2020/10/14

「ある画家の数奇な運命」2018独  今日の映画

 今回の映画はドイツの画家ゲルハルト・リヒターをモデルとした映画。リヒターと言えばロサンゼルスのLACMAでいわゆるフォト・ペインティングとアブストラクトをみてびっくりしたのを覚えている。去年には国立近代美術館の「窓展」で8枚のガラスが来たのかな。
 ただ、今回の映画においてリヒターの許可の条件として「何が事実で何がフィクションかは明らかにしない」という物があったそうだ。その為に虚実入り混じる話になるわけだけど、ちょっと考えられないような飛躍もあったりする。

 第二次世界大戦前夜のドイツ。ドレスデン郊外に住むリヒターは美しい叔母エリザベスの影響で絵を描くことが大好きな少年だった。しかしその叔母は精神のバランスを崩し強制的に入院。その後障害者安楽死政策により殺されてしまう。
 戦後、美術学校に進んだクルトは服飾科の生徒エリーと恋に落ちる。しかし、彼女の父親こそが叔母エリザベスの死を宣告した医師ゼーバント教授だった…。


続きを読む
0
タグ: 映画



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ