最後は自分  パソコン

あれは忘れもしない・・・

一ヶ月ほど前からだったか、いや二ヶ月前か・・・


3週間かな・・・・?



忘れとるやんけ!というツッコミはナシの方向で・・・・




とにかくプリンターの・・・


インク残量が表示されなくなった・・・


ドライバを最新のモノに更新してもダメ・・・


うちはネットワークでどのPCからでもプリント出来るように
組んでいるのだが・・・そのネットワークに欠かせない
プリントサーバーが悪いのかと思い、ファームウエアの更新も
やってみた・・・が、やはり結果は同じでインク残量は灰色のように
表示されるだけ・・・



う〜む・・・これではインクカートリッジの交換タイミングが
分からないではないか・・・。





当然エプソンHPのサポートで「よくある質問コーナー」をくまなく

探し同じようなトラブル見つけ対処方法を見たが・・・。










「Windows側のファイアーウォールが・・・なんたらこうたら」・・・





あのな・・・うちはウイルスバスターじゃけんWindows側の
ファイアーウォールは使っとらんし、バスターも邪魔しとらんわ。
この前までちゃんと見えとったんじゃけえの・・・。



結局いつものことだがこういったサポートが役に立たず


「もうええわ・・・」と・・・



別に諦めたわけではない



デジタルでダメならアナログでいくで!というふうに
切り換えただけのことである。





インク残量が少なくなると、プリンターのインクランプが
赤く点灯する。


現に今も点灯しているので蓋を開け一つずつインクを外して



















手に持って


重さを手の感覚で量っていく・・・ことにした!



そうしたらシアンとマゼンダが軽いのだ!



とりあえずカートリッジを交換したらランプは消えてくれた!



ちょっと雑かも知れないので、正確に0.1グラム単位ではかれる
秤が必要かも知れない!


まあ、暫くは俺の手の感覚で凌ぐか。



こうしてアナログVSデジタル・・・の戦いは続くのだ・・・・。




宇宙戦艦大和のアニメでこういうのがあった・・・
ガミラスから放たれた宇宙機雷をヤマト側は

人の手で一個一個よけてヤマトは無事に通り抜け

それを見ていたガミラスは「ふふふははははは・・・」

「まさか、人の手で避けるとは・・・」


みたいなことを言っていたと思う。







でも、勝てばいいのだ。





最後は自分の感覚がモノを言うのだ。




人間の感覚は研ぎ澄ませばデジタルでは絶対にかなわない
領域に達することが出来る。



まさに、職人技とはそういうものだろう。






数年後俺はインク残量の重さを正確に測れる達人になっているかも知れない。







ツイてる!


0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ