2020/9/25

「ドラえもん のび太の新恐竜」2020年邦  作ったもの

 私も参加している映画駄話会。そのメンバーであるスケルティアさんが毎回ドラえもん映画を抑えていて、この話がめっぽう面白い。ドラえもんが抱える藤子F不二雄と大山のぶ代の呪縛や、映画の時間配分が正確に30分 70分 10分の3幕だとか。
 今回は私がドラえもん話をリクエストしたので、予習が必須。ということで、1980年ののび太の恐竜、2006年の新恐竜をamazonで見たうえで映画館に行ったのだった。ドラえもんを映画館で見たのは1981年の宇宙開拓史が最後だから、40年弱ぶりだよ。あの時は姉といったのかしら。
 周りはさすがに子供連ればかり。でも、みんな真剣に見てたなあ。

 のび太はひょんなことからジャイアンやスネ夫たちに「生きている恐竜を捕まえる」と宣言する。そして、化石発掘コーナーから見つけた卵型の石をタイム風呂敷で包むと、なんと恐竜の卵が。やがてうまれた双子の恐竜は羽根を持つ恐竜だった。のび太は親として二匹を育てるが、大きく育った恐竜と現代で暮らすことはできない。ドラえもんと仲間たちはタイムマシンで白亜紀に向かい、二匹の恐竜の仲間を探すのだが…。


続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ