり、彼のいる一瞬は、閃光のようで、他のどうでもいい時間をすべて呑み込んでしまう。

ちっぽけな事が、どうでもよくなった。
そして、すべてを許せる気持ちになった。


ああ、こんなに一瞬に生きれたら‥

もっと、自分の音楽に集中しよう。
もっと、自分を大切にしよう。
自分を育てよう!
積み重ねていこう!

cobaを見ていて、聴いていて、そう思い続けた。

全く自分とかけ離れていても同じ歳で、同級生。
小林君が走り続ける間は、私も走り続ける。

気持ちを新たにした。

As if in a dream をプレゼントしましたよ!
クリックすると元のサイズで表示します
金井さんも紹介できて、よかった。

胸がいっぱいで何も言う事はなし。

小林君、希望をありがとう!

クリックすると元のサイズで表示します
最後の記念撮影
私も写っていますよ〜
cobaさんの左手、ピースマークのあたり。
この写真はblog coba から頂きました。多分支障ないかと思いますが‥
cobaさん大迫力でしたが、お客さんも熱くて素敵でした。

クリックでAmazonへ


また会える日を楽しみにしています。
お互い、身体のケアは大切にしましょう!

「山本、ステージからよく見えてたぞ。お前太ったな。痩せろ!」と言われたのでダイエットします(-"-)
Thanks!☆
1

2012/11/5  1:10 | 投稿者: MIE

クリックすると元のサイズで表示します
cobaさん、いや小林君に会った。
中学校の同級生なので13歳からのお付き合いだ。
握手をしたら変わってなかった。
大きくて、力強くて、暖かい。
あの、威勢のいいダブルカウントも同じだった。
仕事でもお世話になったから、曲の始まる前のカウントが懐かしい。
人生の節目、節目で大変お世話になっている。
何回かのピンチを切り抜けて、今音楽を続けていられるのも小林君の友情と励ましが有ったからだ。
相当迷惑もかけている。
分不相応な「音楽監督助手」も、音楽劇の現場で数回やらせて頂いた。
全く、力不足で、稽古場で泣きだした事もある。
ごめんなさい。

とにかく昔は(20年前頃)自分をどう表現していいか分らなくて、自信も持てなかった。
専業教師で、生徒を30〜40人持っていた。
色々行き詰って、落ち込んで「もう田舎に帰る」と言ったところ、素晴らしい人達や素晴らしいお仕事を紹介して下さった。

だが、それは幸運である反面、私にとって厳しいものでもあって‥
そして、今まで見た事のない、とてもCreativeな世界だった。

そう、cobaさんが走り続けている限り、私も頑張ろうと思った感動のコンサート
「coba 20th anniversary FESTA coba FINALE」
20121102渋谷さくらホール
行ってきましたよ。
メジャーデビュー20周年と言う事ですが、来年には35枚目のアルバムをリリースなさるそうです。
最初のアルバム「シチリアの月の下で」が出来あがった時の事、はっきり憶えていますよ。
「今、送られてきたんだ」って嬉しそうにCDを見せて下さり、「CDショップで買って」と言いましたね!
結局私はBook Offで手に入れたけど m(__)m

てな訳で、あまりに集中しすぎて、すごいエネルギー消耗した、夢のようなコンサート鑑賞記(矛盾してる?)
明日アップします。
凄かったです。
一瞬に生きるってこういう事?!
2




AutoPage最新お知らせ