2020/6/15

6月第2週の週報  今週の週報

1.体調崩す
 普段であれば季節の変わり目に体調を崩すのは毎度のことで、特にクーラーを必要とする時期になると体を冷やし過ぎて風邪をひく。
 今年も例年通りちょっと頭が痛い日があり、週末は雨という事もありほぼ寝ていた。ただ、やっぱり「本当に大丈夫か?何かの前触れか?」と不安になってしまう。結論としてはねたら治ったという小学生みたいな話なんだけど、精神的に参っている人も周りに出ていることもあり、やはり例年通りにはいかないみたい。


続きを読む
1

2020/6/15

「デッド ドント ダイ」2019米  今日の映画

 今回はジム・ジャームッシュ監督のゾンビ映画。自粛明けの映画の中ではこれと「若草物語」「ランボーラストブラッド」あたりが注目作なのかな。レイトショーもそろそろ始まるみたいだけどまだまだ本調子とはいかないらしく、立川の初日でもそれほどには入っていなかった。

 しかし、今の状況で見ると、考えさせられる映画だった。

 アメリカの片田舎センターヴィル。警察官が三人しかいない平和な街で、街唯一のダイナーの従業員が内臓を引きずり出された形で見つかる。おりしも日没の時間はズレはじめ、電子機器も壊れ始めた時の出来事だった。
 やがて、町中の死者が蘇り人々を襲い始める。警官たちをはじめ生きている人々はそれぞれに生き残るために活動するのだが…。


続きを読む
0
タグ: 映画

2020/6/8

6月第一週の週報  今週の週報

1.映画館、美術館再開

 ようやく映画館や美術館も再開という事で週報も書くことが増えるのかな。ただ、春に予定されていた美術展は中止だったり来年に延期という事が多いみたい。正直まだ予定を追い切れていない。浮世絵とかは再開しているので、外に出たくてうずうずしている母を連れて見に行きたい所。

 映画館も再開したけれど、座席は市松模様みたいに前後左右が開く形。そして、そこらじゅうでアルコール消毒が求められるので、クリーム塗ってないと手が荒れそう。そして、大作映画は軒並み秋冬になったので、今年の夏はミニシアター系がメインになるのかな。


続きを読む
0

2020/6/8

「サーホー」2019印  今日の映画

 いつも使っている立川のシネマシティもついに再開。まだレイトショーが無いために平日の夜に行けないんだけど、やっぱり映画館が開くと日常が戻ってきた感がある。
 今回のコロナ前に積み残していた映画は「ハリエット」「三島由紀夫」「ナイチンゲール」あたりだけど、なにしろ重い映画ばかり。リハビリ明けに見るにはちょっとなあ、ということであえて景気のいいこの映画を選びました。

 ただ、リハビリ明けにはちょっと胃にもたれる映画でもあった。

 インドの犯罪都市ワージー。首領の跡目争いから端を発したロイとデーブラージの争いはロイの暗殺という形で決着がついたと思われた。しかし、突如現れたロイの息子が後継者に名乗りを上げたことで抗争は深まってく。

 一方、街では謎の怪盗による芸術的な犯罪が横行していた。その捜査の為に、伝説の捜査官アショークが着任する。相棒のデヴィッドや女性捜査官とともに特命チームは捜査を開始するのだが…。


続きを読む
0
タグ: 映画



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ