ほんとマジでやばいっす!  パソコン


(今回は自作PCのマニアックなお話なので強くスルー推奨)

自分が使っているパソコン(自作)のCドライブの
空き容量が10%を切りました・・・(;^_^A


HDDのシステムドライブ容量が少なくなってくるとPCというのは
パフォーマンスががた落ちになるんです。
何故がた落ちになるか?

フォトショップとかで作業をする時、メモリにデータを一旦預けて
作業を進行するんですが、その作業領域が不足してくると
スワップといってHDDをメモリ代わりにフォトショップは作業を
しはじめます。

このアクセスがHDDの能力が低いとちょっとした作業でも
かなり待たされてしまうわけです。



おかげで今の俺のマシンはまるでノートパソコンなみの
かったるさです^^


何をしてもまったりしてて、時には長考にはいり・・・
フリーズしてんのか?と思ってしまうこともしばしば。


もちろん不要なレジストリやゴミ箱やインターネットの
テンポラリーファイルやいろんなゴミ&2年以上使っていない
ソフトなども削除したんですが・・・・もう限界です。


パーティションマジックで過去3回もパーティションを
切り直して来たんですが、これも・・・4回目となると
ちょっと腰が引けてしまいますw



なんとか今年中に新PCを完成させなくては!!(>_<)ヽ


でもまだパーツが揃わないんです、なぜならお金がないから!(T.T)

なぜお金がないのか?

税金がお高いのと、国保もお高いし・・・

パチンコでも夏からやられっぱなしですし〜・・・

うーむ・・・

我慢してるわけです・・・。



でもね、だからといって安いパーツで妥協はしたくないんですよね。


いや、確かに6万もあればPC作れるんですが、

仕事に使うわけですから、サクサクキビキビ動いてくれないと
イライラしちゃいますからねw


今回SSD(HDDのモーターとかないやつ、超高速!)もシステムに
使おうと思ってるんで、来月までにはなんとか手にいれたいっす!


「Crucial RealSSD C300 シリーズ 128GB(SATA-3規格準拠 6Gbps対応 RoHS指令対応 34nmプロセスNANDフラッシュ搭載 2.5インチSSD)」
今はamazonで25980円
ですが、以前は4万以上してたから、かなり安くはなりましたね!
自分のPCを早くしたいと思ってる方はこのSSDを
システムドライブとして使うと目を見はるほどの早さに劇的に
変わりますよ!保証します^^
64Gタイプだともっと安いですし。


「SAPPHIRE ビデオカード SAPPHIRE VAPOR-X HD5770 1G GDDR5 PCI-E DUAL DVI-I/HDMI/DP」
今はamazonで16000円

ちょっと前の最高クラスのグラボと同等のパフォーマンスで
この値段ですよ!
安くなりました^^

音も静かだし!



今年2月からコツコツと
現在まで手に入れたパーツ類

   

電源 /ENERMAX INFINITI-JC (720W ATX電源)[EIN720AWT-JC]
(550Wから買い換えた) 21000
CPU
インテル(R) Core(TM) i7-920 (2.66GHz) 27800

ケース/
ANTEC Three Hundred(HDD6台搭載可能!ファン2基搭載で冷却性も抜群 7380

マザーボード/
ASUS P7P55D(ATX Intel P55) 12800

HDD/
WESTERN DIGITAL SATA5400rpm 1.5TB(7341)録画&データバックUP用

WESTERN DIGITAL SATA7200rpm 640GB(6210)普段のデータ用

SSD 購入予定システム、プログラム用

ペンタブレット/
ワコム wacom Cintiq 21UX 2010年モデル   202000

液晶保護フィルム/
ELECOM 液晶保護フィルム 2462

グリース/
AINEX シルバーグリス [AS05] 1751

Windows7 home32  19229


購入予定
メモリ
水冷キット
グラボ
TVチューナー
キーボード&マウス
液晶モニタ
SSD
ブルーレイドライブ

パーツ選んでる時ってほんと 楽しいです^^

ささやかな楽しみです。


これが完成したら今のマシンが・・・原付バイクで
NEWマシンがポルシェカレラくらいの違いでしょうか?

OSは32bitですが、本当は64bitにしたかったんです。
64bitなら実はあまってるのがあるのでそれが使えるんですが
・・・ところが64bit板だと動かないソフトがあるんで
なくなく断念。


ついてる、インテル入ってる!
4



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ