2020/10/7

「TENET」2020米  今日の映画

 映画館が再開して久しいけど、アメリカの状況が良くない事から大作映画は次々先送りされている。今の制作費ではアメリカ抜きで興行すれば惨敗は免れず、ムーランやグレイハウンドの様に配信に行くものも出てきた。とくにグレイハウンドは中学生の時に夢中で読んだC・S・フォレスター原作で楽しみにしていたので、すごく悲しい。

 そんな中、相当な製作費をかけた大作TENETは公開を強行。苦境に立つ映画館を救済しようという意図もあるそうで、それだけでノーランは尊敬できる。

 ただ、今回の映画は素晴らしくカッコよく、しかし変な映画だった。

 ウクライナのオペラハウス。満員の舞台でテロが発生。大量虐殺を防ぐべく突入する特殊部隊の中に紛れ込み、名もなき男は外交官にコンタクトを試みる。核物質の取引。しかし、彼は仲間の身代わりでとらえられ、自ら毒物をあおる。
 しかし、これらはすべてテストだった。男はフェイと名乗る人物から一つのミッションを与えられる。来るべき第三次世界大戦。しかしそれは兵器や核ではなく逆行する時間に乗った未来との戦いだった。ミッションのキーワードはTENET…。


続きを読む
0

2020/10/7

「インターステラー」2014米  今日の映画

 立川に3軒目の映画館である立川立飛が完成。かかる映画はシネマシティとかぶりそうだけど、ここにはIMAXがある。ということで今まで見逃していたインターステラーを見てきました。配信で普通に見れるんだけど「やっぱりノーランはIMAXじゃないと」という事もあり今まで見逃していたのだ。

 近い未来。人類は原因不明の異常気象により危機に瀕していた。元宇宙飛行士のクーパーは娘のマーフら家族と暮らしていた。ある日、マーフの部屋の本棚の本が「幽霊」により落とされる。クーパーはそれが二進法によるメッセージだと気づきそれが指し示す場所へ向かう。
 そこには解体されたはずのNASAが活動しており、人類救済のための最後のミッションを用意していた。参加を求められるクーパー。しかしそれは最愛の家族との別れを意味していた…。


続きを読む
0
タグ: 映画



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ