ラジオの落とし穴  日常

引っ越しのときに壁に取り付けられるラジオも
もってきて、壁のところにとりつけたんだけど
雑音がすごくて結局PCのラジコばかり聞くようになりました。


雑音の原因はPCです^^;


PCの電源入れないわけにはいかないし、アナログラジオは
諦めるしかないな・・・ちょっと残念(´・ω・`)


NHKはラジコじゃ聞けないし。


ラジオ深夜便はいつも聞いてただけにしょぼーんです。


仕方ないので、ラジコ内で面白そうな番組さがしてたら
JWAVEがけっこう面白いことに気づきました^^



最近はラジオでもユーストリーム同時進行でやってたりするので
臨場感も増してラジオは熱いです^^



そのぶんテレビはほとんど見なくなりました(録画はしてます)



さて、ファイトもUPして今「天神橋」やってます。
それが終わったら31日に「CRリングにかけろ」の実戦!



今月はどの実戦もぼろぼろなので軍資金の底が付き
500円玉貯金にてをつけることに・・・・うう(>_<)



勝とうなどと贅沢なことは言わないよ、でもせめて
トントンなら1日にもあるスロットの軍資金は
維持できる!



リンかけ〜頼むから2連3連以上はしてくれ〜!


全回のカイジ2なんて最高が3連って・・・・・


ライダーの19連の反動かな(^_^;





クリックすると元のサイズで表示します
(フクをiPhoneのアプリで加工処理)w

なんかかっけーw




ツイてる^^ありがとう!

















******余談******



さて来年はマヤ歴では人類文明最後の年となります。

フォトンベルト、アセンション、次元上昇・・・・


様々なことが巷ではうわさされています^^


エドガー・ケーシーもプラトンも遙か昔、地球上には
アトランティス大陸があったと記述してます!

アトランティス文明は今の科学文明よりはるかに進んでいたらしく
反重力テクノロジーなどで空とか自由にいどうしてたとか。

その進んだ科学技術を誤った使い方をしすぎたため
一夜で海底に沈んだとされています。

ただ一部の生き残りの子孫とかがエジプト文明にかかわってたらし
くエドガー・ケーシーもピラミッドの中からいずれ
アトランティス文明で使われていたテクノロジーが見つかるだろうと
予言してました。


いままで多くの科学者などがピラミッドを探索しましたが
未だにそのテクノロジーらしきものは発見されていませんでした。


ところが!


先日、米アラバマ大学のサラ・パーキャック博士らのチームが
26日までに、人工衛星の赤外線探査で、エジプトの地下に
埋もれた未知のピラミッド17基を含む千以上の墓と
3千の集落を「発見」した。


というニュースが流れました!


これはなにかワクワクしませんか!?(;゚〇゚)


もし、そこから「ゼロポイント・モジュール」つまり
無限エネルギー装置のような設計図などが発見されたら
惑星間飛行可能な宇宙船とか近い将来できちゃうかも
しれません!

まさにスタートレックの世界!!!^^



「スタートレック ふるさとへの長い道」という映画の中で
スポックがこう言ってました。


「昔地球では原子力という火遊びをしていた・・・・」



と・・・・w


宇宙人バシャールが言うには、2013年〜2030年の間で
人類は宇宙連合に加盟すると!



今は宇宙人たちは姿をほとんど現しませんが、人類の準備が
整ってきたらコンタクトを取り始め2030年までには
宇宙人たちと普通に接触してるかも知れません^^



なんかワクワクします!



実は人間(地球人)も元は他の惑星から、魂の修行ORカルマの
精算のために地球上に転生しているとのこと。


そしてその修行期間もそろそろ終わりの日が近づいてきてる
ということらしいのです!



ハンパなくSFの世界ですが、僕らが子供時代まさか
ほんとに月に人が行くなんて想像もしてなかった
わけですし他にSFが現実になった例は沢山ありますしね。




別にこれは信じるとか信じないとかのはなしではなく、
そうなったら楽しいだろうな〜ということで、
どうせ短い人生送るなら人生楽しい方を選択した方が
お得だよねっていう遊び心の問題です^^


さぁ、ピラミッドからどんなものが発見されるのか
すごく楽しみです^^

3
タグ: 趣味 仕事 生活



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ