ガロ  日常

その昔「ガロ」というフォークグループがありまして
「学生街の喫茶店」というのがHITしました!

この曲が好きでよく歌ったものです・・・
『君とよく♪お茶を飲み話したね〜♪・・・』

この後は・・・
『ふんふふ、ふんふん・・・♪ふんふふふんふん・・・・たよ〜♪』(汗)


好きなのにこの後が歌えない、覚えていないという・・・(笑)




・・・




まぁ、それは置いといて


サンセイR&Dという会社から・・・






「ガロ」ではなく「ガロウ」という機種がでます!

この機種は一応フルスペック・バトルタイプなのですが
なんと!!


花の慶次や北斗のような2R通常という当たりがありません!!


よって当たれば全て15R!!



右打ち消化中に次の当たり(継続)を抽選するシステムで


出玉スピード爆裂度は恐らく最強ではないかと期待しています!


血湧き肉躍る機種が11月(恐らく)にはデビューです。


楽しみですね!



??????????????????????

さて、また少しお勉強してみたいと思います。


皆さんは宇宙空間はなにもない、ただの真空だと
思ってるのではないでしょうか?



私もそう思っていました。



宇宙服を着てなかったら、人間の身体は一瞬にして沸騰し
目玉が飛び出し口からは内蔵が飛び出てばらばらになります。


真空とはそういうものだと!


確かにそうなのですが・・・





最近の観測によりますと、宇宙には数え切れない星々が
沢山ありますが、その物質量の10倍は何もないとされていた
宇宙空間にある物質が存在してることが話題になっています。



それは「見えない物質」ということから・・・




















『暗黒物質』と呼ばれています。

または『ダークマター』とも。



もしも、この暗黒物質が存在していなかったなら・・・

ほとんどの質量は中心に集まっ
ているのに、近くも遠くも同じ速さで公転し
ているこのおかしな銀河の回転は謎のままだったわけです。
クリックすると元のサイズで表示します


これは現在観測できる範囲の宇宙の全体像です。
クリックすると元のサイズで表示します


よく見ると均一ではなくなにもない空間が網の目のように
あります。

この空間には暗黒物が目に見える物質の10倍以上詰まっているというのです。

とはいっても地球の大きさで言うと500CCくらいだそうです。

500CCのペットボトル一本・・・^_^;

でも宇宙全体でみると大変な質量ということになります。


シンクに水を張ってお皿やコップを洗剤で洗うと、水面には
沢山の泡が出来ます。


その泡は均一にはなりません、それは泡の周りに水があるからだそうです。




ほんとに宇宙って謎だらけですね。




銀河の中心は一体どうなっているのか?

観測データから恐らくブラックホールが
存在していて周囲の星々を飲み込んでいる真っ最中・・・

というくらいしか分かっていないらしいですし。



じゃあ、ブラックホールってなに?


ってことになると・・・光りすら脱出出来ないものすごい質量の
星?ってことくらいしか現在の物理学では説明できない。



だってブラックホールの特異点においては現在の物理学は
まったく通用しないらしいですから・・・。


時間も空間も我々の今すんでいる3次元とはまったく違うわけですからね。


ところで2008年09月10日に超巨大ブラックホールが見つかったらしいですね。
クリックすると元のサイズで表示します


そのサイズはなんと太陽の500億倍・・・ ( ̄_ ̄)(素)

重さにすると、約100 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000 000kg


もはやここまでゼロが並ぶとピンと来ませんね(笑)





最後に
「星の大きさ」の新しいのを見つけたので、あんぐりと口でも開けて
あごをはずしてください(笑)

0
タグ: 趣味 仕事 生活



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ