2019/10/6

「ワンスアポンアタイムインウエスト」1968伊米  今日の映画

 今回は西部劇のリバイバル上映。名匠セルジオ・レオ―ネ監督だし、何より映画館で西部劇を見る機会はそうそうないかもしれないという事で鑑賞。2時間半越えの超大作だという事と、悪役があのヘンリー・フォンダだという事で気合を入れなおして映画館に向かったけど、古さを感じさせないのではなく、過去の時代の良さを体感できたような感覚だった。

 開拓時代後期の西部。鉄道の駅で3人のならず者が一人の男を待っていた。やがてハーモニカを片手にやってくる男。その時銃声が鳴り響き、3人のならず者は倒れた…。

 そして、南部から一人の女ジルが花嫁としてやってくる。しかし、彼女が家に着いたときに見たのは結婚相手マリガンとその家族が皆殺しにされた葬式だった。それでもジルは未亡人としてその家にとどまることを選ぶ。

 なぜ、マリガンが殺されたのか。その土地の持つ本当の価値が分かった時に欲望にかられた男たちが集まってくる。そしてハーモニカを吹きながら現れた男がジルと出会う時、戦いの火ぶたが切って落とされる。


続きを読む
0
タグ: 映画

2019/10/6

高畑勲展 日本のアニメーションに残したもの に行ってきました。  今日の展覧会

 ずっと行きたいと思っていた高畑勲展、今回はオフ会仲間と行って来ました。名前を意識したのはずっと後だけど、アルプスの少女ハイジとか赤毛のアンとかは小さいころに見ていたので、一番なじみのある映画監督かもしれないんだよね。母を訪ねて三千里は社会人になった時に、丁度朝出る時間にやっていたので見た記憶がある。今回は見るにあたって「太陽の王子ホルス」「かぐや姫の物語(3回目)」を見てから鑑賞。

 今回の展示を見て思ったのは、まず、アニメにおいて監督は何をするのかを自分がよくわかっていなかったことが改めて露呈したこと。そして、それを理解することが高畑勲の業績を理解する事なのだなという事。そして、高畑勲は鼻の形が渥美清そっくりというどうでもいい事である。


続きを読む
0
タグ: 美術



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ