2020/8/3

「ドロステの果てで僕ら」2020邦  今日の映画

 舞台原作の映画は結構あるけれど、実はあまり上手く行ってないんじゃないかという作品も多い。なかなか両方を見比べる機会は少ないけれど、やはり舞台作品は舞台でという結論になってしまう事が多い気がする。しかし、今映画館ではこの作品と「アルプススタンドのはじのほう」という話題の舞台原作映画がかかっており、それぞれに「今年ベスト」みたいなテンションのファンがついている。尺がタイトという事もあり、見てきました。

 ある日のカフェ。オーナーはバイトの子に店を任せビルの上の自宅に戻った。すると、テレビの中から自分が語り掛ける。「俺は2分後のおまえ。このテレビとカフェのテレビは2分の時間を挟んで繋がっている」。友人たちも集まるが分かる未来が2分先では特に何の役にも立ちそうにない。しかし、その中の一人オザワがこの二つのテレビを合わせ鏡にすることでさらに先を見ることができることを発見する。テレビの画面にさらに先の時間のテレビが映るドロステ構造。しかし、それは彼らを思わぬトラブルに巻き込んで…。
続きを読む
1
タグ: 映画



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ