2020/2/2

「ジョジョラビット」2019米  今日の映画

 なんか毎年一本はナチス物を見ているような気がするが、今回はユダヤ系ポリネシアンであるタイカ・ワイディティ監督の作品。ユダヤ系監督がヒトラーをこき下ろす映画と言えば「プロデューサーズ」が有名で、悪意たっぷりにヒトラーが描かれていた。しかし、今回のヒトラーの描き方はまたちょっと違う、不思議な映画でもあった。星の数ほどあるこのジャンルの映画にもこんな描き方があるのか。

 出征中の父と活発な母を持つ10歳の少年ジョジョは、晴れてナチスの少年団に入団することになった。しかし、訓練中にどうしてもうさぎを殺すことができずに臆病者のレッテル「ジョジョ・ラビット」と呼ばれてしまう。しかし、彼の空想上の友達、ヒトラーの励ましで手りゅう弾訓練で勇気を見せようとするが事故で傷を負ってしまう。
 傷心の彼はある日、自宅で一人の少女に出会う。姉の面影を残す少女は、彼が忌み嫌うユダヤ人だった…。



 この物語、まずなにより面白い。第二次世界大戦末期のドイツの残酷さやある種捨て鉢な空気、そして少年や年寄りたちをも巻き込む戦闘についても余すことなく描きながら、ある種の軽さを維持している。このバランスは「この世界の片隅に」に近いかもしれない。そう考えると、戦争においても普通の生活はあるし楽しいこともあるというごく当たり前のことを再確認させてくれる映画である。そして、無意識の加害性についても。

 この軽やかさはなんといってもスカーレット・ヨハンソンとサム・ロックウェルによる物だろう。この2人のカッコよさ、楽しさは本当にほれぼれしてしまう。よく考えると、この2人はそれぞれに自分の戦いを戦っているけれど、ジョジョに対してはそれを見せずいつもやさしい。そして、それはジョジョの優しさにもつながっているんだよね。
 ちなみに、キャプテンKはよく見ると騎士十字章、戦車撃破章を受章している。これは彼が極めて優秀な兵士であり、死地を潜り抜けてきたという証なんだよね。そうしてみると、彼が理想とする武器、そして最後の戦いでの姿は泣けてきてしまう。

 そう、この物語は10歳の愛された少年の目を通しての戦争であるがゆえに、大人はその優しさに隠されたものを見抜く必要があると思う。そうでなければ10歳の少年にもいやおうなしに降りかかる戦争の現実を受け止めきれないだろう。ちなみに、隣で見ていた女性客が「無理、とめて」とつぶやいていたが、全くその反応は正しい。

 タイカ・ワイティティ自身が演じたヒトラーは多くのイマジナリーフレンドと同じくジョジョを励ます存在であり、この友人との決別が大人への一歩となるという所も含めまっとうなイマジナリーフレンドだった。もっとも、これほど強烈な別れ方をする上にせいせいするというのはあまり見ないタイプの友人だが、ずいぶんチャーミングな感じでもあった。ただしヒトラーのマネというよりはヒトラーのマネをするジョン・クリーズのマネをするタイカという感じのバランスだけれど。

 バランスと言えばこの映画、ラストも含めてものすごい微妙なバランスの上に成り立っている映画なんだよね。あの二人がどうなっていくのかはわからないけれど、今はめでたしめでたしで終わらせておきたい物語でもあった。
0
タグ: 映画



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ