2020/9/25

「ドラえもん のび太の新恐竜」2020年邦  作ったもの

 私も参加している映画駄話会。そのメンバーであるスケルティアさんが毎回ドラえもん映画を抑えていて、この話がめっぽう面白い。ドラえもんが抱える藤子F不二雄と大山のぶ代の呪縛や、映画の時間配分が正確に30分 70分 10分の3幕だとか。
 今回は私がドラえもん話をリクエストしたので、予習が必須。ということで、1980年ののび太の恐竜、2006年の新恐竜をamazonで見たうえで映画館に行ったのだった。ドラえもんを映画館で見たのは1981年の宇宙開拓史が最後だから、40年弱ぶりだよ。あの時は姉といったのかしら。
 周りはさすがに子供連ればかり。でも、みんな真剣に見てたなあ。

 のび太はひょんなことからジャイアンやスネ夫たちに「生きている恐竜を捕まえる」と宣言する。そして、化石発掘コーナーから見つけた卵型の石をタイム風呂敷で包むと、なんと恐竜の卵が。やがてうまれた双子の恐竜は羽根を持つ恐竜だった。のび太は親として二匹を育てるが、大きく育った恐竜と現代で暮らすことはできない。ドラえもんと仲間たちはタイムマシンで白亜紀に向かい、二匹の恐竜の仲間を探すのだが…。


続きを読む
1

2020/9/21

「ブルータル・ジャスティス」2019米  今日の映画

 今回は単館上映のクライムサスペンス。さすがに一館しかやっていないと客は満員。そういえば、長い、グロい、メル・ギブソン主演と三重苦なのにもかかわらずデートっぽい客も数名いて、一体どうやって女性を誘ったのかと不思議に思ったり。

 ブレッドとトニーは腕利きだが、捜査の荒っぽさによりヒラの刑事に甘んじていた。麻薬の売人逮捕に置いて暴力行為を見とがめられた二人は6週間の停職を受けてしまう。病気の妻と娘を抱えるブレッドと、恋人との結婚を考えているトニーは金を稼ぐために犯罪組織を襲撃し金を強奪することを計画する。そして、犯罪組織による銀行強盗の情報を得た二人はこの組織に張り付いていくのだが…。


続きを読む
0
タグ: 映画

2020/9/13

9月第2週の週報  今週の週報

1.ボローニャ国際絵本展に行ってきました。
 
 クリックすると元のサイズで表示します

 何年振りかしら。今回は外出したがりの母親のガス抜きを兼ねて板橋区立美術館の絵本展にってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

 マスクがお出迎え、楽しい。

 前来たときは刀根里衣さんの絵本を買いまくってしまったけど、今回は買おうと思った作品はなかったなあ。デジタル制作が増えたことで特に韓国作品を中心に細かく書き込んだものが多かったんだけど、イマイチその流れにハマらなかった。これはちょっと残念。

 むしろ視覚障碍者に向けた絵本に面白いものがあった。カバンの中の物を手探りで知る「手で見る絵本」や、レーザ切削機を使った「絵本の立体翻訳」など興味をそそるものが多かった。コロナの影響で触れることができなかったのが残念。


続きを読む
1

2020/9/13

「ようこそ映画音響の世界へ」2020米  今日の映画

 私が一番見に行く映画館の立川シネマシティは「極音」をかかげて音響に最大限の力を入れた映画館である。その為ミュージカル映画や音楽映画では遠征組も来るぐらい。「マッドマックスヒューリーロード」とかは何か月やったんだろ。
 ということで、今回のドキュメンタリー「ようこそ映画音響の世界へ」をかけるのはある意味義務だったろう。しかし、そこまで客が入らないだろうこの映画に一番大きな、そして一番音響が良いスクリーンを用意したのはシネマシティの矜持か。


続きを読む
1
タグ: 映画

2020/9/13

「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」2019米  今日の映画

 最近はまた資格の勉強で忙しかったので久々の更新。映画は観れるんだけど感想がたまりがちなんだよなあ。今回の映画は2週間前ぐらいに見たんだっけな。

 生徒会長モーリーとその親友エイミーは、将来の勝ち組になるために高校時代わき目も降らず勉強に励む。しかし卒業式の前夜、自分たちが見下していたパリピのクラスメートたちもまた同じようなレベルの学校に進学することを知る。自分たちの努力は何だったのか?二人は高校生活最後の夜で最高の思い出を作ろうと奔走するのだが…。


続きを読む
0
タグ: 映画



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ