今年の実戦はかなり波が荒くなりそう(^_^;  日常

先日久しぶりにはっさくさんとスロのART上乗せバトルを
やってきました!

機種は秘宝伝とバイオですが・・・・

秘宝伝はほんと相性悪いんですがイトー君がすすめるから
しぶしぶ・・・・



でも、もしかして何かのはずみで超爆裂するかもしれないですしね!


頑張りましたよ!まじで・・・





うん・・・・






頑張る・・・というのはよくないなぁ〜と今は思いますw








夢スロの実戦も終わりました!

機種はミリオンゴッドZeusバージョンです!


俺、別に頑張った覚えはないんですが・・・・

たまたま空いてた台に座って打っただけなのに

とんでもないことやらかしちゃいました(>_<)



人生こんなもんですね^^



頑張るなんてやめた方がいいです、努力?
努力も必要ないと思います。



そのむかし奴隷を力で無理矢理働かせていたことから
努力ということばは生まれたそうです。

そこには「嫌々やる」という意味合いがあって
楽しさは微塵もありません。



楽しく汗を流したり、手にマメを作って作業したり
時にはけがをしたり・・・でも本人が楽しかったら
それは努力じゃないんですよね。




今スポーツ関連の監督などによるパワハラとか暴力
が取りざたされていますが怒られて殴られて
・・・・って、そんな楽しくない状態では人は伸びない
と思います。

根性とか努力とか気合いとか・・・古い日本式考え方って
・・・・・









「ダサ」



さて近況でも・・・・






**********DVD**********
「モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦」

これ、魔女とか狼男とかフランケンシュタインとかが
リング上でデスマッチで戦うという、




まじでしょーもない映画ですw

ほんとにくだらないです(>_<)

よくこんな映画とったなと・・・・







そんな映画ですが・・・最後までちゃんと見てしまった
俺って・・・www


*********ムービックス*********
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

いや〜、映像の美しいこと美しいこと!
(大事なので二度書きましたw)
自分が美しい夜空に浮いてるような錯覚に!

で、話はトラやその他の動物たちとの漂流サバイバル
ものなんですが
宮塚はこの映画の裏を見破りました!( ̄∇ ̄)

「ネタバレになるので、ここからは白文字で書きます。
長いのでとばしてください(^_^;

実はこの映画のラストの方でパイさん(主人公)は
病院で日本人の、とある二人からリアルじゃないと言われ
動物たちじゃなく一緒に日本の貨物船に乗っていた人間達に
話を置き換えすらすらと話をするシーンがあります。
これが実は真実なんじゃないかと!推察しました。

シナリオ作家さんや制作サイドは恐らく、ただの人間達の
漂流物語ではありきたりすぎると判断したとおもわれ、
人を動物に置き換えたらどうだろうと。
そのほうがインパクトがあるし、ストーリー的にも
受けるし話題にもなると判断したんじゃないかと。

そういった作為が自分には見えてしまい少ししらけましたw

現実的に考えてトラは一日に何キロものえさを食べないと
だめです、彼は自分がえさにならないためにトラの分まで
魚を取らなければなりませんが・・・227日間も?
無理でしょう・・・いくらなんでも・・。

自分の食べるものだけで精一杯なはず、・・・

漂流中実際には人間同士のトラブルがあったように
思われ殺人まで発展した含みのある内容です。

猿がハイエナに殺されるシーンがそれで動物に置き換えることで
オブラートをかけてます。

その猿は実際には母親で、ハイエナは意地の悪いコック。
そしてトラはハイエナを殺しますがそのトラこそが
パイさんご本人であると。

つまり現実は非常に生々しい惨劇が・・・

でもそんな映画じゃ今時うけないしね〜って会話を
したんじゃないかと・・・想像ですが・・・w




*********お買い物*********
THERMOS 真空断熱タンブラー
クリックすると元のサイズで表示します

これ二重構造になってて間が真空になってるんです!
つまりコップ型魔法瓶のようなグラスと思っていただければ

冷たいものでも熱いものでもOK.

まじで氷が溶けにくいです^^


お勧めです!



それじゃまた^^ツイてる^^

ありがとう!



さて餃子の王将に行って、餃子定食か
亀有定食でもたべるか!


どっちにしようかな〜w






















0
タグ: 趣味 仕事 生活



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ