2019/9/17

「存在のない子供たち」2018レバノン  今日の映画

 今回は今年観た中でも一番ハードな社会派ドラマ。貧困を描く舞台として、レバノンのシリア難民というのは世界でも一番厳しい場所だろう。これを見るのはかなり厳しい体験になるだろうと覚悟していったんだけど、結果としては思いのほか楽しい映画体験だった。

 「僕は両親を告発する。この世界に僕を生んだ罪で」
 12歳の少年ゼインは両親、弟妹と暮らすシリア難民。学校に通う事も出来ず、生活のために働いていた。ある日、妹が「結婚」で地主の男に連れ去られてしまう。絶望したゼインは家を飛び出し、やがてエチオピア難民の母子と暮らすようになるがそんな日々も長くは続かなかった。子供二人だけで社会に放り出されるゼイン、それでも彼は生き抜こうとする。


続きを読む
0
タグ: 映画



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ