2019/4/14

「SUZUMENOMIYA 夜祭」に行ってきました。  今日の音楽

 雀宮は宇都宮の一つ手前の駅で、自宅からは3時間かかる。いくら知り合いが運営に参加しているからといって、それほど遠い場所で行われる地域住民の祭りに行く価値があるのか?

 じつはあります。ものすごくあります。

クリックすると元のサイズで表示します



 3時間かけてでも雀宮夜祭に行く理由

@屋台が美味しい
 お祭りの出店というとテキ屋のイメージだけど、ここの出店はレストランなどから来ており、しかも店舗のPRと新メニューの実験も兼ねており、かなりハイレベルのものが食べられる。
 ちなみに私が食べたのは

クリックすると元のサイズで表示します

 写真が悪いな…。やきにく屋穏和さんのカレー。味としては、あなたが今まで食べた一番おいしいビーフストロガノフを想像し、それにカレー粉を入れてご飯に添えたものを想像していただければ。
 あとは、手打ちうどんそば讃岐のちくわ天。あなたはちくわ天を食べて感動したことがあるだろうか。わたしもここで食べるまではありませんでしたよ。

Aアーティストがすごい
 地元のお祭りだと、偉い爺さんがカラオケみたいなイメージがあるけど、ここはそのレベルをはるかに超える。何せ去年の秋まつりではHUSKING BEEとかビークルの日高さんとかを引っ張ってきているのである。さすがに今回はそこまでビッグネームはいないが、双子HIPHOPユニットのP・O・Pを筆頭に腕利きのアーティストが出てくる。しかも、近所の美容室の店員がヘアスタイリングとライブペインティングのインスタレーション作品を作ったり、地元のお坊さんがドラムをたたいてロックしたりと、なぜ近所にそんな人材がいるんだ?という謎感も醸し出しているのである。

 そして、P.O.P.は最高。ステージから配られるビールを取って、最前列で踊りながら飲む。

 結局これは、最高に飯が上手いフェスなのである。電車代がチケット代と考えれば、全然元が取れるイベントなのである。秋も行こっと。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ