2020/8/31

「海辺の映画館」2020邦  今日の映画

 今回は大林宣彦監督の遺作となった映画。大林作品は一通りしか見てなくて、「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の尾道三部作、「ふたり」とか「理由」なんかも見たなあ。近年のぶっ飛んでる映画はなぜか映画館で見ておらず、最後ぐらいは映画館で見たいという事で行ってきたのだ。

 あらすじは無し。あらすじが書ける映画じゃないし。


続きを読む
0
タグ: 映画

2020/8/17

「ブラックアンドブルー」2020米  今日の映画

 今回はナオミ・ハリス主演のサスペンス。新人警官が古参の警察の腐敗と戦うという話はもう定番というぐらい沢山あり、今年も「レ・ミゼラブル」という傑作があった。正直これらの名作群と比べるのは分が悪いものの、中々スリリングな佳作だった。

 退役軍人のアリシアは故郷のニューオリンズに警官として赴任する。あるパトロールの際、麻薬課の警官が売人を処刑しているのを目撃してしまう。アリシアの持っているボディカメラにはその映像が残されており、警官たちはアリシアからカメラを奪うべく追ってくる。アリシアは警察からも、警察を信頼しない地域の住民からも支援を受けられず、孤独な逃走を開始するが…。


続きを読む
0
タグ: 映画

2020/8/17

「グレースオブゴッド 告発の時」2019仏  今日の映画

 今回は現在もなお係争中である事件「ブレナ神父事件」を題材としたフィクション映画。「スポットライト 世紀のスクープ」でも取り上げられたカトリック神父による児童への性的暴行を告発した映画である。監督のグザヴィエ・ドランはドキュメントで考えていたらしいけれど、当事者である被害者たちは「実名によるフィクション映画」を望みこのような劇映画になったらしい。

 リヨンに家族と一緒に住むアレクサンドルは、自分が幼少期に性的虐待を受けたブレナ神父がいまだに子供向けの教室を持っていることを知る。敬虔な信者でもあるアレクサンドルは子供たちの為に教会の司祭に訴えかけるが、教会は問題をはぐらかして抜本的な対策を打たない。彼はブレナ神父と問題を放置した教会を告発するために過去の被害者を探す。そして、信仰を捨てて教会と戦おうとするフランソワ、今なお過去に苦しむエマニュエルなど多くの被害者が集まってくるが、それぞれに家族や周囲との軋轢を抱えており…。


続きを読む
1
タグ: 映画

2020/8/10

8月第1週の週報  今週の週報

 お盆休み突入だけど、当然ながら今年は特にどこにも行けず。資格の勉強を進めるのとちょっと模型を作ろうかな。後はお墓参りぐらいか。

 1.コバエとの戦い
 この時期に発声しがちなコバエ。ゴミ箱を密閉式にしてからあまり見なかったんだけど、今年は大量発生させてしまった。ゴミ箱の外側と内側の間で発生していたみたい。
 とりあえず分解清掃の上ベランダへ。しばらくは外に置いておくしかないか。後はそこら中にトラップを仕掛けて駆除している。なんかいい殺虫剤はないもんかね。意外とハエ用の殺虫剤は即効性がないんだよね。


続きを読む
1

2020/8/10

長谷川町子美術館に行ってきました。  今日の展覧会

1.長谷川町子美術館に行ってきました。

 サザエさんでおなじみの長谷川町子。今回は桜新町の長谷川町子美術館に資料館が併設されたという事で行ってきました。これもいつものようにラジオ案件なんだけど。

 サザエさん達がお出迎え。
クリックすると元のサイズで表示します
続きを読む
0
タグ: 美術



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ