見方を変えてみる  仕事

少し前スタッフのH君と飯を食べに出たとき、俺は
H君に「今日は何が食べたい?」と聞くと・・・

H君「・・・(考え中)」


暫くしてH君が・・・



以前先生のブログで食べ物にこだわりがない人は、人生、生き方にも
こだわりがないのかも・・・。と、書いてましたね・・・



と、しんみりして言う。

なぜ神妙な表情になるのか?




まるで、こだわりが無いことは「マイナス」イメージとして

とらえていたようなので、それは違うよとここで言っておきたい。




こだわりがある
ということはつまり現状に満足していないから出る発想である。


こだわりがない
というのはそのままで十分ですという発想である。


言い換えれば「執着がない」ことでもあり、ある意味それで満足しているのだから
こだわらないのだ。


どちらが「正しい」とか「正しくない」とかという問題ではない。


ようはその人がそれで満足していて幸せならOKなのである。



ただし俺の場合は何でも「楽しむ」ということを心がけている。
これはこれでこだわりのある生き方でもある。


何か嫌なことや苦難がきたら、あえてそれを「おもしれー」「ありがてー
といって楽しんでるところがある。

俺が強いとか弱いとかは関係ない、ただの考え方の違いそれだけだ。



俺はよくスロットやパチンコで負けるのだが(汗)

どうせ同じ負けるなら、楽しく負けてやろうじゃねーか!という
打ち方をして楽しんでいる。






プロならまずは宵越しチェックから始まって、ジャイパルとかの
ストック計算なんかやってSTあれば吐き出させたり、ゾーン探し
しながらあれば狙い打ち、ゾーン抜けたら
・・・設定判別しながらジャグ打ったり・・・



確実にプラスに持って行く打ち方それは「勝つ」というこだわりだ。



俺は漫画を描くことが生業なので、別に勝てなくてもネタが拾えたら
それでいい。

で、同じ勝っても負けても面白くなくちゃいけないというこだわりが
ある。



だから、200Gくらいで捨ててある「おそ松」とかいきなり打ち始めたり
して・・・結果6人全員見つけたり、マウスでフリーズさせたり、俺空で
5連リプ夜の8時半頃に引いたり・・・実に楽しいのだ。




悔しいことやむかつくことたくさんあるけどそれはそれで
「おもしれー、ありがてー」といいながらやっている。





人生は何でも「おもしろがってる」方がいいと思う。


面白い、楽しい、嬉しいの・・・その瞬間瞬間は幸せな状態にある。

その状態を増やせば幸せが長くなり、ずっと持続させたらずっと
幸せなのだ。












で、後ろを振り返ったとき・・・
























幸せの道が出来てるんだよね。






で、一言「ありがてー」と言っとけばOKなのだ。

だからH君何も気にすることはない。













「こだわりが無い」という「こだわり」をもってんだから。






それに・・・

























「漫画家」への道を選択したこと自体もう十分立派な
こだわり」なのだ。












もう一度言っておくが人生はどんなことでも楽しんだやつの勝ち。

今俺は確定申告の作成で膨大な領収証と格闘している、・・・(^◇^;)
「おもしれー」「ありがてー」おらおらー!かかって来いやーーーーっ!!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ