悲しみと喜びはめぐる  日常

皆様にはここ1年ほど黙っていたことがあります。


実は2013年5月13日先住猫のマルが天国へ旅立ちました。


16年生きてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します


宮塚がまだアシスタントをやっていた頃甥っ子が拾ってきた
子猫マルでした。



体中ノミだらけで、シャンプーしてもしてもノミって
取れないんだと驚いたことを思い出します。



その頃フロントラインというノミ駆除剤を首の後ろにたらして
駆除できたときは嬉しかったです。



もうその頃はアシスタント家業が忙しく、毎日住み込みで
14時間描きっぱなしの日々・・・



寝不足とストレスと将来の不安でいっぱいな暗い気持ちの日々
でしたが・・・・

うちへ帰るとマルのその可愛らしさがその暗い気持ちを
吹き飛ばしてくれました。


それはもうかわいくてかわいくて、最高の相棒で有り
癒やしでした。



でもごはんをいつもくれるお袋に一番懐いてたんですけどねw





そんなマルに4年ほど前事件が起こります。



粗大ゴミを捨てようと玄関を空けた瞬間にどうやら
マンションの外へ飛び出したようで・・・



玄関はどの階も似た作りなので戻って来れなくなったらしく
なんと1ヶ月半ホームレスを経験する羽目に・・・・(^_^;




カミさんが洗濯物を干しにベランダへ出たとき何気なく
下を見たときマルが下の道をぶらついてるのを発見して
宮塚が急いで1階までおりました・・・・!



駐輪場に隠れていたマルに「マル、マル、おいで・・・」
って言うと思い出したように寄ってきたんです。



ネコは3歩歩けば忘れる・・・みたいなことを言いますが
宮塚のことは覚えてたみたいで・・・(^_^;



ギュッと抱きしめて捕縛!すぐに連れて帰ることが出来ました!




お袋はもう大号泣・・・



不思議なことに、たいしてやつれてる感じでもなくさほど
痩せてもなくいたって元気でツヤもいい、
だれかに食べ物をめぐんでもらってたのでしょうか?w



それとも昆虫やネズミを捕ってたのでしょうか?



何はともあれ元気に帰ってきてくれたので一安心しました。






しかし寿命だったんでしょうか・・・・
食べても食べても嘔吐するようになりどんどんやせ細って
いきました・・・


もう流動食も、点滴もやれることは全部やりましたが
最後はお袋の胸に抱かれて息を引き取りました。



「ここで書くことではないのかも知れませんが動物病院にも
ピンからキリまで確実にあるというこは書いておきます
その当時かかっていた病院は紛れもなく利益重視の評判の悪い
病院だったこと。そのことは色んなかたから知るんですが
遅かったです。皆さんも病院はしっかり選んで下さいね!」





そして・・・



フクちゃんですがそのマルを追うようにして

2014年4月21日永眠しました。



フクの場合はあまりにも急で、4日ほど前からなんとなく
元気が無いなとは思っていたんですが、いつもおっとりしてるので
よく分からなかったんですね。


翌日はご飯を全く食べなくなり自分のベッドにずっと
入ってるのでこれはおかしいと病院へ。



検査結果は腹部に癌病巣が肥大しているのではないかと
いうことで緊急入院。



一晩入院して検査をしっかりやってもらった結果
明日手術しましょうということに・・・・。



あまりにも急な展開で僕ら夫婦は戸惑うばかり・・・



でも手術して直るならと一縷の望みを抱いて頼むことに。


翌日手術開始の1時間ほど前に面会にいいったんですが
何で僕はここにいるの?早く帰りたいって表情をしてました。


目の輝きはいつものフクちゃんです、きっと良くなると
確信ししました。


ブラッシングをしてあげると気持ちよさそうに喉をならしました。



そしていよいよ麻酔を掛けて手術というこなので僕らは家で
一旦待つことにしようと車で戻ることに・・・・





その戻ってる途中で病院から電話が入ります。



看護婦さん「フクちゃんに麻酔を掛けたところ心停止に
なり今現在心臓マッサージをしてます、至急お戻り下さい」

と・・・・・・・・。




駆けつけたらまだ心臓マッサージをしていました。



口からチューブが入れられていて助手の人が一生懸命
あばらが折れるんじゃないかというくらいフクの胸部を
両手で体重を掛けマッサージしていました。


聞けば10分以上マッサージしているという・・・



チューブからはうっすらと出血・・・



痛々しさが僕ら夫婦の胸を貫きます。



宮「もう、やめてください。楽にしてあげて下さい」


思わず口から出ていました。



カミさんは呼び戻そうと一生懸命フクちゃんの名前を叫んで
ました。





動かなくなったフクちゃんを僕らは放心状態で連れて帰りました。




もう何日も何日も二人で泣きました、お袋も泣きました。







クリックすると元のサイズで表示します
享年8才
クリックすると元のサイズで表示します



フクちゃんの死はとても信じられず、すぐにブログで
書くことが出来ませんでした。



マルもいなくなり、フクちゃんもいなくなり・・・
心にぽっかりと大きな穴が空いたような日々を過ごすことに
なります。



それだけ、大切な家族だったということです。



この悲しみがあるから、こういう辛いことがあるから
動物を飼うのはいやなんです。という人がいますが
とてもよく分かります。



その当時は志村どうぶつ園とか動物モノのTVも避けるくらい
必死に忘れようとしました。


心の中ではフクちゃんは今でも生きてます。
なので宮塚の漫画の中では登場させています。











・・・・・すべての生き物は人間も含めいつかは必ず
死ぬ運命にあります。



つまり別れの悲しみは天から与えられた義務のようなもの
避けられません、僕ら夫婦も受け入れようと努力し始めました。




猫喫茶ネタを漫画で描いたのは、ぽっかり空いた穴を
少しでも埋めようとした頃の話です。




フクちゃんはペットショップで惚れて買ったんですが
もうそういう所では買わないことにしてたのでもしノラちゃんが
困っているようだったら捨てられていたりしたら・・・・

飼おうかと話はしていました。



どこへ行くにも、子猫が捨てられていないかキョロキョロ
しながらホールへ通ったものですw




でもなかなかいませんね。




まぁ、縁があったらいつか・・・と過ごしていたある日





今年の5月なんとなく近所の動物病院のHPを
除いていたら里親募集とこのノラ3姉弟の写真が目にとまり・・・





クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カミさんに見せたところ一瞬で一目惚れw



保護してるお宅へ駆けつけました。



真ん中の子はすでに一足早く他のかたが連れて行ったと・・・

保護してるかたはどちらにしますか?と・・・



宮「両方ください!」



また思わず口から・・・・w




女の子と男の子姉弟で賑やかな方がいいし、離ればなれに
させるのも忍びなく感じたんです。




こうして新しい家族がいっきに二人増えました!


いつかまた別れが来るんですが、それを上回る喜びを
この子達は僕らにくれます。



将来病気とか大変な事もあるでしょう、でもそういうこと全てを
含めた経験にきっと価値があるんだろうとおもいます。




旅行にしても、結婚にしても、何かをやるってこと自体に
意味があるんで・・・失敗しようが成功しようがそれは
それでどっちにしろ経験値として自分の宝になるはずです。



この子達から今も色んな事を感じ取ってる日々です。



さて次回はこの子達の成長記録を書いていきたいと
思ってます。





*********DVD********
「刑事コロンボ コンプリートDVD-BOX」
これ数年前に買ったのはいいが、そばにあるといつでも見られるからと
・・・結局は数年間放置

いい加減見ないととおもいたち、仕事しながら見たんですが
・・・






いい!

面白い!!


コロンボの執拗な粘着質な質問の浴びせ方・・・w

どんどんイライラしてくる犯人w

どんどん問題点を提示しイライラさせ、犯人のあたふたする
様がなんともおかしい。


犯人が可哀想とまで思えてくるw


ドラマにおいてのディテールもすばらしい、よれよれのコート
にポンコツの車、・・・中盤からは言うことを聞かない犬まで
出てきてコロンボのキャラがますます引き立つ。


楽しみ方のひとつとして、当時のファッションやヘアースタイルや
最先端科学や高級車や家具や豪邸なども当時の日本と
比較しながら見ると面白い。



当時日本じゃ白黒テレビはまだ普通にあったころアメリカじゃ
リモコン付カラーだったり・・・


サブリミナル効果を映画に使って、しかもすでにアメリカでは
禁止されていた事実。


日本遅れてたってもんじゃない・・・

クリックすると元のサイズで表示します
お勧めです!

19話 別れのワイン
20話 野望の果て
25話 権力の墓穴
などは特にお勧め!


「ウルヴァリン X−MEN ZERO」
まぁ、ぼちぼち面白かったです。

最後に出てきたあのはげ頭はピカード艦長じゃんw


「超高速!参勤交代」
うん、分かるんだけど・・・コメディなのか大まじめなのか
どっちつかず?

どうせならもっと笑わせてほしかった。



「私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva」
アメリカドラマ

これ、ツッコミ所は満載なんだけど
面白いです。
基本はコメディですが時には涙ありシリアス有り、まぁほとんどが
笑いで安心して家族で見られる内容です。


お勧め!




*******MOVIX********
「ターミネーター・リベレーション」

1で衝撃を受け
2でさらに興奮
3でこけて
4で普通に

そして今作はとやや不安な感じで観たが・・・







良かったです!

普通以上の出来、ややタイムスリップがストーリーを
複雑にしてますが細かいことは気にせず世界観を楽しみましょう!

さすればhappyなり^^




じゃ、また、ツイてる^^




最後まで読んでくれてありがとう!


1
タグ: 趣味 仕事 生活



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ