2019/12/2

「テルアビブ・オン・ファイア」2018年ルクセンブルク他  今日の映画

 今年観た中東を舞台にした映画は、アフガニスタンの女兵士を描いた「バハールの涙」やシリア人の少年を描いた「存在のない子供たち」などシリアスな傑作を見た。そして、今回はイスラエルとパレスチナ自治区の境界で生きる人々をえがいた作品である。ただし、とにかく笑えるコメディ作品だが。

 エルサレムに住むパレスチナ青年サラームは何をやっても長続きせず、テレビディレクターのおじのつてでパレスチナの人気戦争ドラマ「テルアビブオンファイア」の制作現場でヘブライ語通訳兼雑用として働いていた。ある日、ちょっとした誤解でイスラエル軍の検問で司令官アッシに捕まってしまう。とっさに自分は脚本家だと嘘をつくとアッシはドラマのファンである妻を見返すために自分のアイデアを強引に売り込んでくる。だが、そのアイデアが元でサラームが脚本家に昇格すると、奇妙な共同製作が始まる事に。しかし、ドラマが終盤に向かうにつれて制作陣とアッシの間でサラームは板挟みになる…。


続きを読む
0
タグ: 映画



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ