2010/12/12

レジョネアの嵐第68話「プレトリアンの盾」  大河トラビアン小説

 ナタールの首都。皇帝と、世界で唯一ここにたどり着いたプレトリアンの会話は終わった。ここで命を落としたプレ315のなきがらは消え去り、後には一枚の盾が残された。

 いつの間にか、一人の偵察兵が近づき、その盾を両手で持ち上げた。一人のチュートニックナイトと、一人のプレトリアンの命を奪った剣の傷跡が深々と残る盾。
 その偵察兵、レガティ12は盾にそっと額を押し当てた。 
 
 その盾はレガティ12にとって、もっとも近しい友人であるプレ25の盾だった。かれが今、『庭園』でくつろいでいることは分かっていた。そして、『庭園』は本当の意味で死ぬことのない自分には、決して行く事のできない場所だということも分かっている。
「なぜ、僕たちを生き残らせたのですか…、か」
 レガティ12の瞳に涙が浮かぶ。
「もし、本当にその理由が分からなかったのだとしたら、それは悲しいことだわ。でも、本当は分かっているんでしょう?プレ25…。」

 レガティ12はその盾にそっとくちづけ、地面に置いた。彼女が立ち去ると、その盾もかき消えた。
0
タグ: トラビアン



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ