1円の重み  日常

なにやら1円円高になると、トヨタ自動車の場合400億円の
損失になるらしい(lll ̄口 ̄;) 



つまり輸出メインの企業にとっては大損失になるそうで、
ソニーなんかもかなりの損失を出したそうだ。



逆に輸入や海外旅行は円が強いのでメリットが多くなる。



しかし、1円で400億円減収って凄い話だ・・・。゚(゚´Д`゚)゚。






パチンコで1万勝った負けたと、一喜一憂してる
俺なんかとは別世界の話のように感じてしまうヽ(゜▽、゜)ノ

てか、まったく理解できない。


企業が膨大な費用を掛けて開発し販売し利益を400億出しても
1円円高になったらそれまでの努力とか利益がチャラ・・・つーか
マイナスですからね^_^;


先日「ガイアの夜明け」を見ていたら−



やはりリーマンブラザースの破綻の影響は不動産関係の中小企業に
大きな陰を落としていることが分かった。


今年も相当な数の人が首を吊ることになるのだろうか?



話は変わるがネットの普及で活版媒体も衰退している。


広告収入が雑誌媒体からネットへ移行しているからだそうだ。


BSのニュースをなにげに見ていたらGoogleは今
全ての本をデジタル化しているといった内容が
ながれていた・・・。


日本だけではなくアメリカでも活字媒体が消えつつあるようだ。


歴史ある雑誌が廃刊になったり、新聞の売り上げが去年より
5%下がったりと。



つまりネットで出来ることは何でもネットでやってしまおうと
いうことなんだろう。



たしかにPCで漫画読んだりも出来るし、TVやラジオまでも聴けるし
映画まで観れる。



たしかに無駄に紙資源を使わなくて恐らく環境にもいいと思う。



間に介する卸問屋などのマージンも省け経済的効果も
上がるのだろう。




でも、






俺は・・・






古い人間だと言われそうだが、紙の本が好きだ!



紙の新聞が好きだ。

あの手触りや、ページをめくる感覚や、紙やインクの臭い
が好きなのだ。




そうは言っても時代の流れは変わるはずもなく
カミさんがいうにはあと何年後には新聞なんか無くなるんじゃないの?
と言っていた。




新聞が無くなる頃は雑誌も無くなるだろう。




そうすると本屋が街から消えることになる。
本屋をぶらぶらするのが好きな俺としては
寂しい気分になる。



漫画家はネット漫画にほとんどが移行しコミックスも
ほとんど無くなりPCで読む時代がくるのだろうか?



PCや端末で漫画を読むって俺はだめで、こたつの中で
寝っ転がって漫画や新聞を読むのが好きなのだ。



で、俺なりに考えてみた!







なにも時代の流れに無理に乗る必要はないのではなかと!




無理して乗ってるから、または追いかけてるから辛いんで
途中下車しちゃえば楽になるのではと!

あくまでも逃げではなく、ポジティブに(^ー^)







どこか、ど田舎に行って山小屋(ログハウス)建てて自給自足のような生活
を夢見てるんですがこれが結構リアルに最近感じてきているのだ。


最初は大変だろうけど、人間って結構順応性があるから
まあ、なんとかなるだろう。




子供の頃は友達とよく秘密基地を作ったものだ。


凄く楽しかったなぁ〜。



あの頃の原点に気持ちが戻ろうとしてるのだろうか?


ただカミさんやお袋は絶対についてこないだろう(笑)




でも彼らはきっとついてきてくれると思う−


        ↓ 

        ↓

        ↓


        ↓



        ↓




        ↓

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
なんの役にもたたないだろうが・・・^_^;

0
タグ: 趣味 仕事 生活



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ