2019/7/8

メスキータ展に行ってきました  今日の展覧会

 クリックすると元のサイズで表示します

 東京ステーションギャラリーにて、メスキータ展に行ってきました。「エッシャーが命がけで守った画家」のコピーの通り、エッシャーの先生に当たる画家である。エッシャー展の関連作品として何作か展示されているのは見たことがあったので、気にはなっていたのである。

 あと、最近ティモシー・スナイダーのホロコーストについての本を読んで色々考えることもあり、アウシュヴィッツで命を落としたメスキータの絵を見るべきタイミングだったのだと思う。



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 何と言ってもまずデザインがかっこいい。木版がメインなんだけど、線の省略と整理によりまるでマークの様なシンプルな形となっている。商業デザインもやっていたらしいけど、今生きていたらアップルとかに雇われていたんだろうなあ。

クリックすると元のサイズで表示します

 個人的には、植物や動物、とくに鳥の版画が気に入った。ちょっと浮世絵に近いと思ったけど、木版という技法を取ると、おのずと線は似てくるのかもしれないな。

メスキータ展HP

 ステーションギャラリー、年パス4千円なんだよなあ。金曜日なら会社帰りに寄れるし、買っちゃおうかしら。
0
タグ: 美術



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ